建設業の業務効率化が必要な理由や活用できるツール4選などを解説

建設業 業務効率化

「建設業の業務効率化が求められる理由ってなに?」
「建設業の業務が非効率な理由を教えて欲しい」

このような方に向けて、今回の記事では建設業の業務効率化が必要な理由・建設業の業務が非効率な理由・業務効率化する方法・業務効率化することで生じる5つのメリットなどについて紹介します。建設業で作業効率化のツールを探している方は、この記事を読むことで業務効率化についての理解が深まります。ぜひ、参考にしてみてください。

建設業の業務効率化が必要な理由

まず初めに、建設業の業務効率化が必要な理由を3つ紹介します。具体的には、下記の通りです。

  • 慢性的な人手不足
  • 働き方改革の推進
  • オンラインコミュニケーションの増加

それぞれ詳しく紹介します。

慢性的な人手不足

建設現場の業務改善が必要な理由の一つとして、慢性的な人手不足が挙げられます。労働量に対して人手が不足していると、一人あたりの労働時間が長くなります。人手不足によって長時間労働になり、その現場に人が集中しないといった悪循環を生んでしまうのです。

国土交通省がまとめている報告書によると、2021年の建設業就業者数は485万人となっています。ピーク時であった1997年の685万人と比べると約30%ほど減少傾向にあるのが分かります。

建設業に入職者を増加させるためには、まずは施工管理業務の効率化を行って、働きやすい現場作りにしていく必要があるでしょう。

働き方改革の推進

建設業界では2024年から「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が順次施行されます。具体的には、時間外に労働を上限規制したり、雇用形態に関わらず待遇が平等になるように定められる法律です。

時間外労働の場合、休日出勤を含む労働を年間で720時間(月平均360時間)に抑える必要があります。施工管理の人手不足や労働作業の多さなどから、残業時間が増えやすいため、建設業界全体で業務効率化が求められています。

オンラインコミュニケーションの増加

新型コロナの影響もあり、オンラインでの会議やチャットでのやり取りが増えている企業が多いです。これまで口頭での説明や紙での資料で済んでいたことが、データでのやり取りになり、直接顔を合わせず仕事をする場面が増えました。

建設業界でもオンラインコミュニケーションの増加により、情報を統一する手段として、DX化やペーパーレス化などの業務効率化が求められています。

建設業の業務が非効率な理由

建設業の業務が非効率になりやすい理由としては、下記のことが挙げられます。

  • 事務作業の多さ
  • 下請け構造によるコミュニケーションのとりづらさ
  • 進捗状況をリアルタイム共有できない体制
  • 属人化しやすい

下記で詳しく解説します。

事務作業の多さ

建設業の業務が非効率になりやすい理由の1つとして、事務作業の多さが挙げられます。受注・施工・竣工などさまざまな書類を取り扱っているため、手間と工数がかかってきます。

そういった事務作業の多さが生産性を低下させていると考えられるでしょう。建築業の事務作業は個人のスキルを改善するだけでは、解決できない場合が多いです。全体的な業務フローの見直しが必要でしょう。

下請け構造によるコミュニケーションのとりづらさ

2つ目として、下請け構造によるコミュニケーションのとりづらさが挙げられます。建設現場では1つの工事に複数の業者が関わっていることが多いのが特徴です。そのため、元請け・一次下請け・二次下請け以外に、一人親方などさまざまな業者や個人に対して情報を伝達するのが難しくなります。

正確な情報を共有しづらいため、現場での作業が計画の通りに進まないこともあります。

進捗状況をリアルタイム共有できない体制

建設現場では、工事の進捗であったり、予算の消化状況など工事をしている最中に共有しなければいけないことが沢山あります。ですが今の建設業の会社は、現場の進捗状況をリアルタイムで共有しにくい体制になっています。

理由として、多くの企業でエクセルや紙での数日〜数週間遅れの報告書が提出されているケースが見られるからです。リアルタイムで状況を把握できず、結果として作業のやり直しなど無駄な業務が発生することもあります。

属人化しやすい

建設業の現場では、専門のスキルや業務に関する知識が必要な場合が多いです。それが原因となり属人化しやすいと言えるでしょう。

属人化が進んでしまうと、経験や知識が個人に頼りがちになり、組織全体の知識蓄積や共有がおろそかになってしまいます。また、本人が休むと作業が進まないということもありえます。
そういった属人化を防ぐためにも、知識の共有や継承が必要でしょう。

建設業で業務効率化する5つのメリット

建設業で業務効率化をするメリットは、下記の5つが挙げられます。

  • 生産性の向上
  • 情報共有がしやすい
  • 資料管理がしやすい
  • コストの削減
  • 危険の減少

1つずつ下記で詳しく紹介します。

生産性の向上

建設業の業務効率化をするメリットの1つ目として、生産性の向上が挙げられます。事務作業など、あらゆる部分をデジタル化することによって、時間に余裕が生まれるでしょう。またデジタル化をすることで、残業時間を減らせます。そうすると、従業員の心にも余裕が生まれリフレッシュできます。また、ワークライフバランスが実現しやすいでしょう。

情報共有がしやすい

建設業の業務効率化をするメリットの2つ目は、施工管理などにアプリを導入することで、リアルタイムに情報共有することが実現できることです。リアルタイムで共有できるため、トラブルが起きても迅速に対応できるでしょう。電話や紙で伝えるよりも抜けがなく、素早い対応が可能です。また、各業務の担当者も連携がスムーズにいくでしょう。

資料管理がしやすい

建設業の業務効率化をするメリットの3つ目は、資料管理がしやすくなることが挙げられます。紙で管理している媒体をデータ化することにより、業務効率化が期待できるでしょう。

紙の管理がなくなると、保管場所に困らなくなったり、施工管理者の書き方を統一できたりします。また、資料の持ち運びもしやすくなるでしょう。またデータで管理することにより人件費を削減でき、その分を福利厚生に回せます。

コストの削減

建設業の業務効率化をするメリットの4つ目は、コストの削減が挙げられます。
建設業界では、管理工程表や建築現場の写真、図面などを紙で管理しているところが多いです。紙で管理すれば、印刷費や紙代のコストがかかってきます。データ管理することで、こういったコストが必要なくなるでしょう。

危険の減少

建設業界の業務効率化をするメリットの5つ目は、ヒヤリハットなどの危険の減少が挙げられます。例えば映像の中で、侵入禁止区域に入ってきた人がいれば音がなるようにすることで、現場作業時のヒヤリハットを減らせるでしょう。またモバイルアプリなどで情報を管理すると、紙や口頭で共有していた時よりも危険を減らせます。ICTをうまく活用することでより安全な施工が実現できるようになります。

建設業で業務効率化する方法

建設業で業務効率化をする方法は、主に下記の3種類が挙げられます。

  • 根本的な原因を可視化する
  • スキルの平準や底上げ
  • ITツールの導入

下記で1つずつ解説します。

根本的な原因を可視化する

例えば、建設業の残業を減らすためには、根本的な原因を可視化する必要があります。具体的には、従業員がどの業務に時間を多く使っているのかをしっかりと確認していく必要があるでしょう。業務に多くの時間をかけてしまっている理由として、知識不足や技術不足が挙げられます。

そのほかにも、進捗状況の管理が行われていないケースも見られます。根本的な原因を調べることにより、具体的な対策を立てられるのです。

スキルの平準や底上げ

従業員のスキルを底上げすることにより、今よりも高い水準で平準化することで生産性がアップします。スキルの底上げをするには、日頃から従業員が平等に技術のスキルを上げていく必要があります。

平準化の基準としては、「誰かが居なくても代わりに対応できる人がいる」ことです。ある一定の人しかできない作業を減らすことで、会社全体のスキルアップに繋がっていくでしょう。

ITツールの導入

ITツールの導入によって、生産性を向上させることも可能です。ITツールを用いることで、情報共有がスムーズになり業務の効率を大幅にアップさせられるでしょう。ほかにも、情報が一括管理されるので必要な情報データにいつでもどこでもアクセスできます。

注意点として、企業が使いこなせないほどの難しいツールを導入してしまうと、従業員の教育コストがかかってきます。会社全体で使いやすいツールを選ぶようにしましょう。

建設業の業務効率化に活用できるツール4選

建築業の業務効率化に活用できるツールとして、下記の4つがおすすめです。

  • ビジネスチャットツール
  • ウェアラブルカメラ
  • タブレット
  • ドローン

それぞれの特徴を下記で詳しく紹介します。

ビジネスチャットツール

ビジネスチャットツールとは、ビジネス版のLINEのようなツールです。建設業では、工事管理・設計・建材の調達など業務が幅広くあります。各担当者が連携して業務を遂行する必要があるでしょう。

情報共有を適切に進めることで、業務効率化に繋がります。ビジネスチャットツールを使用すると、リアルタイムで複数の人と同時にコミュニケーションが取れるので、聞き間違いや伝達ミスが防げます。建設業界でおすすめのビジネスチャットツールはこちらも参考にしてください。

ビジネスチャット建設業のビジネスチャットおすすめ12選!無料アプリや口コミも紹介!

ウェアラブルカメラ

ウェアラブルカメラとは、作業服やヘルメットに付けて作業を撮影できるカメラです。リアルタイムな映像を撮影できるため、別の現場にいる作業員とも情報を共有できます。

また現状確認のために現場に行かなくてもすむので、人手不足の解消や時間短縮にも効果的です。商品によっては、マイクが搭載されているカメラもあるので、音声の共有もできます。

タブレット

タブレットを使用し、図面や工程表などをデータ化することにより、分厚い資料の持ち運びが不要になります。またタッチペンを使用して操作できるのもうれしいポイントです。

タブレットで現場管理のアプリを使用することで、情報共有のほかにもスケジュール管理も行えます。細々した資料の持ち運びがなくなるので、業務効率化が期待できるでしょう。

ドローン

ドローンとは、別名「無人飛行機」と言われており、遠隔操作や自動操作によって飛行できるものです。最近では、さまざまな分野でドローンが使用されています。

建設業でドローンを使用する例として、工事の進捗状況の確認や撮影作業、高所点検などが挙げられるでしょう。ドローンを使用することにより、作業員を危険から守り怪我のリスクを下げられます。
おすすめのドローン測量ソフトはこちらの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ドローン 測量 ソフト建設業で使えるドローン測量ソフトおすすめ4選!機能やメリットも紹介!

建設業で業務効率化を進めるときの注意点

建築業で業務効率化を進めるときの注意点としては、下記の2点が挙げられます。

  • 現場に合うツールを導入する
  • ツールの利用ルールを平準化する

それぞれの詳細を下記で説明します。

現場に合うツールを導入する

建設業で業務効率化を進めていくには、現場に合うツールを導入していくことが大切です。建設現場では、年代問わずさまざまな人々が働いています。年配の作業員だと「操作が難しい」「ツールを覚えるのに時間がかかる」といった声もあるでしょう。
システムを導入する際は、そういった人々の声にも耳を傾けながら、社内の人が使いやすいツールを選ぶことが重要です。

ツールの利用ルールを平準化する

システムを導入する際は、ツールの利用ルールを平準化することが大切です。現場ごとに違った方法でツールを使用していては作業効率が下がってしまいます。体制や仕組み作りをしっかりしておくことで、どんな立場の人でも同じレベルでシステムが使用できるでしょう。

現場は常に忙しい状況なので、操作説明の時間を短縮するためにも、ツールの利用ルールの平準化は必須です。

建築業界のICT化とは?ICT施工の問題点や導入事例を紹介

建設業のDX化とは?導入された背景や技術について解説!

【まとめ】現場に合うITツールを活用して建設業の業務効率化を進めよう!

いかがでしたか?建設業の業務効率化を図るためには、根本的な原因を可視化したり、ITツールの導入を検討する必要があります。

建設業の業務効率化を図ることで生産性が向上したり、情報共有がしやすくなります。「ITツールの導入を考えている」という方は、ぜひ上記で紹介したおすすめツール4選を参考にしてみてください。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!