建設業のビジネスチャットおすすめ12選!無料アプリや口コミも紹介!

ビジネスチャット

ビジネスチャットはネットワーク上でリアルタイムにコミュニケーションを取れるビジネスツールです。離れていてもコミュニケーションを取れる他、ビジネスに特化した機能も様々にあり、近年では社内のコミュニケーションツールとして導入する企業も増えています。そこで今回は、建設業の事業者の方でビジネスチャットの導入を検討されている方に向けておすすめのビジネスチャットをご紹介します。

ビジネスチャットとは

まずはビジネスチャットの概要からご紹介します。ビジネスチャットとは文字通り、ビジネス用途に適したwebチャットツールです。近年ではコロナ禍や働き方改革によってリモートワークをはじめとした様々な働き方に注目が集まっています。そのため時間や場所を選ばずにやり取りが可能なビジネスチャットの導入事例が増えているのです。web上でテキストをやり取りできる点は他のSNSと同じですが、ファイルの共有やタスク管理といったビジネス用ならではの機能を備えたものがビジネスチャットです。

ビジネスチャットの主な機能/どんなことができる?

続いてビジネスチャットに備わっている主な機能について幾つかご紹介します。

  • グループチャット
    グループチャットは社内の部署やプロジェクトごとにグループを作成できる機能です。社内全体に対してではなく、情報を共有すべきメンバーとチャットができるため無駄のないコミュニケーションを行うことができます。
  • ビデオ通話
    ビジネスチャットにはビデオ通話や音声通話機能を備えたものがあります。ビデオ通話はパソコンだけではなくスマートフォンなどでもできるため、時間や場所を選ばずに会議やミーティングに参加できます。またビデオ通話を行うだけではなく資料やファイルをスクリーン上に表示しながら通話を行うこともできるため、会議やプレゼンをより円滑に進めることができます。
  • ファイル共有
    ビジネスチャットではファイルや資料を相手と共有することができます。ファイル共有には複雑な操作は必要なく、メールにファイルを添付するのと同じ要領で行えます。
  • タスク管理
    ビジネスチャットにはタスク管理機能を備えたものがあります。タスク機能とはビジネスチャットのグループ内でタスクの担当者や内容、期日を可視化して共有できる機能です。いつまでに何をすべきかが明確になるためスムーズなプロジェクト進行が見込めます。

ビジネスチャットおすすめ13選

続いて建設業におすすめのビジネスチャットを具体的にご紹介します。多彩な機能を備えたビジネスチャットや無料で利用できるコースのあるビジネスチャットなど様々なビジネスチャットをご紹介します。

1.Slack

Slack

引用元:https://slack.com/intl/ja-jp/

特徴と機能 Slackは世界中で人気のビジネスチャットツールです。チャンネルを作成してプロジェクトやチームごとにチャットができるだけではなく、ㇵドルミーティング機能も備えリアルタイムコミュニケーションを取ることもできます。
価格
  • フリー: 0円/月
  • プロ: 925円/月
  • ビジネスプラス: 1,600円/月

2.Google Chat

Google Chat

引用元:https://workspace.google.com/intl/ja/products/chat/

特徴と機能 Google ChatはおなじみのGoogle社が提供するビジネスチャットです。グループチャットやダイレクトメッセージ(DM)といった基本的な機能に加えて、ビデオ通話も可能です。またGoogleアカウントと連携することでGoogleが提供するgoogleドライブ等の他のサービスと連動させることも可能です。
価格
  • フリープラン: 0円/月
  • Business Starter: 680円/月

(Google Chatの有料版はGoogle Workspaceの有料プランに加入することで使用できます)

3.Chatwork

Chatwork

引用元:https://go.chatwork.com/ja/

特徴と機能 Chatworkは国内の様々な業界で利用されているビジネスチャットです。Chatworkの特徴はChatworkを利用しているユーザーと社内外を問わず繋がることができる点です。
価格
  • フリープラン: 0円/月
  • ビジネス: 700円/月
  • エンタープライズ: 1,200円/月

4.Buddycom

uddycom

引用元:https://www.buddycom.net/ja/index.html

特徴と機能 Buddycomは1グループ最大2000人の同時発信が可能なチームコミュニケーションアプリです。会話をテキスト化して保存する機能や会話翻訳機能など、現場における会話の翻訳機能を備えています。
価格
  • Talk Lite: 1,100円/月
  • Talk Enterprise: 1,650円/月
  • Livecast Lite: 2,750円/月
  • Livecast Enterprise: 3,300円/月

(各プランは月々払いと年一括契約があります。詳細は公式サイトをご確認ください)

5.LINE WORKS

LINE WORKS

引用元: https://line.worksmobile.com/jp

特徴と機能 LINE WORKSはおなじみのSNSであるLINEのビジネスチャットです。LINE WORKSは使いやすいLINEのチャット機能はそのままに、グループチャット機能やビデオ通話、音声通話機能を備え、ビジネスシーンでも使いやすくなっています。
価格
  • FREE: 0円/月
  • STANDARD: 450円/月
  • ADVANCED: 800円/月

6.Microsoft Teams

Microsoft Teams

引用元:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

特徴と機能 Microsoft TeamsはMicrosoft Office365のライセンスに含まれるビジネスチャットです。Office365のライセンスをお持ちの方であれば誰でも利用可能です。ビジネスチャットとしての基本機能はもちろんのこと他のOffice365との連携機能も備えています。
価格
  • Microsoft Teams Essentials: 500円/月
  • Microsoft 365 Business Basic: 750円/月
  • Microsoft 365 Business Standard: 1560円/月

7.現場Plus

現場Plus

引用元:https://www.kensetsu-cloud.jp/genbaplus/

特徴と機能 現場Plusは住宅会社や工務店向けの施工管理ツールです。FAXや書類といったアナログでの情報伝達をクラウド上で行うことで建設業者の業務伝達を大幅に効率化可能です。工程チェックや工事完了報告も現場Plus上で可能なため、施工に必要な連絡を現場Plusに一元化することができます。
価格
  • 60ID: 10,000円/月(ID追加: 30IDごとに5,000円、初期費用: 月額料金の1ヶ月分)

8.WowTalk

WowTalk

引用元:https://www.wowtalk.jp/download.html?doing_wp_cron=1703510441.3968629837036132812500

特徴と機能 WowTalkは様々な機能を備えた法人向けのビジネスチャットです。グループチャットやビデオ通話などの基本的な機能の他に日報やタスク管理機能など、ビジネスチャットにあるとありがたい様々な機能を備えています。
価格
  • 無料トライアル: 0円/月
  • シンプル: 300円/月
  • スタンダード: 500円/月
  • プロフェッショナル: 800円/月

9.ChatLuck

ChatLuck

引用元:https://www.chatluck.com/

特徴と機能 ChatLuckはPCとスマートフォンの両方で利用可能なビジネスチャットです。クラウド版とパッケージ版の両方があるため、会社の通信環境に合わせた最適なコミュニケーションの基盤を構築できます。ビジネスチャットの通常機能に加えてタスク処理を自動化するボットユーザー機能も備えています。
価格
  • クラウド版: 300円/月(1ユーザーあたり)
  • パッケージ版ユーザーライセンス: 360,000円/100ユーザールームライセンス
  • パッケージ版ユーザーライセンス: 150,000円/10ルーム

10.InCircle

InCircle

引用元:https://www.bluetec.co.jp/incircle/

特徴と機能 InCircleは利用者の年齢を問わず誰でも利用可能なシンプルさを追及したビジネスチャットです。トークルームや画像やファイルの添付といったビジネスチャットに必要な機能を備え、最大で10000ユーザーに一斉にチャットを送信できます。
価格
  • ベーシック: 180円/月
  • オンプレミス: お問い合わせ

11.OfficeMessenger

OfficeMessenger

引用元:https://officemessenger.jp/

特徴と機能 OfficeMessengerはしっかりとしたセキュリティ機能を備えたビジネスチャットです。手軽に連絡したい時にはチャットを、丁寧にメッセージを送りたい時にはエディタ機能や添付機能を備えたメッセージを使いわけることができます。
価格
  • 5,000円円/月(50ユーザーまで、ユーザー追加は一人あたり200円、ビデオ会議機能の追加: 5000円)

12.direct

direct

引用元:https://direct4b.com/ja/

特徴と機能 directは様々な外部機能と連携可能なビジネスチャットです。トーク機能やビデオ通話機能、画像や動画ファイルの共有機能に加えて、外部の帳票作成、図面共有アプリと連携することでスムーズな施工管理を実現します。
価格
  • フリー: 0円/月
  • ベーシック: 6,000円/月
  • プラス: 12,000円/月
  • プレミアム: 27,500円/月
  • マックス: 50,000円/月

ビジネスチャットの選び方

ビジネスチャットは製品ごとに多様な機能を備え、料金プランによっても使用できる機能が変わります。それでは続いてビジネスチャットを選ぶ際の注意点を幾つかご紹介します。

コスト

大半のビジネスチャットの料金体系は月額制です。ユーザー数ごとに幾つかのプランが定められており、社員数や利用するユーザー数から自社にとって最適なサービスやプランを選択しましょう。

操作性

ビジネスチャットを選ぶ際にはツールの操作性や使いやすさも重要な観点です。ビジネスチャットを導入する目的は業務の効率化であり、業務連絡を時間と場所を選ぶことなく可能にするものがビジネスチャットです。社員全員が無理なく扱える操作性のツールを選ぶことが大事です。

外部ツールとの連携

ビジネスチャットには外部ツールとの連携機能を備えたものがあります。既に自社で導入している製品と連携可能であれば業務の更なる効率化が図れます。ビジネスチャットを選ぶ際には導入済みのアプリや製品と連携可能なものがないかどうか確認してみましょう。

セキュリティ

ビジネスチャットは社内のみならず社外ともやり取りをすることが多く、セキュリティ面の充実も選ぶ際には重要な要素です。重要なファイルへのアクセス権限の設定機能など、セキュリティ機能もしっかりと確認してビジネスチャットを選びましょう。

ビジネスチャットを導入した時のメリット

それでは続いてビジネスチャットを導入した際に得られるメリットについてご紹介します。

スピーディーな情報共有

ビジネスチャットを導入することで得られる最大のメリットは重要な情報をスピーディーに共有できることです。グループチャットを用いることでプロジェクトメンバーや部署内のメンバー全員に同時に重要な情報を共有することができます。

コミュニケーション不足の解消

ビジネスチャットにはSNSのように気軽に利用できるチャット機能があるため、コミュニケーション不足を解消可能です。新人社員はどうしても萎縮してしまうことも多いですが、ビジネスチャットを用いて密にコミュニケーションを図ることができます。

協力会社との連携を強化

ビジネスチャットはチャットに協力会社のメンバーを招待することで、プロジェクトをより円滑に進めることが可能です。従来はメールや電話を必要とした社外メンバーとのやり取りもビジネスチャットを導入することで円滑に進めることができます。

情報の記録を残せる

ビジネスチャットは重要な情報やチャット保存したり、ピン止めしてアーカイブ化する機能を備えたものがほとんどです。単にコミュニケーションを取るだけではなく、重要な情報の整理を行うことでビジネスをスムーズに進行できます。

セキュリティレベルの強化

ビジネスチャットは暗号化通信技術を用いることでセキュリティ面にも配慮しています。重要な情報が不正アクセスによって流出することが無いため安心して利用することができます。

【まとめ】自社に合ったビジネスチャットを使って業務の効率化をはかろう

今回はビジネスチャットの概要や、建設業におすすめのビジネスチャットをご紹介してきました。ビジネスチャットは時間や場所を選ぶことなくコミュニケーションを取ることができるツールで、社内外の連絡業務を大幅に効率化することができます。ビジネスチャットは利用するユーザー数に応じて様々な料金プランが用意されているため、今回の記事を参考に最適なビジネスチャットを選んでみてください。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!