庭師・造園業の一人親方の年収は?庭師や植木職人が年収1000万円を目指す方法

建設業や造園業で独立を考えている方のなかで、

  • 造園業の一人親方の年収が気になる
  • 造園業はちゃんと稼げるの?
  • 造園業の一人親方が年収を上げる方法を知りたい

とお悩みの方はいませんか?造園業の庭師や植木職人が年収1000万円は難しい…と諦めている人もいるかもしれません。しかし造園業の一人親方も働き方次第で年収1000万円を超えられるでしょう。 そこで今回は気になる造園業の一人親方の年収を調べてみました。年収1000万円を目指す方法についても紹介するので、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

庭師とは

庭師とは樹木や芝、日本庭園の維持管理などを行う職人を言います。樹木の剪定や池堀りなど、庭全体をデザイン・維持管理する仕事です。

庭師は日当たりや季節の変化などに応じて、依頼主と話し合い、庭全体を整えていきます。そのため、自然や植物に関する深い知識が必要です。また、庭師は学歴を問わず仕事に就けるところも特徴です。

庭師・造園業の年収はどれくらい?

造園業の一人親方の年収をご存知でしょうか。今回は一人親方の年収の実態から、年収を上げるヒントを調べてみました。造園業で活躍している一人親方はどのような取り組みをしているのでしょうか。まずは年収から見ていきましょう。

庭師・造園業の平均年収

造園業の正社員の年収は平均で415万円です。また、庭師の正社員の年収は平均で387万円です。一方で一人親方の平均年収は700万円〜800万円ほどになります。

このことから造園業は正社員よりも、一人親方の方が稼いでいる人が多いと分かりますね。さらに一人親方の場合、努力次第で年収を増やすこともできるでしょう。

参照元:造園の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)

庭師や植木職人が年収1000万円超えることは可能?

結論から言うと「達成は可能」です。実際、植木職人で年収1000万円を稼ぐ方は年商約1900万円を達成しています。

しかし造園業の誰でも簡単に達成できるものではありません。この方のように年収1000万円を目指すには、売れる仕組みづくりが大切です。

たとえばホームページからの問い合わせを増やしたり、SNS運用に力を入れてWEBの集客の導線を作ったり、ポスティングなどのオフラインの集客も取り入れたりと様々な方法を組み合わせる必要があります。次の段落では、より具体的な方法を説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

庭師・造園業の一人親方が年収をあげる方法

造園業の一人親方が年収をあげるにはどのようにしたら良いでしょうか。造園業の一人親方には年収を上げたくても、なかなか上がらない…と苦労している人も多いかもしれません。しかし前述したように、仕事の取り組み方次第では年収アップが可能です。今回は具体的な方法を5つ紹介します。どれも実践的なものばかりですので、ぜひ普段の仕事にお役立てください。

資格を取得し、単価の高い案件を受注する

まずは造園業で生かせる資格を取得しましょう。代表的なものは「造園技能士」や「造園施工管理技士」といった資格が挙げられます。資格を取得し、知識を身につけることで、より高い技術力を身につけることができるでしょう。そうすれば客単価が上がり、売上アップにつながります。また資格を取得して、仕事の幅が広がれば受注できる仕事の量も増えます。売上アップに高い技術力は欠かせません。

集客力、営業力を高め、受注案件を増やす

年収アップに必要なのは技術力だけではありません。高い集客力や営業力も重要です。一人親方はその名のとおり、自分一人で仕事の受注から顧客対応までこなします。まず問い合わせに繋がらなければ、仕事を獲得することもできません。代表的な集客方法でいうと、SNSやホームページなどで告知をして、問い合わせにつながるきっかけを作る必要があります。問い合わせから顧客にアプローチをかけて営業をしたり、自ら顧客訪問をして営業する方法もあるでしょう。仕事を獲得するために、集客力・営業力を磨くことで客単価を上げることができます。

人との繋がりを大切にし、紹介で仕事を増やす

仕事を増やすには人との繋がりを大切にすることも重要です。たとえば元請け会社との関係が良好であれば、長く安定した仕事を得られる可能性もあります。1つの仕事が次の仕事を生むこともあるので仕事の成果だけではなく、顧客や元請け会社の方にも丁寧に接することが大切です。また一人親方同士の関係性も重要です。普段から情報交換をしたり、お互いに助け合ったりすることもあるでしょう。人づてに仕事を紹介してもらえるチャンスもあるので、一人親方にとっても人脈は重要です。

アフターフォローでリピート率を高める

年収アップにはアフタフォローも欠かせません。ただ仕事をこなすだけでは1回限りの仕事で終わってしまいます。丁寧な対応やアフターフォローまで行えると、顧客のリピート率も高くなるでしょう。さらに顧客の満足度が上がれば、良い口コミが広がり、新規顧客の獲得にも繋がります。「また仕事を頼みたい」と思われるよう、一人一人にアフターフォローをしっかり行いましょう。そうすれば安定して仕事を得られるようになるはずです。

営業代行サービスに相談して営業戦略の提案を受ける

「営業にかける人員や時間が足りない」という場合には営業代行サービスに相談して、営業戦略の提案を受けるという方法もあります。営業代行はプロの営業マンに任せることができるので、効率よく集客ができます。また、営業の人材を雇うよりコストも抑えられます。

弊社では建築建設特化の営業代行サービス「ツクノビセールス」を提供しています。月に3000社もの企業に御社の営業としてアタックし、かつ成果が出なかったら返金保証もしています。一人親方向けのミニマムプランももちろんご用意しております。 まずは話だけでも聞いてみたい!という方には無料でどのように営業していくべきか営業戦略のご提案も致しております。
「明日30分だけ空いている!」という方でも気軽にオンラインでご相談いただけます。
1分で入力が終わるお問い合わせフォームはこちらから

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました! ツクノビセールス_建築建設業界特化の営業代行 詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!

造園業の一人親方が手取りを増やす方法

売上は変わらなくても以下の3つの方法を実践すれば手取りを増やすこともできます。 ・節税対策をする ・経費の無駄遣いを減らす ・労災保険に加入する それぞれについて具体的にみていきましょう。

節税対策をする

売上-経費=所得となりますが、この経費に含まれるもので見落としているものがないかしっかり確認しましょう。日々の帳簿つけなどを怠らず、しっかり確認しておくと経費の計上漏れを防ぐ対策になります。 また所得金額を減らすことができる所得控除や税額控除は節税効果が高く、納税額を大きく抑えることもできます。 税金に関する知識をつけ、節税対策をしっかりと行うと、売上が変わらなくても支払う税金を抑えることができるのでおすすめです。

経費の無駄遣いを減らす

経費は節税になりますが、支出が多ければ、その分出費になります。まずは普段の支出を見直すことから始めましょう。たとえば仕事で使用する消耗品や備品などは業務で必要なものかどうかを見極めて購入すべきです。「経費は落とせるから大丈夫」という考えは捨てて、経費の無駄遣いを減らし、節約・節税を心がけましょう。

労災保険に加入する

労災保険は万が一事故などで収入が途絶えてしまった時に、収入をある程度カバーできるだけでなく、労災保険の保険料は確定申告時に所得控除として計上できます。また労災保険に特別加入する際に、一人親方団体に支払う手数料は経費として計上が可能です。労災保険は節税対策になるだけでなく、万が一の保険にもなるので一人親方の場合は必ず加入しましょう。

おすすめの労災保険は「一人親方労災保険組合」

一般社団法人一人親方労災保険組合 公式サイト:一般社団法人一人親方労災保険組合

一人親方向けの労災保険で一番おすすめなのは、一人親方労災保険組合の労災保険です。

  • 全国の加入組合数は90,000人と業界トップクラス
  • 月額組合費が500円と業界最安値
  • 組合員様限定の優待サービスが多数

組合員数が全国90,000人以上と、業界No.1の加入者で実績のある労災保険です。さらにレストランやカラオケ、映画館など全国で20万ヵ所以上の施設のクーポンや割引などが適用される組合員様限定の優待サービスもあります。友達紹介を利用すれば、更新時の組合費も最大無料になるため、知り合いの一人親方と加入するのも良いでしょう。

入会費1,000円(初回のみ)
組合費500円/月
支払い方法銀行振込、コンビニ支払、クレジットカード
割引紹介割引で更新時の組合費が最大無料

一人親方労災保険組合の労災保険のお申し込みはこちらから

\ 1分でお問い合わせ完了 /

 

造園業の一人親方にも労災保険が必要かについてはこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

造園業の一人親方にも労災保険は必要?メリットなど徹底解説

庭師・造園業で一人親方として独立するメリット

造園業で一人親方として独立するメリットにはどんなものがあるでしょうか。今回は独立することで得られるメリットを2つ紹介します。

努力次第で年収アップが狙える

1つ目は「努力次第で年収アップが狙える」点です。一人親方は仕事で成果を出せば、その分の収入を得られます。これは会社員では難しいでしょう。さらに自分で技術力を身に付けて仕事の幅を広げたり、集客や営業に力を入れたりして収入アップが望めます。自分の努力次第で収入が変わるのも、仕事のやりがいにつながるでしょう。

自分の裁量で仕事ができる

2つ目は「自分の裁量で仕事ができる」点です。他の従業員や上司がいない分、自分の思うままに仕事を受けたり、仕事を増やしたりすることができます。会社の方向性に左右されず、自分の裁量で仕事ができるのは大きなメリットです。また仕事のスケジュールも自分次第のため、営業時間や休日も調節できるでしょう。自由な分、責任は伴いますが、職人として一人で仕事をしたいと考えている人には一人親方の方が働きやすいでしょう。

庭師・造園業で一人親方として独立するデメリット

一方で造園業の一人親方にはどんなデメリットがあるでしょうか。独立するメリットがあれば当然デメリットもあります。メリット・デメリットの両方を知った上で自分に合った働き方を選ぶことが大切です。一人親方として独立するデメリットは次の3つが挙げられます。

全て自分で管理しなければならない

造園業の一人親方は当然ながら、全て自分で管理しなければなりません。造園業の仕事には事務作業や税金関係の手続き、スケジュール管理なども含まれます。それら全てを一人で管理しなければならないため、想像以上に大変だと思うかもしれません。ただ最近では造園業の方でも事務仕事に会計ソフトを利用する方も増えています。もし苦手意識がある人は会計ソフトの利用を考えてみても良いでしょう。

繁忙期と閑散期で仕事量に差がある

次に繁忙期と閑散期で仕事量に差がある点です。造園業は季節や天候によって仕事が左右されるため、収入が不安定になりがちです。造園業は仕事柄1〜3月あたりは閑散期に入るでしょう。あらかじめ繁忙期と閑散期を考慮した上で年間のスケジュールを立てるべきです。閑散期の対応策を考えておくと、年間で仕事量に差が生じても収入の不安は解消できるでしょう。

事故や怪我のリスクがある

造園業には事故や怪我のリスクが伴います。一人親方でもリスクに備えて、一人親方用の労災保険に加入するべきです。もし無保険だと、事故や怪我に遭った際に高額な医療費を取られるだけでなく、働けなくなった間は無収入になってしまいます。一般的な仕事と比べると、造園業は事故や怪我のリスクが高いです。一人親方の人は必ず労災保険に加入することをお勧めします。

造園業の仕事がない理由や対処法・集客するポイント3つを解説造園業の仕事がない理由や対処法・集客するポイント3つを解説

【まとめ】庭師・造園業の一人親方は努力次第で年収アップ!資格取得や集客にも力を入れよう

いかがだったでしょうか。今回は造園業の一人親方の年収を解説しました。平均的に見ると、造園業の一人親方は会社員よりも年収が高いことが分かります。さらに造園業の一人親方は努力次第で年収アップが狙えます。たとえば資格取得や集客、営業に力を入れる方法があります。資格を取得して仕事の幅を広げたり、高い技術力を身につけて客単価を上げ、受注できる仕事の量を増やせるでしょう。さらに集客力を磨いて、問い合わせ方法を増やし、しっかりと営業できれば受注に繋がります。このように造園業は働き方次第で収入が上がるため、様々な方法を取り入れることが大切です。

一人親方の職種別の平均年収は?年収を上げる方法も解説!一人親方の職種別の平均年収は?年収を上げる方法も解説!

【「一人親方」カテゴリ内での人気記事はこちら】

 

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました! ツクノビセールス_建築建設業界特化の営業代行 詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!