造園業の仕事がない理由や対処法・集客するポイント3つを解説

造園 仕事がない

造園業を営む方で、仕事がないという悩みをお抱えの人は少なくありません。中でも

  • 閑散期と繁忙期の集客の差がある
  • HPを作成したけれど集客につながらない
  • 下請けの仕事ばかりで儲けが少ない

などの声が目立ちます。今回は造園業を経営する方に向けて、仕事が思うように獲得できない理由や、集客のポイントについて解説していきます。

造園業で仕事がない理由

造園業で仕事がない理由は2つあります。まず1つ目は人手不足です。人員が不足していては案件をもらっても対応できないため、取りこぼしてしまうケースも多いでしょう。
2つ目は、新規顧客が獲得できないことによる案件不足です。特に独立直後は下請けの仕事ばかりで思うように顧客を獲得できないという方が多く見受けられます。また、ベテラン業者の方でも営業が苦手だったり、協力関係を結べる業者が少ないと案件不足に陥るケースもあります。

造園で仕事がないときの対処法

造園業では、人員や案件の不足が理由で仕事が獲得できない時期が生まれます。今回は

  • 案件不足
  • 閑散期

の2パターンに絞って、具体的な対処法を解説します。

案件不足

案件を増やすためには、集客方法を増やし新規顧客の獲得が大切です。「もう集客方法は十分に行っている」と思う方もいるかもしれませんが、もし効果がないのならば今行っている集客方法を見直してみる必要があります。

造園業の集客はオンラインとオフラインの集客を組み合わせることで、幅広い客層にアプローチが可能になります。今回は

  • 集客に特化したホームページを作る
  • リスティング広告を利用する
  • MEO対策をする
  • SEO対策をする
  • チラシで集客する
  • LINEの公式アカウントを作る

の6つの方法をピックアップしました。以下で詳細について説明します。

集客に特化したホームページを作る

オンライン集客の拠点として自社ホームページを制作しましょう。ホームページ制作の際には、以下のステップが重要になります。

  1. ホームページを作る目的を決める
  2. 売上などの具体的な目標を定める
  3. ホームページにアクセスを誘導するための戦略を考える
  4. 対象エリアを考え、サイトの設計を決める
  5. ランディングページを制作し、集客の土台を作る
  6. ホームページ運用後も、フィードバックと改善を繰り返す

ランディングページでは、顧客の心をつかむのが一番大切なので、文章を工夫しましょう。例えば「あなたの理想のお庭を叶えます!」と、まず結果を伝え、次にその根拠を述べ、最後に料金などを解説することで信頼や安心感を与えます。最後にお問い合わせページなどを解説すると、顧客からのコンタクトをスムーズに獲得できます。

またホームページ制作を依頼する場合は必ず業界の知見がある業者に依頼するようにしましょう。

リスティング広告を利用する

リスティング広告は比較的低予算で顕在顧客を素早く獲得できる、優れた集客方法の1つです。

リスティング広告とは、検索エンジン上に表示される広告で「検索連動型広告」ともいいます。キーワードを設定すると、ユーザーがそのキーワードを検索エンジンに入力した際に、自動的に広告が表示できるという仕組みです。
顧客はニーズはあるが急いでいない「潜在顧客」と今ニーズを抱えて探している「顕在顧客」の2種類ありますが、リスティング広告は後者の顕在顧客向けに打つことで効果を発揮します。

MEO対策をする

MEO対策とは、キーワード検索をした際にGoogle Mapに情報を表示させるためのマーケティング方法です。
造園業者を探すユーザーは高確率で「〇〇市 植木屋」などエリアで絞って探しているので、顕在顧客を効果的に自社ホームページに誘導できる方法と考えられます。まずはGoogleビジネスプロフィールに登録し、自社情報の項目を埋めていきましょう。また、高いクチコミ評価を獲得できれば、MEOの効果は強まります。

SEO対策をする

SEOとは特定のワードを検索した場合に、自社ホームページを検索エンジンで上位に表示させるための施策です。
SEOは無料で施策できるというメリットはありますが、即効性は期待できません。まずは地域×工種に関するキーワードで情報発信しましょう。
ブログを定期的に投稿することなどから始めましょう。

チラシで集客する

オンラインの集客だけだと顧客獲得単価が高騰化するリスクがあるため、リスク分散のためにもチラシなどのオフライン施策も併せて行いましょう。
デザイナーを使わなくても、canvaというアプリなどで無料で簡単なチラシなら作成できるようになりました。QRコードなどを使って、自社サイトに誘導できるような仕掛けを載せるのもよいでしょう。

ポスティング方法は1件1件回る、新聞に折り込みチラシとして入れてもらうほか、チラシのデザインをそのままInstagramに投稿するという方法もあります。

LINEの公式アカウントを作る

LINEの企業公式アカウントも、効果的な集客方法です。メルマガやお知らせの配信やクーポンの配布やキャンペーンの告知など幅広い使い方ができます。LINEに通知として配信されるので、目に留まりやすいのも取り入れるメリットの1つです。新規顧客獲得だけでなく、既存顧客のリピート利用にも効果があると考えられます。

閑散期

閑散期で仕事がない時期は、需要が減るため従来の集客方法に力を入れても効果は期待できません。閑散期には以下の2つの方法がおすすめです。

  • 冬に適した剪定を行う
  • 造園工事をする

以下で詳しく解説しましょう。

冬に適した剪定を行う

落葉樹等の剪定などの冬の時期に適したプランを既存顧客を中心に提案しましょう。ハガキや電話でもお知らせするのも良いですし、ニュースレターやSNSやLINEアカウントで発信するのも効果的でしょう。閑散期だけではなく、常日頃から既存顧客との付き合いを大切にしておくことで、このような対策に効果が出ます。

造園工事をする

造園工事を行うのも1つの方法です。植栽工事だけでなく地ごしらえ工事や公園や園路工事など幅広い種類がある造園工事は、1年通して需要が多くあります。造園工事が得意でない場合は、案件だけ受けて1部を他の業者に委託し数パーセントの手数料のみ受け取るという方法もあります。

造園業で仕事がないときに集客する3つのポイント

造園業で仕事がないときの集客に大切なポイントは以下の3つです。

  • 親しみやすさを伝える
  • 料金表示は明確にする
  • 経験やこだわりを伝える

以下で詳しく解説しましょう。

親しみやすさを伝える

集客の時には「親しみやすさ」を意識してください。お客様にとって桑園業者は自分の庭に招き入れ、悩みや要望を伝えるため親近感がとても重要です。ホームページの写真は笑顔のものを選ぶ、剪定鋏や刈込鋏などの道具をもって信頼感を与えるなどの工夫をしましょう。

料金表示は明確にする

料金表示はできるだけ明確にしましょう。「〇〇円〜」という曖昧な表記では具体的な金額が分からないため、せっかく興味を持ってくれたお客様が依頼を躊躇してしまう可能性があります。樹木1本〇円、平米〇円などできるだけ具体的に表記するようにしてください。

経験やこだわりを伝える

写真や経歴で、こだわりや実績を伝えましょう。作業実績をホームページやSNSでアピールするのはもちろん、作業前と後のビフォーアフターの写真を載せるのも効果的です。様々なツールを利用して写真や動画で技術をアピールしましょう。競合と差別化することにもつながります。

造園業でリピーターを増やす方法

造園業で安定した需要を保つためには、新規顧客だけではなくリピーターの獲得も大切です。リピーターを増やすためには、定期的にハガキや電話などでお客様とコンタクトを取り、自社の存在を忘れられないようアピールし続けることが大切です。次の手入れが必要な時期を見越して行うとより効果が高いでしょう。リピーターが多いことは会社の信頼感にも、単価アップにもつながります。

庭師・造園業の一人親方の年収は?庭師や植木職人が年収1000万円を目指す方法

建設 営業代行建設業界おすすめ営業代行会社5選|数千万円の受注に繋がった成功事例を思考法と共に紹介

【まとめ】造園業で仕事がない場合は集客方法を見直そう!

造園で起業してもなかなか集客がうまくいかないと悩んでいる業者は少なくありません。まず、オンラインとオフライン双方の既存の集客システムを見直し新規顧客を獲得できる仕組みを作りましょう。また、閑散期は造園工事や落葉樹の剪定工事などを行うことで売上をカバーできます。効果が出るまで時間がかかる施策も多くありますが、コツコツと取り組んで集客率アップを目指しましょう。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!