施工管理の業務効率化が求められる3つの理由やメリットなどを解説!

施工管理の業務効率化

施工管理は工事の資材発注や書類作成など様々な業務を行います。

  • 施工管理業務は忙しいの?
  • なぜ業務の効率化をする必要があるの?
  • 業務の効率を上げるにはどうしたらいいの?

このような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
今回は施工管理の業務効率化について詳しく紹介していきます。また、効率をアップしたときのメリットや施工管理の1日スケジュールなども解説しているので、ぜひ参考にしてください。

施工管理は多忙

施工管理は工事の始まりから終わりまでを管理する仕事で、多忙な職業です。施工管理が多忙な理由と1日のスケジュールを見ていきましょう。

多忙な理由

施工管理業務は作業量も多いため、勤務時間内に業務が終わらないことがあります。

  • 業務量が多い
  • 長時間労働になりやすい環境

上記内容をそれぞれ見ていきましょう。

業務量が多い

施工管理は業務量が多いです。施工管理は「品質管理」「工程管理」「安全管理」「原価管理」と4つの種類を管理しています。
品質管理は、品質や寸法などが設計図通りにできているかを確認し、工程管理は工事現場のスケジュールを管理します。また、安全管理は、工事付近に住んでいる人や作業員の安全を管理し、原価管理は工事の利益が出るように調整する業務のことをいいます。

ほかにも様々な業務がありますが、職人さんや関係者を把握してスケジュール通りに業務が進むように管理する役割です。

長時間労働になりやすい環境

施工管理は業務内容が多いため、長時間労働になりやすい職業です。設計の変更や自然災害が発生すると追加業務が発生するので労働時間が増えます。

作業員の欠勤や材料の発注ミスなど、トラブルがあったときのスケジュール変更も施工管理の仕事です。

1日のスケジュール

施工管理は作業内容が多く、様々な業務を担当しなければなりません。会社によって異なりますが、1日のスケジュールを紹介します。

7:30:出社
8:00:作業員に1日のスケジュールを説明する
8:30:工事現場に行き、作業員の指示出しや連絡、現場の記録や点検をする
12:00:お昼休憩
13:00:責任者と打ち合わせ、現場の点検など
15:00:現場の総合確認、作業員へ指示があれば指示出しや連絡をする
17:30:工事現場の作業が終了する、事務所に戻って作業報告書や工程表の作成
19:00:退社

上記が施工管理の大まかなスケジュールです。トラブルなどがあったときは、勤務時間がさらに増えます。

施工管理の業務効率化が求められる3つの理由

施工管理業務の効率化が求められる理由を紹介します。

  • 施工管理の人材不足
  • 36協定により求められる業務効率化
  • オンラインコミュニケーションの増加

上記内容をそれぞれ見ていきましょう。

施工管理の人材不足

施工管理は高齢化が進んでおり、年齢が若い人の従業員が不足しています。

  • 55歳以上:全産業31.5%、建設業35.9%
  • 29歳以下:全産業16.4%、建設業11.7%

2022年度のデータでは上記のような結果がでています。建設業は55歳以上が35.9%、29歳以下が11.7%で全産業と比べると若い人の割合が少ないです。

55歳以上の人が定年になれば会社にいなくなるため、施工管理をする人が減ってしまいます。若い従業員を増やすためにも施工管理の効率化が重要です。

高齢化

高齢者で施工管理業務をしている人はベテランが多く、辞めてしまうと大きな痛手となるでしょう。若い人を雇っても3年以内で辞めてしまう人が多いのが現状です。

また、施工管理は業務も多いので育成まで手が届かないことが現状です。育成に力を入れるためにも作業の効率化が重要です。

若者不足

新卒で入った従業員の30%が3年以内で辞めてしまいます。離職率が高いため、常に人手が足りません。

  • 休日出勤
  • 長時間労働
  • 給与が割に合わない
  • 年功序列が嫌

施工管理で入った人は上記のような理由で辞めてしまいます。施工管理は仕事量が多く、休日出勤や長時間労働は当たり前です。また、年功序列制で給与が決まるため、新卒で入った人は給与が割に合いません。

施工管理が人手不足になる理由についてはこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

人手不足施工管理が人手不足になる理由とは?現状や対策、将来性についても解説!

36協定により求められる業務効率化

2024年から建設業では36協定が実施されます。36協定が実施されると労働時間に上限がつき、違反すると会社に罰金が発生します。施工管理は業務の多さや人手不足が慢性的に発生しているため、残業時間が多いです。36協定が実施される建設業界は残業時間を減らすために、施工管理の業務を重要視しなければなりません。

オンラインコミュニケーションの増加

新型コロナウイルスをきっかけに建設業界でも、オンラインでのコミュニケーションが増えてきました。今までは、紙の資料を見ながら口頭でコミュニケーションをとっていました。しかし、今ではインターネットのクラウド上にデータを残し、顔を見て直接離さなくても、チャットやメールで仕事ができます。

施工管理を業務効率化する5つのメリット

施工管理業務の効率がアップしたときのメリットを紹介します。

  • 残業時間を短縮できる
  • コストを削減できる
  • 職場環境が改善し求職者の増加を期待できる
  • 工事のスケジュールを遵守できる
  • テレワークを実現できる
  • 上記内容をそれぞれ見ていきましょう。

残業時間を短縮できる

施工管理業務の効率がアップすると残業時間が減らせます。施工管理は様々な業務があり、長時間労働になりがちです。長時間労働が続くと精神的にも体力的にも体に負担がかかります。

残業時間や休日出勤などを減らすために、施工管理ツールなどを導入しましょう。ツールなどを導入すると、施工管理をしている人の負担が減らせます。

コストを削減できる

作業効率がアップするとコスト削減が期待できます。オフィスに残って施工管理業務をしていると、会社の人件費や光熱費が発生します。業務の効率が良くなると無駄なコストを削減できます。さらに、工事関係者とのやり取りをメールなどで行うことで、書類費や郵送費などの削減にもつながります。

職場環境が改善し求職者の増加を期待できる

施工管理の作業効率がアップすると、求職者の増加が期待できます。施工管理は業務内容が多く、残業ありきのイメージがついています。そのイメージを覆すために、求人サイトに「施工管理ツールを使っている」「プライベート優先」などのアピールが必要です。会社のイメージが良くなれば、若い人が入ってくれる可能性があります。

工事のスケジュールを遵守できる

施工管理の効率がアップすると工事がスケジュール通りに進みます。施工管理の仕事は工期までに工事を終わらせることです。施工管理業務の効率が悪いと、スケジュール通りに業務が行えず、工期に間に合いません。

作業効率が良くなるツールを使えば、仕事に余裕が生まれてスケジュール通りに仕事ができます。

テレワークを実現できる

IoT化が進み、施工管理業務の効率がアップすれば、どこでも作業ができます。施工管理の業務は工事現場に行き直接管理するのが一般的です。そして、工事が終わったら事務所に戻り、事務作業があります。しかし、現在では、書類作成や工程管理の作業がインターネット上でできるため、自宅で業務を行うことも可能です。

施工管理アプリおすすめランキングの紹介記事はこちら

施工管理アプリおすすめ!無料ソフトや口コミも紹介!施工管理アプリおすすめランキング12選!無料ソフトや口コミも紹介!

施工管理を業務効率化するポイント

施工管理の業務を効率化するためのポイントを紹介します。

  • ペーパーレス化する
  • データを一元管理する
  • リアルタイムで情報共有する
  • BIMやCIMを導入する
  • AIロボットを活用する

上記内容をそれぞれ見ていきましょう。

ペーパーレス化する

ペーパーレス化すると施工管理業務の効率化が期待できます。施工管理業務は、工事現場の記録や工程管理表の作成など、紙を使って書類を作成することが多いです。

記録や書類の作成をデータで管理すると、写真の貼り付けや情報の更新などがパソコン上ですぐに登録できます。また、データ管理になるとパソコン上での保管になるため、社内に保管場所を作る必要がなくなります。

データを一元管理する

データを一元管理すると効率よく施工管理業務ができます。施工管理の人は複数の工事内容を管理するため、現場ごとのデータが必要です。パソコン上で管理をすると、データの保管や取り出しが簡単です。取り出したデータを参考にしながら現場のトラブルを回避することもできます。

また、一元管理をすると施工主の基本情報や進捗状況などの共有もできるので、トラブルや業務スピードがアップします。

リアルタイムで情報共有する

モバイル端末を使って業務を行うと作業の効率化が期待できます。施工管理業務は工程表を見ながら進捗状況を確認し、資材や従業員の配置や設計図を見直したりします。

モバイル端末を使いながら業務を行うと、リアルタイムで情報の更新ができます。その情報をすぐに共有できるので、今現在の進捗状況がすぐに分かります。

BIMやCIMを導入する

BIMやCIMを導入すると施工管理業務の効率化が図れます。BIMはビルや住宅などの建築物に使うシステムです。CIMはダムや橋など土木関係で使うシステムです。BIMやCIMはCADとは違い、3Dモデルを使って性能や設備の設計ができます。

BIMやCIMを使ったデータは2次元、3次元データ、完成図として一括作成ができるので、修正や変更もすぐに対応可能です。

AIロボットを活用する

AIロボットを使うと施工管理業務の効率化が期待できます。AIロボットに資材の搬入や現場の確認を任せると、施工管理をしている人がその場にいなくても仕事が進みます。また、輸送AIロボットを使って資材の搬入作業ができると、運搬用に作業員を出勤しなくてもよくなり、人件費削減に繋がります。

施工管理の業務効率化に役立つツール

施工管理の業務を効率よくこなすためのツールを紹介します。

  • 管理システム
  • ドローン
  • AR・VR

上記内容をそれぞれ見ていきましょう。

管理システム

管理システムは、工程管理や帳票管理、原価管理など施工管理の業務に対応しているツールです。タブレットやスマートフォンに対応している管理システムがあるので、どこでも使用できます。例えば「アイピア」などの施工管理システムを利用すると管理情報を1つの場所に集めると、従業員や関係者全員に情報を共有できるので、顔を合わせなくてもコミュニケーションがとれます。

施工管理アプリおすすめランキングの紹介記事はこちら

施工管理アプリおすすめ!無料ソフトや口コミも紹介!施工管理アプリおすすめランキング12選!無料ソフトや口コミも紹介!

ドローン

ドローンは建築現場に欠かせないツールの1つです。危険な場所や高いところに行けたり、遠隔操作で現場を確認でき、測量もできます。例えば「Zenmuse L2」であれば自動飛行機能があるため、誰でも簡単に操作ができます。また、危険なところにも入れるため、安全管理の面でも便利なツールです。

建設現場で活躍するおすすめの測量ソフトはこちらの記事で紹介しています。

測量ソフト・アプリ 建設測量ソフトの建設現場で活躍するおすすめ4選!無料ソフトや導入効果も紹介!

AR・VR

ARやVRも業務効率化におすすめのツールです。ARはバーチャルなものを現実世界に見せることができ、VRはARと反対でバーチャル空間に入り体験するツールです。ARやVRは危険予知の研修に使えたり、完成した建物をシミュレーションしたりするときに使えます。

施工管理とは?仕事内容や必要なスキル・役立つ資格などを解説の記事はこちら

施工管理とは施工管理とは?仕事内容や必要なスキル・役立つ資格などを解説

建設業の業務効率化が必要な理由や活用できるツール4選などを解説の記事はこちら

建設業 業務効率化建設業の業務効率化が必要な理由や活用できるツール4選などを解説

【まとめ】施工管理の業務効率化はツールなどを活用し自社に合う形で行おう!

施工管理の長時間残業を減らすためには効率よく業務をこなす必要があります。施工管理業務を効率化させるためには、管理システムやドローンなどのツールを使いましょう。また、パソコンで書類作成やデータ管理を行えば、作業時間を減らせます。会社に合わせたツールを導入して残業を減らしましょう。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!