工事現場の作業員とは?仕事内容やメリット・平均年収などを解説

工事現場作業員

「工事現場の作業員は具体的にどのような仕事をするの?」
「工事現場の作業員になる方法を教えてほしい」

このような方に向けてこの記事では、工事現場の作業員の仕事内容・働く場所・平均年収・メリット・デメリットなどについて紹介します。

この記事を読むことで、工事現場の作業員についての理解が深まります。

工事現場の作業員とは

工事現場の作業員とは、土木作業員とも呼ばれており建造物の建設現場や道路整備などの工事現場で活躍する人々のことです。

また、機械ではできず人力に頼って作業する必要がある現場で活躍する職業でもあります。土木作業員の中には、道路・ダム・橋など、それぞれの専門家がおり、そのような方たちの指示に従って作業を行っていきます。

工事現場の作業員の仕事内容

工事現場の作業員とは、道路の建設・河川の治水・土地造成など大型建設機械では対応できない、細かい作業を行うことを仕事にしている人たちのことです。具体的な仕事内容は、下記の通りです。

  • コンクリートの打ち込み
  • 一輪車を使用して石やブロックを運ぶ
  • 芝張り
  • 重機械作業や鉄筋型枠の組み立て
  • くい打ち作業や補助作業

現場に入ると、仕事を開始する前に、土木技術者や作業長から仕事の説明を受けます。作業中は、作業長又は作業指揮者の監督指示の下に作業を行います。

工事現場の作業員が働く場所

ここからは、工事現場の作業員が働く場所を下記の順に紹介します。

  • 住宅・マンション・ビルなどの建物
  • 道路・トンネル・橋などのインフラ建造物

住宅・マンション・ビルなどの建物

工事現場の作業員が働く場所として、住宅・マンション・ビルなどの建物が挙げられます。これらの建物を建設する際、シートで覆われていることもありますが、足場を組んで作業をしたり、重機を使用して地盤工事を行っているのを見かけた人も多いでしょう。

このような作業を行う際は、それぞれの工程で免許や専門の知識がある職人が担当します。

道路・トンネル・橋などのインフラ建造物

道路・トンネル・橋などのインフラ建造物も、工事現場で作業員が働く場所として知られています。

このような作業を行う場合、資格や技術を問われるものが多く、経験の浅い人は専門職の方の補助として担当することが多いです。例として道路工事の場合、測量や掘削・土砂や砂利の敷き込みなどが作業内容として挙げられます。また、災害時には復旧作業を担当することも多いです。

工事現場の作業員の平均年収

「工事現場の作業員の平均年収が知りたい」このような方も多いでしょう。厚生労働省が実施した「令和2年賃金構造基本統計調査」における建設業の平均年収は、男性が522万8,700円、女性が377万1,400円です。

また働く地域や年齢・業務内容によって違いが見られます。そのため上記で紹介した平均年収は、一例として理解してください。

工事現場の作業員の仕事のメリット

ここからは、工事現場の作業員の仕事のメリットを下記の順に紹介します。

  • 形に残る仕事に携われる
  • 給料が高い
  • キャリアアップを狙える

形に残る仕事に携われる

工事現場の作業員として働くメリットとして、形に残る仕事ができるといった点が挙げられます。

例えば、土木作業員の場合では更地から造り上げたダムや道路を完成後に眺めると、大きな達成感が得られるでしょう。また、たくさんの人々に役立つモノづくりに携われた喜びを実感できます。造り上げたモノは半永久残るため、自分の仕事に誇りを持てるでしょう。

給料が高い

工事現場の作業員として働くと、高所での作業や重機などの機械を取り扱うため、危険を伴う場面に直面することも少なくありません。また、自分だけでなく働く建設作業員の命も関わりかねない環境での作業でもあります。

しかし、危険が伴う分、高い給料が保証されていることが多いです。危険ではありますが、高い報酬を期待している方には、建設作業員は向いています。

キャリアアップを狙える

工事現場の作業員は、無資格からスタートできる職業です。さらに、資格を取得すればその分、活躍の場は広がるでしょう。キャリアアップを目指したい方に向いています。

具体的には、現場監督としてのキャリアを目指したいのであれば、土木施工管理技士の資格を取得することが望ましいです。興味や関心があることは、常に調べて勉強していくことがキャリアアップのためには欠かせません。

工事現場の作業員のデメリット

ここからは、工事現場の作業員のデメリットを下記の順に紹介します。

  • 年齢を重ねると体力的に仕事がきつくなる
  • 事故の危険性がある
  • 天気や現場の状況によって休日が左右される

年齢を重ねると体力的に仕事がきつくなる

工事現場の作業員のデメリットとして、年齢を重ねると体力的に仕事がきつくなるといったデメリットが挙げられます。

多くの場合、年齢を重ねるとスキルや経験に磨きがかかり、よりよい仕事ができるでしょう。しかし。工事現場の作業員は体力仕事であるため、体力が年々低下していくことが挙げられます。

ある程度の年齢になると、管理職として勤務し、現場を取りまとめる立場を目指すといった方法もあります。

事故の危険性がある

工事現場の作業員は、機械類や重機などを使用して作業することが多く、常に事故のリスクと隣り合わせです。

そのため、工事現場の作業員は、安全を第一に集中して作業に取り組むことが大切です。一瞬の油断や些細なミスが事故に繋がってしまうということを覚えておきましょう。

工事現場の作業員として働く上で100%安全な現場はない、ということを理解しておいてください。

天気や現場の状況によって休日が左右される

工事現場の作業員は、悪天候で仕事が急に休みになるなどと、天気や現場の状況によって休日が左右されます。

また、悪天候が続いて現場の作業が遅れると、休日出勤になる場合もあります。また、日当制の場合は休みになった分だけ収入が減ってしまう可能性もあるでしょう。安定して働きたい方には、ストレスを感じやすく不向きな職業と言えます。

工事現場の作業員になる方法

工事現場の作業員は、未経験からでも仕事ができます。学歴や資格は必要とされていません。中学・高校を卒業してそのまま入職する場合と、ほかの職種から転職する場合など、様々です。

基本的に作業に必要なスキルは、現場で習得できます。しかし、事前に資格の勉強などをしておくこともおすすめです。転職活動を有利に進めたい方は、事前準備しておくことが重要です。

工事現場の作業員に向いている人

工事現場の作業員に向いているタイプとしては、下記のような人が挙げられます。

  • コミュニケーション能力が高い人
  • 身体を動かすのが好きな人
  • 目に見える成果を残したい人

工事現場の作業員は、コミュニケーション能力がある人のほうが、作業がスムーズに進みます。また目に見える成果を残したい人は、工事現場の作業員はやりがいを感じられる仕事でしょう。達成感と感動を味わいたい方も、工事現場の作業員に向いています。

工事現場の作業員に役立つ資格

ここからは、工事現場の作業員の役立つ資格を下記の順に紹介します。

  • 土木施工管理技士
  • 車両系建設機械技能講習

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、現場監督へのキャリアアップに必須となる建設作業員の資格です。土木施工管理技士は、1級と2級があり、どちらも実務経験が必要です。

資格を取得すると、現場の工事を行うための計画立案や工程管理・安全配慮など現場に関する様々なことができるようになります。これまで以上に活躍の幅が広がるでしょう。

車両系建設機械技能講習

車両系建設機械技能講習とは、3トン以上の車両系建設機械の運転に必要な資格です。車両系建設機械技能講習には、3種類の分野があります。具体的には、下記の通りです。

  • 整地
  • 運搬
  • 積込み用及び掘削用

上記の3種類の分野を取得すると、トラクターショベルやブルドーザーなど複数の建設機械を運転できます。また、車両系建設機械技能講習にかかる費用は、およそ4万円ほどです。

 

【現場系特化の求人サイト】GATEN職のサービス内容や特徴、成功事例についてインタビュー記事はこちら

【現場系特化の求人サイト】GATEN職のサービス内容や特徴、成功事例についてインタビューしました【現場系特化の求人サイト】GATEN職のサービス内容や特徴、成功事例についてインタビューしました

新36協定に対して残業時間や現場が対応するべき課題は?の記事はこちら

新36協定に対して残業時間や現場が対応するべき課題は?

 

【まとめ】工事現場の作業員はやりがいも豊富!資格も取得しチャレンジしよう

工事現場の作業員は、土木作業員とも呼ばれており建造物の建設現場や道路整備などの工事現場で活躍する仕事です。工事現場の作業員の仕事内容は、道路の建設・河川の治水など、大型建設機械では対応できない細かい作業を行うのを仕事にしている人たちです。

これから工事現場の作業員として働こうと思っている方は、ぜひ上記で紹介した内容を参考にしてみてください。資格を取得すれば、活躍の幅も広がります。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!