リフォーム見積もりソフトおすすめ7選!導入メリットや選び方も解説

リフォーム 見積もり ソフト

リフォームの見積もりに時間がかかって苦労している人はいらっしゃいますか。見積もりにあまりにも時間をかけると、受注の機会を逸するかもしれません。リフォーム見積もりソフトを導入すれば、見積もりにかける時間と労力を削減できます。本記事では、リフォーム見積もりソフトの概要、導入するメリット、選び方、おすすめのソフトを解説します。

リフォーム見積もりソフトとは

リフォーム見積もりソフトとは、リフォームの見積もり作成、管理に役立つソフトです。工数、人手、資材価格などの様々な項目の費用を自動的に積算し、見積書を作成してくれます。見積書作成とともに、施工管理や入出金管理もできるソフトもあります。担当者それぞれが独自のフォーマットで作成していた見積書を標準化することも可能です。

リフォーム見積もりソフトを導入するメリット

リフォーム見積もりソフトを導入するメリットは、主に以下の3点です。

  • 作業効率の向上
  • 外出先で作業できる
  • 営業がしやすい

それぞれの内容を解説します。

作業効率の向上

リフォーム見積もりソフトを導入するメリットのひとつが、作業効率の向上です。リフォームの見積もりをする際には、工数、人手、資材価格などを調べて正確にまとめる必要があります。人の手で見積もりを算出することには、多くの時間や労力が必要です。見積もりの大部分を自動的に算出してくれるリフォーム見積もりソフトを導入すれば、作業効率が大幅に上がるでしょう。

外出先で作業できる

外出先で作業できることも、リフォーム見積もりソフトを導入するメリットです。営業担当者は、出張が立て込んでオフィスで作業をする時間がないこともあるでしょう。クラウドサービスに対応しているリフォーム見積もりソフトを導入すれば、外出先で作業できます。ただし、インターネット環境が必要なので、スマートフォンのテザリングやWi-Fiのつながるカフェなどを利用しましょう。

営業がしやすい

リフォーム見積もりソフトの導入のメリットに、営業がしやすいことも挙げられます。正確に見積もり額を算出する作業を営業担当者のみで実施することは困難です。自動的に見積もりを算出してくれるリフォーム見積もりソフトを導入すれば、営業担当者のみで適切な見積書を作成できます。速やかに見積もりを出すよう顧客に求められた場合でも、適切に対応でき、受注のチャンスを逃しません。

リフォーム見積もりソフトの選び方

リフォーム見積もりソフトを選ぶ際は、以下の点を確認しましょう。

  • 操作性
  • 機能性
  • 提供形態
  • 複数端末に対応しているか
  • 他のソフトと連携しているか
  • 階層見積へ対応しているか
  • 費用
  • セキュリティ体制

それぞれの内容を解説します。

操作性

リフォーム見積もりソフトを選ぶ際に、ソフトの操作性を確認しましょう。ソフトの操作性が複雑でわかりにくいと、かえって見積もり作業に時間がかかるかもしれません。直感的に操作できるソフトであれば、見積もり作業そのものだけでなく教育の時間も抑えられます。ソフトの無料使用期間やデモ版を活用して、操作しやすいかどうか確認してください。

機能性

リフォーム見積もりソフトを選ぶ際に機能性を確認することも大切です。見積もり作成・管理以外に入出金管理、施工管理、図面管理などの機能が付属しているソフトがあります。ひとつのソフトで様々な書類や事務作業を管理するほうが便利でしょう。リフォーム見積もりソフトを購入する前に、パンフレットや公式サイトで機能を確認しましょう。

図面管理システムおすすめ5選はこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

図面管理システムおすすめ! 無料ソフトや口コミも紹介図面管理アプリ・システムおすすめ7選!メリットや選び方も紹介!

提供形態

提供形態もリフォーム見積もりソフト選びにおいて重要です。リフォーム見積もりソフトはクラウド型とオンプレミス型に大別できます。クラウド型は、インターネットに接続されていればどんな機器でも利用できるタイプです。一方でオンプレミス型は、特定のPCや自社サーバーにインストールして利用するタイプです。それぞれのメリットとデメリットを解説します。

クラウド型

クラウド型は、外出先でスマートフォンやタブレット端末を用いて操作できるので、出張の多い人におすすめです。データをクラウド上に保存できるので、操作機器が壊れてもデータが残ります。ただし、インターネットに接続しないと利用できないこと、クラウドサーバーに保管されているデータの読み込みに時間がかかることなどがデメリットです。

オンプレミス型

オンプレミス型は、クラウドにアクセスする必要がないので処理速度が速いことがメリットです。インターネットに接続しなくても操作できるので、インターネット回線速度が遅いときでもストレスなく利用可能です。インターネットに接続しない分、悪質なウイルスやハッキングの被害に遭うリスクも減らせます。ただし、PCや自社サーバーが故障した際にデータが消える恐れがあるので、バックアップを適切に取る必要があります。

複数端末に対応しているか

リフォーム見積もりソフトを選ぶ際に、複数端末に対応しているか確認してください。オンプレミス型の場合、ソフトをインストールしたPCでしか利用できないケースがあります。個人でなく会社で利用するのであれば、複数の従業員が同時に利用できるソフトを選ばないと不便です。クラウド型であれば、複数の端末で同時にアクセスできます。

他のソフトと連携しているか

他のソフトと連携しているかもリフォーム見積もりソフトを選ぶうえで大切です。現在エクセルで見積書を作成・管理している企業も多いでしょう。見積もりソフトの操作性があまりにもエクセルと異なると、使い勝手が悪い可能性があります。データをエクセルで出力できないと不便に感じるかもしれません。エクセル以外にも、現在利用している会計ソフトや図面管理システムと連携できるソフトを選ぶことで、業務の負担を減らせます。

階層見積へ対応しているか

利用したいリフォーム見積もりソフトが階層見積へ対応しているかも確認しましょう。階層ごとに費用が漏れなく記載された見積書を作成しないと顧客が納得しないケースも多くあります。自動的に階層を整えて表示してくれるソフトであれば、労力を大きく減らせるでしょう。建設業向け、工務店向けに特化したソフトであれば、階層見積に対応していることがほとんどです。

費用

リフォーム見積もりソフトの費用も十分に確認してください。オンプレミス型だと初期費用とメンテナンス費用、クラウド型だと月額利用料がかかることが一般的です。高額で多機能なソフトが必要な場合もあれば、安価で最低限の機能のみを持つソフトで構わない場合があります。機能と費用を見比べて、会社に合ったものを選びましょう。

セキュリティ体制

リフォーム見積もりソフトを導入する前に、セキュリティ体制も確認しましょう。アクセス制限機能や暗号化機能が不十分なソフトだと、データの紛失や漏洩の恐れがあります。顧客情報が漏洩した場合、会社の信頼に関わり、事業を続けられなくなるかもしれません。パンフレットや公式サイトで確認し、厳重なセキュリティ性を持つソフトを選んでください。

リフォーム見積もりソフトおすすめ7選

おすすめのリフォーム見積もりソフトは以下の7つです。

  • Aippear(アイピア)
  • 即決革命
  • せきさん係長
  • AnyONE
  • ANDPAD
  • 建設BALENA
  • イエプロ

それぞれの特徴を解説します。

Aippear(アイピア)

Aippear引用元:アイピア

「Aippear(アイピア)」は建築業向けに特化した施工管理ソフトです。年間150社以上の導入実績があります。リフォームの見積もり作成・管理だけでなく、顧客、工程、入出金などの管理もできます。エクセルのような感覚で操作できるので、初めてソフトを使う場合でもスムーズに移行できます。クラウド型なので場所や時間を問わず、ネット環境さえあればスマホでもPCでもどんな端末からでも利用可能です。

主な機能 見積作成、原価管理、顧客管理、案件管理、営業管理など
※その他の機能の詳細はこちら

アイピアの料金や詳細についてはこちらから

\ 今すぐ無料ダウンロード /
資料ダウンロード

即決革命

即決革命 引用元:https://www.sokketsu-kakumei.com/

「即決革命」は、リフォーム店や工務店向けのリフォーム見積もりソフトです。iPadで操作できるので、外出先でも速やかに見積書を作成できます。電子サインとタイムスタンプに対応しているので、スムーズに契約が完了します。エクセルデータを取り込めるので、エクセルで見積書の作成・管理をしている企業であれば簡単に移行できるでしょう。

せきさん係長

せきさん係長 引用元:http://www.sekisankk.com/

「せきさん係長」は、主にリフォームの見積もりに特化したソフトです。せきさん係長に図面データを入力すると、部屋ごとに割り振って自動的に見積もりを算出してくれます。入力した図面データがそのまま詳細なリフォーム図面になるので、図面を別途作成する手間を省けます。カスタマイズにも対応しているので、自社に合わせてさらに便利に活用できるでしょう。

AnyONE

AnyONE 引用元:https://www.any-one.jp/

「AnyONE(エニワン)」は、建設業向けの業務管理システムです。導入企業は3,300社以上、利用者は13,000人以上います。AnyONEだけで、リフォームの見積もり作成・管理、顧客管理、施工管理、入出金管理などができます。動画マニュアルやオンラインミーティング、講習などの導入後サポートが充実しているので、安心して利用できるでしょう。

ANDPAD

ANDPAD 引用元:https://andpad.jp/

「ANDPAD(アンドパッド)」は、導入企業数18万社、利用者数46万人を誇る施工管理アプリです。リフォームの見積もり作成・管理以外に、施工管理、工程管理、図面管理などができます。スマートフォンでクラウドにアクセスして操作できるので、外出先でも手軽に見積書を作成できます。データがすべてクラウドに保存されるので、図面や工程表といった資料の共有も簡単です。

建設BALENA

建設BALENA 引用元:https://office-concierge.co.jp/balena/

「建設BALENA」は建設業界向けの総合管理ソフトです。リフォームの見積もり作成・管理、工事台帳管理、入出金管理、顧客管理などができます。Excelデータ、CSVファイルの取り込みが可能なので、現在エクセルで管理している会社であれば簡単に移行できるでしょう。収支計算分析機能を活用すれば、見積もり時や発注時などの各段階で材料費や労務費などを把握し、損益を適切に管理できます。

イエプロ

イエプロ 引用元:https://ie-pro.net/reform/

「イエプロ」はリフォームの見積もり作成に特化したソフトです。パソコン以外に、タブレット端末やスマートフォンで直感的に操作できます。リフォームの見積もりに特化している分、操作がシンプルなので、教育に時間をあまりかけずに利用できるでしょう。外出先でもクラウドにアクセスして速やかに見積もりを作成できます。

建設業の見積もりソフトおすすめ!費用や機能を徹底比較建設業の見積もりソフトおすすめランキング14選!費用や機能を徹底比較

リフォーム工事の見積書の書き方や注意点・提出方法などを解説の記事はこちら

リフォーム 見積書 書き方リフォーム工事の見積書の書き方や注意点・提出方法などを解説!

【まとめ】自社に合うリフォーム見積もりソフトで作業効率を向上させよう

リフォーム見積もりソフトの概要、導入するメリット、選び方、おすすめのソフトを解説しました。自動的にリフォームの見積書を作成してくれるソフトを導入することで、業務を効率化できます。クラウド型であれば、客先でもスマートフォンやタブレット端末で簡単に見積書を作成できます。ぜひ本記事を参考にして、リフォーム見積もりソフトの導入を検討してみましょう。

リフォーム工事の一括見積を提供するサイトのハピすむの手数料や特徴、メリット・デメリットについてはこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。 

ハピすむの手数料は?特徴やメリット・デメリットについても解説!

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!