工事黒板アプリおすすめ8選!メリットや選ぶときの注意点などを解説

工事黒板 アプリ おすすめ

最近はたくさんのアプリが存在しています。その中には工事黒板アプリというものもあります。建設会社では工事黒板アプリを導入しているところも増えてきました。工事現場で作業をするにあたり、必要不可欠な情報がたくさんあります。工事黒板アプリを導入すれば、情報の管理や運用、共有をスムーズに行うことが可能です。
種類もたくさんあるので、今回はその中からおすすめのアプリや、使用する際の注意点を紹介します。

工事黒板アプリとは

今まで工事現場に黒板を持ち込み、手書きで重要な内容などを記載していました。しかし、これでは重い黒板を持ち込む、天候が悪いと文字が見えにくくなるなどの問題があったのです。そこで電子化された黒板を使用し、持ち運びの手間や天候などによる文字のかすれが改善できるようになりました。それが工事黒板アプリです。工事黒板アプリは、スマートフォンに簡単にインストールすることができます。

工事黒板アプリを導入するメリット

工事黒板アプリがおすすめできる理由は、たくさんメリットがあるからです。では、具体的にどのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

黒板作成の時間を削減

工事黒板アプリを導入すれば、時間の大幅な削減が可能です。なぜなら黒板を持ち運ぶ手間がなくなる上に、写真の撮影や整理も簡単に行えるからです。黒板に直接書き記す必要もなく、確認や変更なども気軽にできます。天候が悪くても、黒板に書いた文字が見えにくくなる心配もありませんし、スマートフォンがあればどこにいてもデータを見ることが可能です。

工事写真の撮影が1人で行える

工事現場では、写真撮影も欠かせない作業です。しかし、今までは写真撮影をする担当者に加え、黒板を支える人もいました。2人で作業を行うこともありますし、時間もかかっていたので効率も悪いです。工事黒板アプリを導入すれば、黒板を支える必要はありません。写真撮影も1人で行えるので、人員の削減や作業の効率化にも繋がるのです。

写真の整理が簡単にできる

工事黒板アプリで撮影した写真は、スマートフォンに保存されます。保存された写真はいつでも好きなときに閲覧可能です。さらに写真の整理も簡単に行えます。普通にスマートフォンで撮影しただけでは、枚数が多くなると管理が大変です。しかし、工事黒板アプリには台帳案の作成や分類なども行えるので、整理の仕事を簡略化することもできます。

工事黒板アプリの便利な機能

工事黒板アプリがおすすめできる理由は、便利な機能があるからです。何が便利なのか、どのようなときに使用されているのかなどを見ていきたいと思います。

テンプレート機能

工事黒板アプリを使うことで、時間の削減に貢献しているのがテンプレート機能です。フォーマットがあらかじめ用意されているので、工事現場にふさわしい種類を選びましょう。撮影した写真をテンプレートの枠に記入すれば、後は簡単に枠の作成ができます。生産性をもっと向上させたい、品質のよい写真を作成したいという人におすすめの機能です。

黒板のレイアウト変更

工事黒板アプリには、一般的な黒板ではできないことでも簡単に行うことができます。レイアウトの変更もその1つです。暗めの場所を撮影した場合、レイアウトも暗いと写真の見栄えが悪くなります。そんなときにはレイアウトを変更することで、撮影した写真の見やすさが変わってきます。用意されているレイアウトも複数あるので、写真に合わせて適切なものを選びましょう。

黒板つきの写真撮影

工事黒板アプリが時間の削減に繋がる理由は複数ありますが、黒板つきの状態で写真の撮影ができるのも理由の1つです。1つのアプリで複数の作業が簡単に行えるので、1人でも写真撮影ができます。1人で作業ができることにより、労務費の削減にも繋がるでしょう。黒板の位置も、工事黒板アプリであれば簡単に変えることができます。

写真の保存や共有

工事現場で撮影した写真は、自分の会社の作業員だけが見るものではありません。工事現場では複数の会社が関わることが多いので、他の会社の人も写真を見ることがあります。工事黒板アプリであれば、撮影した写真は専用のクラウドに保存されます。しかも自動的にフォルダ分けができる機能もあるので、写真の整理や共有も簡単にできます。

工事黒板アプリを選ぶときの注意点

工事黒板アプリは、現在色々な種類が存在しています。重要なのは自分の会社ではどのアプリが適しているのかを知ることです。そこで工事黒板アプリを選ぶときには、どのような点を確認すればよいのか、どういった点に注意すればよいのかを説明していきます。

必要な機能があるか確認する

工事黒板アプリには、たくさんの機能が備わっています。しかし、アプリの種類によって備わっている機能に若干の違いがあります。まずどのアプリにどういった機能があるのかを調べてみましょう。それから自分の会社で必ず行わなければいけない機能が備わっているのかを確認します。目的に沿った機能がアプリに搭載されていることを確認してからインストールをすれば、安心して使用できます。

改ざん防止機能がついているか確認する

工事現場の写真は、何よりも信ぴょう性が重要です。もし撮影した写真を改ざんされてしまったら、大変なことになります。そこで工事黒板アプリを選ぶときには、改ざん検知機能が備わっていることを確認しましょう。多くの工事黒板アプリに備わっている機能ですが、中には備わっていない場合もあります。写真の信ぴょう性を保つためには、必要不可欠な機能です。

リフォーム見積もりソフトおすすめ8選

アプリにはたくさんの種類が存在しています。そのため、これから導入を検討している人は、どれを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。そこでおすすめの工事黒板アプリを紹介するので、導入時の参考にしてみてください。

工事写真

工事写真

引用元:https://www.booth-web.com/app/kojishashin/
最初に紹介するのは、基本的な機能は無料で使える工事写真というアプリです。黒板とカメラが一体化しているのが特徴です。工事写真を使用すれば、黒板の持ち運びも必要ありません。実際の黒板が設置できない場所でも使用できますし、解像度の変更もできます。現在では法人版が存在しています。法人版であれば、無料では使用できない機能も使えるので便利です。

電子小黒板PhotoManager

電子小黒板PhotoManager

引用元:https://www.wise.co.jp/
株式会社ワイズから提供されている電子小黒板PhotoManagerもおすすめです。工事黒板として使用できるのはもちろんですが、現場の管理や図面の管理などにも使用できます。チャット機能も備わっているので、報告が行いやすいのもメリットです。改ざん検知機能があるので、安全面も問題ありません。クラウド連携機能を使えば、大切なデータを失うこともないでしょう。

ミライ工事

ミライ工事

引用元:https://www.miraikoji.com/
工事現場の写真撮影から台帳の編集までを、スマートフォン1台でこなせるのがミライ工事です。J-COMSIA認定済みのアプリなので、安心して使えます。使い方も簡単で、

  • 台帳の作成
  • 電子黒板を準備
  • スマートフォンなどで撮影
  • 写真を共有

これだけの作業となります。フリープランであれば無料で利用が可能です。もっとたくさんの機能が必要であれば、他の有料プランを使いましょう。

SiteBox

SiteBox

引用元:https://www.kentem.jp/product-service/sitebox/
iPhoneやandroidだけではなく、iPadにも対応しているアプリがSiteBoxです。実測値の記録も写真撮影と一緒に行うことができます。データが失われないように心がけているのもSiteBoxの特徴で、KSデータバンクに保存すれば、データの紛失も防げます。連動ソフトの数も多く、作業の効率化を図りたい人にもおすすめです。圧縮強度試験や出来高測定など、使用できる機能もたくさん備わっています。

どこでも写真管理Plus

 

引用元:https://const.fukuicompu.co.jp/products/extrendmusashi/d-kokuban.html
どこでも写真管理Plusは、福井コンピュータ株式会社から提供されている電子小黒板です。情報の連携や改ざん検知機能に加え、工事写真のレイヤ化も行えます。工事写真に特化しているアプリで、テンプレートも複数用意されています。EX-TREND武蔵という土木施工管理システムを導入すれば、写真の自動振り分けなどの追加機能が使えるようになります。

KANNA

KANNA

引用元:https://lp.kanna4u.com/
2023年9月の時点で、3万社以上が導入しているアプリがKANNAです。複数の工事現場を統合管理できる、顧客情報を一括で管理できるなど、便利な機能が色々と備わっています。写真に直接メモを取ることもできるので、写真に重要な情報を付け加えたい場合に便利です。チャットを使うことで、リアルタイムで指示を仰ぐ、進捗状況の報告などもできます。

蔵衛門工事黒板

蔵衛門工事黒板

引用元:https://www.kuraemon.com/kokuban/#gsc.tab=0
2014年に登場した蔵衛門工事黒板は、テンプレートの豊富さや改ざん検知機能の性能などが高く評価されています。テンプレートは5千種類以上ありますし、国土交通省から認定されている改ざん検知機能を使用しています。従来の黒板やデジタルカメラを使用した方法と比べても、作業時間を4分の1に削減することが可能です。大幅に作業時間を削減したい人におすすめです。

Photoruction

Photoruction

引用元:https://www.photoruction.com/
工事現場の生産性を向上させたい、品質アップに役立てたい人におすすめなのがPhotoructionです。工事現場での作業を約20時間、報告作業に関しては、従来の方法に比べて99%も削減した実績があります。面倒な写真の整理も自動で行えるので、かなりの効率アップが図れるアプリだと言えるでしょう。工事現場だけではなく、現場の管理にも使用されています。

電気工事の回路図作成に使えるフリーソフトおすすめ6選!

【まとめ】自社に合う工事黒板アプリで作業の効率化を図ろう

工事黒板アプリは、作業の効率アップができる便利な機能がたくさん搭載されています。実際多くの建設業者が導入しています。現在では種類も色々とありますが、自社に合ったものを導入することが大切です。自社にとってメリットが多い種類を選ぶためには、どのような機能が必要なのか検討しましょう。その上でアプリを比較すれば、最適な工事黒板アプリが選べます。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!