集客に強いリフォームのポータルサイト9選!費用や利用するメリットも紹介

リフォーム会社や工務店が集客力を高めたいと思った際に思いつくのが「ポータルサイトへの加盟・登録」でしょう。ポータルサイトに登録するとリフォームを検討しているユーザーからのお問合せが期待できますが、一方で

  • どのポータルサイトを選べばいいのか分からない
  • ポータルサイトごとの違いが知りたい
  • 費用ばかりかかって元が取れないのでは

と悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は集客に強い代表的なリフォームポータルサイトの費用や特徴、自社に合ったポータルサイトの選び方まで詳しく解説します。

リフォームのポータルサイトとは

ポータルサイトの「ポータル」は、玄関や入り口という意味です。つまりポータルサイトとは顧客がインターネットで情報収集をする際に最初に訪れるサイトのことを指します。リフォーム業界におけるポータルサイトとは、リフォームを検討している顧客が業者選びのために訪れるサイトのことです。ポータルサイトへの登録は新規顧客獲得の非常に有効な手段ですが、たくさんのサイトが存在するためにどこへ登録すればいいかわからないという声も多く伺います。そこで、以下で様々なポータルサイトを比較検討していきたいと思います。まずは一覧で紹介しますので是非ご参考ください。

代表的なリフォームポータルサイトの種類と特徴

ここでは9個の代表的なリフォームポータルサイトについて表で特徴をまとめました。

→横にスクロールできます→

集客力※利用者数加盟店数初期費用加盟金手数料案件獲得形式
タウンライフリフォーム8005.7万人(年間)550社以上0円0円非公開自動マッチング
ハピすむ800不明1,000社以上非公開非公開2~5万円検討度の高いお客様を紹介
ホームプロ370090万人以上(累計)1,200社以上25万円年間利用料8.5万円紹介手数料:1件500円
成約手数料:6%
紹介
オウチーノリフォーム0~10非公開1,000社以上非公開非公開非公開不明
リフォームガイド30050万人以上(累計)非公開無料無料契約金額の7%自動マッチング
SUUMOリフォーム150非公開約800社非公開非公開非公開専門スタッフによる紹介
リフォーム評価ナビ350非公開1030社以上20,000円年会費(3プラン)
36,000円/60,000円/96,000円
不要応募してもらう
住宅・住まいのリフォーム隊0~10非公開非公開無料無料無料応募してもらう
リショップナビ3100月間120万人4,000件以上非公開30万円非公開自動マッチング

※「集客力」については、サービス名がインターネット上で月間何回検索されているかの数字を記載しています。

以下それぞれのポータルサイトの特徴や費用を詳しく紹介していきます。

タウンライフリフォーム

タウンライフ
公式サイト:タウンライフ

タウンライフリフォームは2021年には、「利用満足度」「使いやすさ」「サイト利用者安心度」の3部門で1位を獲得している顧客からの支持が厚いサイトです。

特徴

タウンライフリフォームは独自の審査基準を満たした優良企業のみが許される加盟店の数は全国に550以上もあり、まさに業界トップクラスの規模を誇るポータルサイトと言えます。また、顧客が登録時に入力する項目が他サイトに比べ多いことや、検討意欲の高い顧客が在籍しているために反響率が高いことでも知られています。さらに、顧客のニーズも早い段階で把握できるために成約後の商談もスムーズになる傾向があります。

初期費用・加盟金

タウンライフリフォームは、加盟店に負担の少ないシンプルな料金体系も好評を得ています。必要なのは顧客から問い合わせが来た時に発生する紹介手数料のみです。
初期費用:0円
加盟金:0円
手数料:要問合せ

運営会社の概要

会社名:タウンライフ株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目20番2号 東京オペラシティタワー40階
設立:2003年9月25日
資本金:2,000万円
ホームページ:https://townlife.co.jp/

ハピすむ

ハピすむ

引用元:https://hapisumu.jp/
ハピすむは顧客が見積もりを依頼すると専門の知識豊富なリフォームコンシェルジュから確認の連絡がいき、丁寧なカウンセリングの結果マッチするリフォーム会社が紹介されるシステムとなっています。土日・祝日でもサービスが行われ、充実したサポート体制も整っています。

特徴

ハピすむを利用する最大のメリットは、現地調査の了承を得た検討度が高い顧客のみを紹介するシステムと言えるでしょう。コールセンターが介在するため希望度が高い顧客のみが問い合わせに進むため、成約率は80%以上と非常に高くなっています。加盟店数は全国1,000社以上にも上り、累計見積もり数は20万件を突破しています。また、予算・地域・案件詳細を確認してから対応するか選べる自由度や、日程を入力すればオペレーターが顧客とのやり取りを代行してくれる手軽さも、ハピすむの大きな特徴です。

初期費用・加盟金

初期費用:非公開
加盟金:0円
手数料:案件の規模により2~5万円の紹介手数料がかかる

運営会社の概要

会社名:株式会社エス・エム・エス
所在地:東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー
設立:2003年4月4日
資本金:22億8,100万円(2021年3月31日時点)
ホームページ:https://www.bm-sms.co.jp/

ホームプロ

ホームプロ

引用元:https://www.homepro.jp/

ホームプロは2001年よりサービスを開始した日本初のリフォームポータルサイトです。無料の工事完成保証などの手厚い制度から多くの利用者を抱えています。

特徴

ホームプロの特徴は、まず約5,500件/月(全国)という圧倒的な案件の多さです。平均成約単価も約230万円と非常に高額で、ホームプロを通じて年間14億円もの受注を得ている企業が存在するほどです。加盟店数も1,200社と最大規模で今までの利用者数は90万人以上にも上ります。さらに加盟店審査は直近2期分の決算書、実績や財務状況など細かくチェックされ、さらに毎年の財務状況審査もあるため、「厳しい審査をクリアしホームプロに登録し続けている」ことがステータスになるというメリットもあるのです。加盟登録後も加盟会社向けのイベントなどで加盟店指導を行う手厚い姿勢が好評を得ています。

初期費用・加盟金

初期費用:25万円
年間利用料:8.5万円
紹介手数料:50万円未満は無料、50万円以上は1件500円
成約手数料:最終請負金額5万円以上(税別)6%、5万円未満(税別)は無料。
(引用元:リフォーム業向けポータルサイト・広告媒体について調査!)

運営会社の概要

会社名:株式会社ホームプロ
所在地:東京都港区芝浦3-12-7 住友不動産田町ビル
設立:2001年11月1日
資本金:3億円
ホームページ:https://www.homepro.jp/corporate/

オウチーノリフォーム

オウチーノリフォーム

引用元:http://www.o-uccino.jp/reform-mitsumori/

オウチーノリフォームは、顧客には審査を通過した加盟店を最大9社紹介しています。瑕疵保険でリフォームの保証をするサービス、口コミ制度で評価を確認できることから、顧客が安心して使えるようになっています。

特徴

オウチーノリフォームは10,000件以上のリフォーム事例を掲載しており、顧客満足度が90%以上と非常に高いのが特徴です。また、業者選びもマッチング制度だけではなく指名制度もあるので、後者では高い成約率が期待できます。加盟店数は全国に1,000を超えていますが、企業訪問、書類審査に加えてリフォームかし保険の登録事業者でなければならないという厳しい審査基準があります。さらに、口コミや実績が良ければ「安心リフォーム」パートナーに認定される制度も導入しており、企業の実力をアピールする良いツールとなっています。

初期費用・加盟金・手数料

オウチーノリフォームの加盟店の初期費用、加盟金、手数料は非公開となっています。

運営会社の概要

会社名:株式会社くふう住まい
所在地:東京都港区三田1丁目4-28 三田国際ビル
設立:2018年10月1日
資本金:90百万円
ホームページ:https://kufusumai.co.jp/

リフォームガイド

リフォームガイド

引用元:https://www.reform-guide.jp/

リフォームガイドは、現地調査日程の調整や見積もり後の断りなど細かい作業はすべてコンシェルジュが行うため、企業と顧客双方にとって負担が少なく、顧客満足度も98%と非常に高いポータルサイトです。

特徴

リフォームガイドの利用者数は現在50万人を超えています。加盟店数は非公開ですが全国規模で展開しています。最大の特徴は顧客とのアポイントはコンシェルジュが行うため応札の手間がなく、案件の内容と現調希望日を聞き、可能であればアポイントを取るというシンプルさです。そのあとはその場で直接顧客と契約し、施工完了後システムでリフォームガイドに報告するのみです。面倒な事務作業や顧客とのやり取りはなるべく抑えたいという企業様に非常におすすめのポータルサイトとなっています。

初期費用・加盟金・手数料

初期費用:無料
年間利用料:無料
成約手数料:成約した場合のみ契約金額の7%
(参考:リフォーム産業新聞

運営会社の概要

会社名:あなぶきデジタルサービス株式会社
所在地:東京都渋谷区道玄坂1丁目13番5号MST渋谷ビル2階
設立:2003年8月11日
資本金:1,500万円
ホームページ:https://anabuki-digital.co.jp/

SUUMOリフォーム

SUUMO(スーモ)リフォーム

引用元:https://suumo.jp/remodel/

SUUMOリフォームは、リクルート住まいカンパニーが運営するポータルサイトです。専属のアドバイザーによる企業の紹介や、お断り代行や現地調査のスケジュール調整などの豊富なサービスが人気を集めており、顧客満足度も91.0%という高い数値となっています。

特徴

SUUMOリフォームの最大の特徴は、住宅業界41年の巨大なプラットフォームを利用できることと言えるでしょう。また、事前に専門スタッフが顧客の意見をヒアリングするために、成約率の高い顧客のみが紹介されます。さらにその後のフィードバックまで行うために企業の今後の成約率のアップにも貢献します。実例集もサイト内に豊富に掲載しているため、顧客に自社の技術や得意分野をアピールしやすいという特徴もあります。

初期費用・加盟金・手数料

初期費用や手数料は非公開となっているので詳しくはお問合せする必要があります。

運営会社の概要

会社名:株式会社リクルート
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
設立:2012年 10月1日
資本金:3億5千万円
ホームページ:https://www.recruit.co.jp/

リフォーム評価ナビ

リフォーム評価ナビ引用元:https://www.refonavi.or.jp/
リフォーム評価ナビは、一般財団法人「住まいづくりナビセンター」が運営しています。各都道府県の建築住宅センターと連携し、公正・中立な立場で、事業者を紹介しています。

特徴

リフォーム評価ナビは、営利目的ではなく市場整備という目的で運用されているため、紹介手数料や成約量などのマージンが発生しません。登録事業者にはリフォーム瑕疵保険の事業者登録が義務付けられているのにもかかわらず、登録数は1030社以上とプラットフォームが大きいためコストパフォーマンスに優れたポータルサイトの1つです。

初期費用・加盟金・手数料

初期費用: 20,000円
年会費: 36,000円、60,000円、96,000円の3プラン
手数料:不要

運営会社の概要

会社名:一般財団法人 住まいづくりナビセンター
所在地:東京都中央区晴海1-8-12 晴海トリトンスクエア オフィスタワーZ 4階
設立:2011年1月6日
資本金:不明
ホームページ:https://www.sumanavi.info/

住宅・住まいのリフォーム隊

住宅・住まいのリフォーム隊

引用元:https://www.reformtai.jp/
リフォーム隊は企業とユーザーだけでなく、施工会社同士の繋がりも支援する掲示板のような役割のポータルサイトです。ユーザーはリフォーム箇所や地域などを選択して自分にあった会社を探すことができます。

特徴

リフォーム隊は無料で施工事例やお知らせを掲載できるので、自社HPを運用するよりもはるかに低コストで自社の技術をアピールできます。ユーザー数は公開されておらず、加盟店数も非公開です。ユーザー側が自分で会社を探し、応募しなければ案件は発生しないため、リフォーム隊はメインの集客ツールとして利用するのではなく、サブ的な役割で取り入れるのに適したポータルサイトと言えるでしょう。

初期費用・加盟金・手数料

初期費用: 無料
加盟金: 無料
手数料:無料

運営会社の概要

会社名:株式会社スムーズ
所在地:東京都目黒区下目黒2-22-17
設立:2005年6月
資本金:不明
ホームページ:https://www.smooth-corp.jp/company/

リショップナビ

リショップナビ

引用元:https://rehome-navi.com/
リショップナビは株式会社じげんが運営するポータルサイトです。知名度が高く、加盟店数4,000件以上、サイト利用者数月間120万人、見積もり依頼件数は月に12,000以上にも上る国内最大規模のポータルサイトです。

特徴

リショップナビはカスタマーサポートが問い合わせのあったユーザーに希望や予算や地域をヒアリングしたうえで紹介するので、検討確度の高いユーザーと効率的な商談ができるのが特徴です。こちらから動かなくても希望を伝えれば自動的に希望の案件を希望の件数で紹介してくれるシステムなので、事務作業を軽減したいという企業にもおすすめのサイトです。

初期費用・加盟金・手数料

初期費用: 不明
加盟金: 30万円
手数料:不明
(参考:リフォーム産業新聞

運営会社の概要

会社名:株式会社じげん
所在地:東京都港区虎ノ門3-4-8
設立:2006年6月1日
資本金:125百万円(2023年3月31日時点)
ホームページ:https://zigexn.co.jp/

登録するポータルサイトの選び方

紹介してきたように、リフォーム業界には多種多様なポータルサイトがあるため、どうやって登録するポータルサイトを選べばいいのか分からないという方もいるでしょう。ポータルサイトを選ぶ時のポイントとなるのは以下の3つです。

  • 掲載料金から選ぶ
  • サービス内容から選ぶ
  • 口コミ・評判から選ぶ

それぞれについて具体的に紹介します。

掲載料金から選ぶ

まず、サイトへの掲載料金を必ずチェックしましょう。掲載料金だけではなく、初回登録費や年会費がかかるケースもあります。また、これらが無料でも成約手数料や紹介手数料が都度かかるケースもあるので必ずチェックしてください。せっかく新規顧客を獲得しても、ポータルサイトへ支払う料金で利益が薄くなってしまえば本末転倒です。自社の経営状況を考え、ポータルサイトに登録するための費用を支払ってもそれを上回る効果が得られるかどうか、よく考えたうえでサイトを選びましょう。

サービス内容から選ぶ

料金だけではなく、サービス内容にもこだわりましょう。コンシェルジュがヒアリングや日程調整したうえで案件を紹介してくれるもの、現地調査済み案件だけ紹介してくれるものなどポータルサイトごとにサービスは異なります。自社の求めるサービスを見極め、ニーズに合ったあったものを選ぶことが大切です。また、自社との相性だけではなく顧客への対応が丁寧であるかも重要なポイントです。アフターサービスや保証が充実しているかなども、顧客目線でしっかりチェックしましょう。

口コミ・評判から選ぶ

ポータルサイトのユーザーからの口コミや評判も必ずチェックしてください。ユーザーから評価が低いポータルサイトは、利用者離れが起こるリスクが高いため、加盟・掲載しても集客につながらないリスクが考えられます。それだけではなく、悪評高いポータルサイトに登録していることで自社のブランド価値を下げてしまうケースもあるのです。「〇〇 口コミ」などポータルサイトの評判を事前にチェックして、体制やシステムに問題がないかどうかをしっかり見極めてください。

業者がリフォームポータルサイトを利用するメリット

ポータルサイトは集客の導線を確立できるだけではなく、見込み客の獲得もできるためやみくもに営業をかけるよりも効率的な集客が期待できます。実際にポータルサイトに登録して工事単価が上がった、集客数が格段に伸びたという業者の声は非常に多く耳にします。以下、ポータルサイトによる新規顧客獲得のメリットについて深堀りして紹介します。

新規顧客獲得につながる

ポータルサイトを利用する最大のメリットの1つには、マーケティングの知識がなくても登録するだけで集客できることが挙げられます。ホームページやブログは、SEOやMEOの施策、市場調査、定期的な更新と効果の検証など、効果的に運用するためには専門的な知識に基づいた運用が必要になります。
しかしポータルサイトは審査に合格して登録さえすれば、サイト側が管理になり、集客のルートが確立できます。コストは発生しますが、チラシの印刷費や広告費に換算するとコストパフォーマンスが高い集客方法と言えます。
見込み客が獲得できることも、ポータルサイトを利用するメリットの1つです。ポータルサイトはリフォームを検討している潜在的なニーズが高い層のみが利用しています。見込み客の分からないマス向けの営業は、成功率は極めて低いことで知られています。例えばチラシの反響率は0.01〜0.3%しかありません。しかし、ポータルサイトに登録すればリフォーム業者はニーズを抱える見込み客を獲得でき、精度の高いアプローチができるようになります。

業者がリフォームポータルサイトを利用するデメリット

ポータルサイトにはメリットだけではなくデメリットも存在します。
双方をしっかりと理解したうえで、自社にとって利益の大きい集客方法か否かを判断してから登録するようにしましょう。

価格競争が発生するリスクがある

ポータルサイトに登録すると、競合との間に低価格競争が発生する可能性があります。顧客は複数社に見積もりを出した中から業者を選択しますが、価格は非常に大きな判断基準です。そのため、競合に勝つためにサービスの価格を下げる業者が出てくるのです。そうなると周りも価格を下げて対抗してくるために、結果として相場全体の価格が下がり、せっかく案件を受注できたとしても自社にとって利益が少ない薄利の工事となるリスクがあります。

マージンを取られる

ポータルサイトの利用には登録料や年会費などのマージンが発生します。例えば、ホームプロで100万円のリフォーム工事を行った場合、6万円の成約手数料と500円の紹介手数料、計65,000円をサイト側に支払わなければなりません。このマージンを考慮せず低価格を設定すると、利益が全くでないことも考えられるので注意してください。
先述したように登録料や年会費のみで運営しているポータルサイトもあるので、マージンが惜しいという方はそちらを利用することをお勧めします。

悪徳サイトの可能性がある

ポータルサイトが悪徳サイトであるというリスクも考えなければなりません。先ほど紹介したポータルサイトは、実績がある信頼できるサイトですが、中には悪徳サイト化しているポータルサイトも見受けられます。例えば、ユーザーの誘因のため虚偽の宣伝をする、掲示された保証を行わないなどがよく見受けられるケースです。ポータルサイトに問題があると、登録している自社の信頼を損なうことになります。手数料が安い、登録費が安いなどでポータルサイトを決めず、優良なサイトであるかしっかり見極めなければなりません。

【まとめ】自社にあったポータルサイトを活用して集客に役立てよう

登録すれば、自社の認知拡大、集客ルートの確立につながることは間違いないでしょう。しかし、ポータルサイトには運営母体、報酬の形態などがそれぞれ異なるために、自社にとって無理のないマージンを設定している業者を選ぶ必要があります。

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!
ツクノビセールス_建築建設業界特化の営業代行
詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!