工事見積書の諸経費とは?内訳や説明するときのポイントなどを解説

"諸経費とは 見積書 諸経費"

見積書には諸経費が必ず示されていますが、

  • 諸経費とは具体的にどんなものなのか分からない
  • 諸経費の内訳を知りたい
  • 施主に見積書の諸経費について説明するとき、どう説明したらいいか分からない

という方もいらっしゃると思います。そこでこの記事では、工事見積書の諸経費とはどんなもののことをいうのかや、諸経費の内訳、施主に見積書の諸経費を説明するときのポイントなどについて詳しく説明していきます。

工事見積書における諸経費とは

まず最初にここでは、

  • そもそも諸経費とは何か
  • 諸経費に含まれる項目
  • 見積書へ諸経費を書きこむ主な業種

について解説していきます。

諸経費とは

工事見積書の諸経費とは、会社経営のために必要不可欠な費用のことです。工事見積書の諸経費には、人件費や通信費、移動費などの工事と直接関係のないものも含みます。
諸経費の割合は会社によって違いますが、一般的には工事と直接関係する費用の5〜10%が相場です。会社の規模の大きさによって諸経費の割合が変わることも多く、規模が大きくなると諸経費の割合も高くなる傾向があります。

諸経費に含まれる項目

先ほど見積書における諸経費とは何かについて説明しましたが、具体的にはどんな費用が諸経費に含まれるのでしょうか。
工事見積書の諸経費に含まれる主な項目は、以下の通りです。

  • 労務管理費
  • 保険料
  • 福利厚生費
  • ガソリン代
  • 移動費
  • 作業車両の償却費
  • 写真代
  • 帳票代
  • 人件費
  • 通信費
  • 近隣対策
  • 事務所家賃
  • 光熱費
  • 機材損料
  • 広告宣伝費
  • 交際費
  • 雑費

見積書へ諸経費を書きこむ主な業種

見積書へ諸経費を記載する主な業種は

建設業
不動産業
自動車業

です。建設業の諸経費には、ガソリン費・事務用品費・労務管理費・事務所の家賃などが含まれます。
また、不動産業の諸経費には、仲介手数料・住宅ローン手数料・登記費用・司法書士への報酬・火災保険料などが含まれます。そして、自動車業の諸経費には、車庫証明費用・検査登録費用・希望ナンバープレート代などが含まれます。

諸経費の内訳

見積書における諸経費の項目は、「現場経費」と「一般管理費」に分かれています。ここでは、「現場経費」と「一般管理費」の内訳をそれぞれ詳しく解説していきます。

現場経費

現場経費は、工事が完了するまでに必要となる費用のことです。以下のようなものが現場経費に該当します。

労務管理費 作業着のクリーニングにかかる費用、打ち合わせの際に使う費用など
保険料 労災保険、火災保険、工事保険など
補償費 工事の際に発生する騒音によるトラブルが起きたときに支払われる費用
施工図作成費 施工図を外注した際にかかる費用

 

一般管理費

一般管理費とは、会社の経営や管理のために必要となる経費のことをいい、具体的には以下のようなものが一般管理費に該当します。

広告宣伝費 チラシやホームページ制作費など
福利厚生費 従業員の慰安や娯楽にかかる費用
事務用品費 会社の備品や参考図書などの費用
動力用水光熱費 事務所の電気・ガス・水道代
雑費 打ち合わせの際にかかる費用

工事における一般管理費については、こちらの記事でも解説しています。ぜひこちらもご確認ください。
一般管理費とは 工事工事における一般管理費とは?現場管理費との違いも解説

工事費や諸費用との違い

工事費や諸費用は、諸経費と混同されることがありますが、厳密に言うと意味合いが異なります。
まず、諸経費は工事を行うときにかかった費用のうち、工事費を除いた費用のことをいいます。

つまり、諸経費と工事費は別のものであり、諸経費と工事費を合わせた金額が見積金額となるのです。また、諸費用という言葉は諸経費とよく似ていますが、諸費用は住宅ローンや引越しにかかる費用のことをいうのに対して、諸経費は直接工事に関わる費用のことをいいます。つまり、諸費用と諸経費は厳密には異なるものなのです。

見積書への書き方

ここでは、見積書への書き方を、「諸経費の内訳を書くケース」と「諸経費の内訳を書かないケース」に分けて解説していきます。

見積書への書き方

諸経費の見積書への書き方は企業ごとに異なるので、明確に決まっているものではありません。以下のように内訳を記載すると、どんなものにいくらかかっているのかが一目でわかるので、顧客も理解してくれて、顧客からの信頼も得られるでしょう。

名称 摘要 金額
諸経費
人件費
保険料
建設資材費
税金
手数料
その他
小計

 

諸経費の内訳を書かない場合

先ほど諸経費の内訳を書く場合の見積書の書き方を紹介しましたが、見積書に諸経費の内訳を書くことはどちらかというと少ないです。
一般的には諸経費の内訳は記載せず、「諸経費一式 ○○円」などのように、総額だけを記載することが多いです。顧客は諸経費の詳細を把握できないので、諸経費の内訳について疑問を持つこともあるでしょう。顧客から質問されたときに答えられないと顧客から不信感を持たれてしまう可能性もあります。そのため、諸経費の内訳を書かない際にも、諸経費の詳細を把握しておくことが必要です。

諸経費の相場

ここでは、以下のことについて説明していきます。

  • 諸経費の目安
  • 諸経費に幅がある理由
  • 諸経費の安い会社がいい会社なわけではない

目安

前述のとおり、諸経費の目安は工事全体の5〜10%です。例えば、200万円の工事の場合、諸経費の相場は10〜20万円となります。しかし、諸経費には幅があり、諸経費を20〜30%程に設定している企業もあります。そのため、施主に見積書を見せたときに諸経費率に疑問を持たれることもあるでしょう。施主との信頼関係を築くためにも諸経費の内容を明確に把握し、諸経費の根拠を示せるようにすることが必要です。

諸経費に幅がある理由

諸経費に幅がある理由は、以下のとおりです。

  • 運営方法により異なる
  • 見積もり形式により異なる
  • 現場の規模や工期により異なる
  • 地域性により異なる

運営方法により異なる

それぞれの企業によって運営方法に違いがあることは、諸経費に幅がある理由の1つです。現場監督などの人数は、同じ規模・同じ種類の工事だったとしても企業によって異なります。なので、その人数によって諸経費は変わってきます。また、工事保険に関しても年間契約か現場単位での加入かによって金額が異なるので、諸経費も異なるのです。

見積もり形式により異なる

見積もり形式が異なることも、諸経費に幅がある原因となります。前述のとおり、諸経費に含まれる項目にはある程度決まりがありますが、見積もり形式は会社によって異なるケースがあるのです。
例えば、工事に使用する建材や運搬費を工事費に入れる会社もあれば、諸経費に入れる会社もあるでしょう。すると、全体での見積もり金額は同じになりますが、諸経費の割合には差が出てきます。

現場の規模や工期により異なる

直接的には工事に関与しないスタッフの人件費も諸経費に含まれるため、現場の規模や工期の長さによっても諸経費が大きく変化します。現場の規模が大きいと、関わるスタッフの人数も多くなるので諸経費の割合も大きくなります。また、現場の規模が大きくなればなるほど工期も長くなるので、その分人件費も高くなり、諸経費が膨らむ傾向にあります。

地域性により異なる

諸経費は、地域性によって変化することもあります。例えば、現場が都市部のときは地方よりも地代家賃が高いので、諸経費に差が出てしまうのです。また、駐車料金も地域性によって異なります。都市部は地方よりも駐車料金が高いので、工期が同じだった場合でも諸経費が膨らみます。そのため、都心に位置する会社と地方に位置する会社では、諸経費に差が生まれるでしょう。

諸経費の安い会社がいい会社なわけではない

諸経費が安い方がいい会社だと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうとも限りません。現場経費は現場の安全性を守り、スムーズに工事を進めるために必要不可欠な費用なので、安く設定しすぎるとトラブルが起きる可能性も高くなってしまいます。また、一般管理費も会社の経営や管理のために必要不可欠な費用です。そのため、一般管理費が安すぎると会社を存続させるのが難しくなったり、メンテナンスや保証を受けられなくなったりするかもしれません。
重要なことは諸経費を安くすることではなく、諸経費の必要性について施主に納得してもらうことです。

施主への説明ポイント

前述のとおり、施主に諸経費の必要性について理解してもらうことは非常に大切です。施主は、「工事をする際にかかる費用は工事に使用する材料だけ」と考えている場合もあります。そのため、「工事を安全に、そしてスムーズに進めるためには諸経費が必要不可欠である」ということを施主に伝えると良いでしょう。また、施主から見積書の諸経費の内容について聞かれたときには、できる限り細かく内容を説明して理解してもらえるようにしましょう。

【建設業】請求書は手書きがいいの?記載すべき項目や送付方法をご紹介!

土木工事における諸経費とは?内訳や相場などの書き方も解説!

【まとめ】工事見積書の諸経費は必要!内容を理解して丁寧に説明しよう

この記事では、工事見積書における諸経費の概要や内訳、見積書の諸経費について施主に説明するときのポイントなどについてお伝えしてきました。工事見積書の諸経費は必要不可欠なものであるということが分かっていただけたと思います。諸経費の内容について施主に納得してもらうことが重要なので、諸経費の内容をしっかりと理解し、丁寧に説明するようにしましょう。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!