建設業のIoTとは?重視される理由や導入メリットなどを解説

建設業 IOT

近年、様々な業界で人手不足や人件費高騰、労働環境などが問題になっていま。なかでも、建築業界は「きつい・汚い・危険」というイメージがあり、なかなか若い人材が集まりません。

また、建築業界を長い間、支えてきた熟年層のベテラン作業員も年々減少しています。異業種への転職を希望する若手社員や熟年職人の引退や退職により、人手不足が原因で労災も発生しやすくなっているのが現状です。

さらに、円安の影響を受け資材が高騰しているため、不要な資材の仕入をしないようにコスト管理も課題となっています。

このような課題を解消するため、IoTが注目されています。建築業のIoTとはなんでしょうか。なぜ、IoTが重視されているのでしょうか。本記事では、建築業のIoTとはなにか、なぜ、IoTが重視されているのかを解説していきます。

建設業のIoTとは

IoTとは「インターネット・オブ・シングス」の略語です。つまり、今までインターネットに繋がっていなかったものをネットに接続してデーター収集や情報処理を行います。建築業での「もの」とは重機や機材、資材などを指します。

「もの」をインターネットに接続して温度や湿度、位置情報などをデータ化して集約することで、現場監督者や作業員に共有され、作業効率をアップすることで生産性を向上していく狙いがあります。

建設業でIoTが重視される理由

最近の建築業界では、作業員の人件費高騰で悩んでいる企業が多くなっています。会社の固定費が上がれば、会社の利益も下がり会社の存続も厳しくなります。少ない人手でも建築がスムーズにいくような仕組みのためにIoTが重視されるようになっています。

建設業界が抱えている悩みは、人手不足や人件費の高騰、そして労災などの事故です。建設業では高齢化による人手不足が深刻化しているなか、新人の教育や育成が進まず、労災問題や人件費高騰など、建設業が抱えている3つの課題を下記で解説していきます。

人手不足が深刻化している

日本全体的な問題である少子高齢化は、建築業でも若手社員確保が難しくなっている原因でもありますが、建築業は「きつい・汚い・危険」というイメージが若者に定着しているため、敬遠されています。

これまで建設業で活躍してきたベテラン作業員が、十数年後に引退してしまうことも予想されるので、今後さらに人手不足が深刻化していきます。

また、厚生労働省の統計によると1997年は、建設業の就業者数は685万人に対して、現代では500万人程度にとどまっているため、今後新しい働き手を確保するのは困難です。

人件費が高騰している

近年の建築業界を悩ませている、1つとして挙げられるのが建設コストの高騰です。若者不足や人手不足によって、人手を確保するためには給与のベースアップや資格手当の手厚い支給が必要になっています。

労災が発生している

建築現場は労災が発生しやすい環境といわれています。突然、足場や建物が崩れるなどといったことで、ケガや死亡事故が多い業界です。一般社団法人全国建設業労災互助会の労災報告では、2020年の労災による死亡事故が、14,997人と建築業界が最も多かったことが明らかになっています。

建設現場では、高所作業をするときはハーネス着用が義務付けられているため、年々死亡事故は減少しています。

しかし、建物の倒壊や落下物によるケガ、高温場所での長時間労働による体調不良など日常生活にはない危険が潜んでいるので、危険を回避するシステム導入が今後の課題です。

建設業でIoTを導入するメリット

ここまでは、建設業界が、現在抱えている問題について述べました。人件費高騰や労災問題、人手不足などの問題解決は一人、ひとりの力では、解決は困難になってしまった現代においてIoTの技術を導入しなければ、生き残れない時代となりました。

下記では、建築業でIoTを導入するメリットについて6つご紹介していきます。

  • 安全性を向上できる
  • 労働時間を削減できる
  • コストを削減できる
  • 品質管理を省力化できる
  • 技術を伝承できる

安全性を向上できる

若者が建築業界へ入らない原因の一つに「危険、安全ではない」という理由があげられます。安全管理も人の手で行うより、IoTを導入して安全性を管理したほうが効果的です。

例えば、作業員のヘルメットにセンサーをつけると、作業員の体温や脈拍などで健康状態が把握できたり、危険や異常を検知できたりと周囲に異変を伝えることで事故を未然に防ぐことができる可能性が高くなります。最近では、腕や衣服に装着するIoT機器のウェアラブルデバイスも注目されています。

労働時間を削減できる

建設現場を効率よく安全に運用することは、現場監督者や主任の仕事です。しかし、すべての建設現場や工事箇所を視察にいくことは、かなりの労働コストになり、最近では働き方改革でさらに労働時間短縮が求められています。

そこで、IoTを導入すると今まで人が見にいくことが難しかった、高所場所や遠方の建設現場などをドローンやタブレット端末で現場を確認することができます。例えば、ドローンにカメラを搭載して高所場所を点検したり、遠方の建設現場からネットワークを通じて現場の状態を確認できます。

また、IoTを導入するとスケジュールやシフトが一括管理できるので、近年の働き方改革にも貢献できます。スケジュール調整やシフト確認などが一目でわかれば、どの時間に人を配置すれば効率的に現場がまわるのか、どこの場所が人手不足なのかが管理できるので、現場で働く社員の不満や不安を解消できます。

おすすめのシステムは「現場一番」

現場一番は様々な機能が使える施工管理ソフトです。現場一番の現場カメラを使えば現場の情報が遠隔からでも把握できます。また、誰がどの現場に入っているのか確認できる機能もあります。データ容量、アカウント数無制限なため、規模の大きな現場でも安心して使うことができます。無料トライアルがあるのも大きなメリットです。

現場一番の詳しい料金プランなどはこちらから

\ 今すぐ無料ダウンロード /
資料ダウンロード

コストを削減できる

IoTを活用すると、まず労働コストが削減できます。人の手で管理するよりも、効率的に人員の削減につながります。建築作業に必要な図面や測量データなどをタブレット端末やパソコンで管理できたり、建設現場の監視や事務作業が簡単になったりすることで、現場スケジュールの管理がスムーズにいくため適切に人員の配置が可能です。

資材のコストを削減できる

IoTは労働コストだけではなく、ペーパーレスにつながります。パソコンやタブレット端末でデータ管理をするため、わざわざ紙ベースで仕事をする必要がなくなり、時間も印刷用紙の節約になります紙を買わなくてよくなるため、コスト削減につながります。

IoTを導入することで、建設現場の在庫管理や現場で使う資材をどれくらい使うのかを正確に把握できるため、不要な資材の購入を防げます。

品質管理を省力化できる

IoTはを導入すると品質管理を省力化できます。タブレット端末やパソコンで建設現場進行状況や必要な資材、連絡事項の共有ができるため、作業管理・労働管理・在庫管理・原価管理が自動化できることで品質管理の省力化が可能です。

技術を伝承できる

ここでご紹介するメリットは、IoTを用いて熟年職人の技術を伝承できることです。建築業界も熟年職人の技術を後世に、伝えることは難しく感じるでしょう。しかし、IoTを導入すると難しい技術や知識の共有ができます。

具体的に述べると、熟年職人の動きをバーチャル化して、実際にトレーニングをすることで、熟年職人の技術を獲得することができます。何回も映像で復習できるので反復練習しやすい環境になるところが、技術の学習ができる魅力です。VRを活用することで効率よく熟年職人の動きを疑似体験できるため、リアルな研修を行えます。

建設業のIoTの今後と活用例

IoTの活用例では、WHERE社の「デジタルツイン」です。現状の出来事をデジタル空間で実現する技術を提供しています。建設現場向けのIoTサービスでは、トンネル工事における安全管理を提供しています。

実用例としては、トンネル工事現場での作業は暗いので、安全に作業をするために、車両が来たらパトランプを点灯させて注意喚起したり、機関車や重機が現場に入ってきたらライト式の標識で誘導したりと安全管理が実現しています。

建設業のIoT化は今後も拡大傾向にある

IoTは世界中の建築業界でも着々と導入が進んでいます。建築現場におけるIoTの市場予想では、当日の2019年建設業界のIoT市場規模は、米ドルで78億ドルです。世界中の建築現場で作業効率や生産性、安全性の向上が求められています。

2019年から2024年までには16.5%市場に拡大していく見込みで、2024年には168ドルに達すると予想されています。効率的に仕事がしたいと感じているのは、日本だけではなく海外も同じです。IoTは今後も需要が期待されています。

参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000179.000067400.html

建設業のIoTの活用例

近年の働き方改革や人手不足による過酷な労働環境を改善するため、建設業界は積極的にIoTの導入を進めています。労働環境の改善にIoTを導入している活用例の1つにIoTで現場作業や出勤時間をリアルタイムで把握していることです。効率的に人員配置ができるので、残業時間の無駄を省くことができているため「現場作業員の作業を見える化」で従業員の負担軽減に貢献しています。

また、建物が完成してからのIoT活用例もあります。主な活用例は、マンションの管理ができることです。例えば、マンションの建設時に地震計測センサーを取付れば、インターネットでパソコンに地震情報をリンクさせれば、地震発生直後の建物の安全性を把握することができるので、効果的な建物の安全診断ができます。

建築業でIT化をすすめるメリットとは?おすすめのツールやIT導入促進対策も紹介

位置情報システムの建設現場で活躍するおすすめ!位置情報システムの建設現場で活躍するおすすめ3選!機能や導入効果も紹介!

【まとめ】建設業のIoTに取り組み労働生産性を向上させよう!

この記事では、建築業界でのIoTを導入すると「どんなメリットがあるのか」や「労働環境の改善が、どこまでできるのか」を解説してきました。近年の社会情勢は厳しく、思うような人材確保や教育ができないといった課題はIoTを導入することで、大きく改善できるという希望が持てたのではないでしょうか。ぜひIoT導入の参考にしてください。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!