建設SaaSとは?建設業界で求められている理由や選び方を解説

建設 saas

建設業界では、長時間労働や人材不足といった様々な課題があります。これらの課題解決のため、建設SaaSの導入が進んでいます。しかし、SaaSといっても様々なサービスがあるため、自社に合ったサービスを選ぶ必要があります。この記事では、建設SaaSの概要や建設業界で求められている理由、選び方のポイントについて解説します。ぜひ参考にしてください。

建設SaaSとは

建設SaaSとは、建設業に特化したクラウド型のソフトウェアサービスです。インターネットを通じて利用するため、複数人での同時編集や場所を問わずに利用でき、データをクラウド上に保管できるといった特徴があります。建設SaaSは、建設業の業務プロセスとの連携を実現し、業務効率化に役立ちます。

建設SaaSが建設業界で求められている理由

建設SaaSが注目を集めている理由は、建設業界が抱える課題を解決できる可能性があるためです。ここでは、建設SaaSによって解決が期待できる課題について説明します。

人材不足を解決できる

建設業界は、他の業界と比較しても少子高齢化が深刻で、特に29歳以下の人材が少なく、55歳以上の人材が多い状況です。高齢の労働者が退職すれば、さらに人員不足が深刻化する恐れがあります。建設SaaSを活用して業務の効率化や働き方改革を実現できれば、建設業のイメージアップにもつながり、若手人材の確保や定着率の向上が期待できるでしょう。

技術継承の難しさを解消できる

建設業界では、職人の技術やノウハウは属人化していることが多いです。そのため、マニュアル化されていないことが多く、若手への技術継承が難しくなっています。

その結果、若手の離職率も高くなっているのです。建設SaaSを導入すれば、ベテラン職人の技術やノウハウをデジタルデータ化して共有・蓄積ができるため、若手への効率的な技術継承が可能となります。

長時間労働を解消できる

建設業界では、2024年4月から「時間外労働の上限規制」が開始されており、働き方改革が急務となっています。建設SaaSを活用すれば、現場作業とデスクワークの混在や紙の書類のやり取りといった非効率な業務を改善できます。業務の効率化とともに、長時間労働の解消も期待できるでしょう。

建設SaaSを導入するメリット

建設SaaSの導入によって、建設業の業務効率化や生産性向上が期待できます。ここでは、建設SaaSのメリットを具体的に説明します。

低コストで導入できる

従来のオンプレミス型システムは、専用サーバーの構築や保守に多額のコストがかかります。しかし、建設SaaSはクラウドを利用するため、そうしたコストを大幅に抑えられます。初期費用が0円のサービスも多く、月額課金制のため使った分だけの料金となるため、コストを適正に管理しやすいのがメリットです。

様々な書類をデータ化できる

設計図や施工図、写真、報告書といった建設業務で扱う様々な書類をデジタルデータ化し、一元管理できるようになります。必要な情報をすぐに検索・共有できるため、業務を大幅に効率化できます。また、ペーパーレス化によって紙の使用量や保管スペースも削減でき、コスト面でもメリットがあります。

データ分析による革新的な経営ができる

建設SaaSで一元管理されたデータを分析することで、工事の進捗管理や原価管理、リスク管理などに役立てることができます。AIで解析すれば、これまで見落としていた課題を発見できたり、需要を予測して戦略的な経営判断を下したりすることも可能です。建設SaaSは、データ駆動型の革新的な経営を後押しするツールであると言えるでしょう。

トラブル対応の手間を削減できる

建設SaaSでは、サービス提供元が定期的なメンテナンスやセキュリティ対策、バージョンアップなどを行ってくれます。操作方法がわからない場合も、マニュアルの提供や問い合わせ対応など手厚いサポートが受けられます。自社でシステムを一から構築・運用する場合に比べ、トラブル対応の手間を大幅に削減できます。

情報管理を漏れなく行える

建設SaaSを利用することで、プロジェクトに関わる多くの関係者の間での情報共有がスムーズになります。必要な情報をタイムリーに共有できるだけでなく、重要情報へのアクセス制御など、セキュリティ面の管理も徹底できます。情報漏洩リスクを防ぎつつ、情報管理業務の属人化も避けられ、内部統制の強化にもつながります。

建設SaaSの選び方

数多くある建設SaaSの中から、自社に最適なサービスを選ぶためのポイントを紹介します。

導入目的から選ぶ

建設SaaSにはそれぞれ特徴があり、提供される機能は様々です。工事写真の管理に特化したサービスもあれば、書類全般の電子化・ワークフロー管理ができる総合的なサービスもあります。まずは自社の目的や課題を整理し、それを解決するのに適した機能を備えるサービスを選びましょう。

料金プランから選ぶ

建設SaaSの料金プランは、サービスによって様々です。無料プランのみのサービスもあれば、初期費用無料で月額課金制のサービス、データ量に応じた変動制のサービスなどがあります。社員数やプロジェクト数、利用者数に応じて、費用対効果の高いプランを提供しているサービスを選ぶことが重要です。

サポート体制・セキュリティ対策から選ぶ

SaaS提供会社の手厚いサポートは、円滑な導入・運用に欠かせません。導入前の相談から、導入後の問い合わせ対応、トラブル時の復旧サポートまで、手厚いサポート体制のあるサービスを選びましょう。また、クラウドにデータを預けるため、暗号化やアクセス制御、第三者認証の取得状況など、セキュリティ対策がしっかりしているかもチェックすべきポイントです。

操作性から選ぶ

建設SaaSは、現場の職人からベテランの管理職まで、様々な立場の人が使うことになります。PCだけでなくスマートフォンやタブレットにも対応しているサービスであれば、導入後のスムーズな運用が期待できます。実際に操作してみるデモンストレーションの機会があれば、ぜひ体験してみましょう。

データ容量から選ぶ

工事写真や図面など、建設業では大容量のデータを扱うことが多いため、建設SaaSのデータ容量もチェックすべきポイントです。現在必要な容量だけでなく、将来の利用拡大も見据えて、容量の上限が高めのサービスや容量オーバー時の課金体系が明確なサービスを選ぶと安心です。

おすすめの建設SaaSは「アイピア」

アイピアは建設業向けの業務管理システムです。原価管理はもちろん請求書作成や見積もりなど、現場で使える機能が豊富にそろっています。現場から経理事務、営業、経営とあらゆる業務がこれ1つのシステムで完結し、情報共有できます。 クラウド型なのでネット環境さえあればスマホでもPCでもどんな端末からでも利用可能です。

アイピアの料金や詳細についてはこちらから

\ 今すぐ無料ダウンロード /
資料ダウンロード

経営審査事項 点数経営事項審査の点数とは?点数の目安や点数をアップさせるコツをご紹介!

完成工事高完成工事高とは?他の勘定科目との関係や計上基準・用途などを解説

【まとめ】建設SaaSは業務効率化できるサービス!自社の課題を解決できるものを導入しよう

建設SaaSは、建設業界特有の課題を解決し、業務効率化・生産性向上を実現するためのクラウドサービスです。長時間労働の改善や人材不足の解消、ノウハウの継承など、建設業が抱える課題解決の有力なツールとして期待されています。低コストで導入でき、ペーパーレス化やデータ活用、リモートワークなど、働き方改革を後押しする様々なメリットがあります。

建設SaaSの選定では、自社の課題や目的に合ったサービスを選ぶことが重要です。料金体系やサポート、セキュリティ、操作性など、様々な角度からサービスを比較検討し、自社にマッチしたサービスを導入しましょう。

建設SaaSをうまく活用することで、業務の効率化と生産性の向上を実現し、他社との差別化を図ることができるはずです。建設業のDXを推進するためにも、建設SaaSの導入を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!