位置情報システムの建設現場で活躍するおすすめ3選!機能や導入効果も紹介!

位置情報システム 建設

近年では位置情報システムの発達によって屋内、屋外を問わず人や物の位置をリアルタイムで追跡できるようになり、ビジネスシーンでの活用も増えています。
そこで今回は位置情報システムの導入を検討されている方に向けて位置情報システムの機能や導入効果、おすすめのソフトについてご紹介します。

位置情報システムとは?

位置情報システムは電子機器の通信から人や物の位置を測位するシステムです。一口に位置情報システムと言っても

  • GPS
  • 基地局通信
  • Wi-Fi

など、利用する通信システムによって測定できる範囲がそれぞれ異なります。
GPSや基地局間の通信を利用したものであれば、屋外での位置情報をトラッキングすることで物流などをスムーズにコントロールできます。またWi-Fi等を利用した位置情報システムは、社内やオフィスといった比較的狭い空間での位置把握に長けています。

位置情報システムの主な機能

続いて位置情報システムの主な機能をご紹介します。
位置情報システムは屋内、屋外を問わず活用することができるため、フリーアドレスを採用している会社での従業員や、屋外で作業中の従業員や作業車の位置を把握することができます。主な機能は以下の2つです。

従業員の位置情報を把握できる

位置情報システムの主な機能の1つに従業員の位置情報の把握があります。近年ではフリーアドレスのオフィスを採用している会社も多く見られるため、オフィス内での社員の位置把握に位置情報システムが活用されるケースがあります。また工場や倉庫などの現場作業においても、生産性向上を目的として従業員の動線把握に位置情報システムが用いられています。

作業車の利用状況を把握できる

位置情報システムを活用することで作業車の位置や利用状況を把握することができます。とりわけ宅配や長距離運送などに際してGPSを利用したトラッキングを活用して、作業車の位置情報をリアルタイムで把握可能です。

位置情報システムの建設現場で活躍するおすすめ3選!

それでは続いて建設現場で活躍する具体的な位置情報システムをご紹介します。屋内、屋外で活用できるもの、人だけではなく作業車をトラッキングできるものなど様々な位置情報システムをご紹介します。

位置プラス

位置プラス

引用元:takenaka.co.jp

価格:問い合わせ
位置プラスは竹中工務店が株式会社朝日興産を窓口として提供している位置情報システムです。とりわけ人手不足が深刻な問題となっている建設現場、建設業界において業務効率の改善に貢献する位置情報システムです。
位置プラスシリーズは

  • 位置プラス®探
  • 高車予約
  • 位置プラス®進捗

という3つのアプリが展開されており、作業員の位置把握や高所作業車の配車等をスムーズに行うことができます。

IoT for 建設 屋内位置情報サービス

IoT for 建設 屋内位置情報サービス

引用元:zyyx.jp

価格:問い合わせ
IoT for 建設 屋内位置情報サービスは作業機械の位置情報把握に長けた位置情報システムです。ビーコン端末を工場内などに設置することによって、作業機械に取り付けられたビーコンタグの位置情報をスマートデバイスやPC上で確認することができます。

GeoMation

GeoMation

引用元:hitachi-solutions.co.jp

価格:問い合わせ
GeoMation屋内位置把握ソリューションは屋内での位置情報把握に特化したシステムです。GPSを活用することが難しいトンネル等の建設現場での従業員の位置把握にGeoMationは最適なシステムです。特別な工事が必要なく、自動でネットワークを構築してくれるためシステムを導入しやすい点もメリットです。

iField

iField

引用元:ifieldcloud.jp

価格:問い合わせ
iFieldは屋内、屋外を問わず位置情報を活用し企業のDX化を支援する位置情報システムです。屋内や屋外の人とモノの所在管理だけではなく、移動や滞在履歴を定量化、データ化することによって業務効率を改善することができます。

位置情報システムの選び方

続いて位置情報システムの選び方をご紹介します。位置情報システムは自社がどのような場面で位置情報を活用したいかを考慮して選ぶことが重要です。

利用シーンで選ぶ

建設現場における位置情報システムの活用と一口に言っても、作業現場がGPSを利用しにくい閉所か屋外か、位置を把握したい対象が人なのかモノなのかによって最適なツールが異なります。自社がシステムを利用したいシーンを明確にして位置情報システムを選びましょう。

機能で選ぶ

位置情報システムを選ぶ際には使用する目的に沿った機能を備えているかどうか、機能が費用に見合っているかどうかを確認しましょう。
例えばオフィス向けの位置情報システムを検討している際に、屋外の物流や移動のトラッキングに特化したシステムを選んでしまっては意味がありません。また位置情報システムは利用人数ごとに月額料金が変動する場合があります。
従業員の人数を踏まえて最適なプランを選択することも重要です。

位置情報システムを建設現場へ導入した時のメリット・効果

続いて位置情報システムを建設現場に導入した際に得られるメリットをご紹介します。
建設現場において位置情報システムを導入する最大のメリットは業務の効率化です。
従業員の動態を位置情報システムを活用して把握できれば、作業終了後の報告作業などを簡略化することができます。また位置情報を把握することで、作業の進行状況に応じて人員や作業機械を適切な場所に配置することもできるのです。

【まとめ】自社に合った位置情報システムを使って業務の効率化をはかろう

今回は建設現場における位置情報システムの活用について、導入の効果やおすすめの位置情報システムをご紹介しました。位置情報システムは従業員や作業者の位置情報をトラッキングすることで作業効率を大幅に高めることができるツールです。ぜひ今回の記事を参考にして自社に合った位置情報システムを選んでみてください。

 

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!