大工の営業方法5つを紹介!良い仕事をもらうポイントなども解説

大工 営業

一人親方として大工を続けるにあたって課題となるのは、安定して仕事を受注できるかどうかという点です。個人事業主は自由な働き方と高収入への可能性が魅力ですが、仕事が受注できなければ収入が得られないという点が最大の課題でもあります。

この記事では、一人親方として大工が仕事を受注するための営業方法について解説します。良い仕事を受注するためのポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

大工の営業方法5つ

大工の営業には、主に5つの方法があります。

  • テレアポ
  • チラシのポスティング
  • 異業種交流会に参加する
  • ホームページを作る
  • マッチングサイトを利用する

まずは、どんな営業方法があるのかを理解しましょう。

テレアポ

テレアポとは電話をかけて営業する方法です。顧客と直接コミュニケーションが取れるので、話すのが得意な方にとっては効果的なアプローチだと言えます。

ただし、電話での営業を行うことに対して精神的負担を感じる方にはおすすめできません。また、飛び込み営業とは違ってすぐに電話を切られてしまうリスクも高く、最後まで話を聞いてもらいにくいというデメリットもあります。

チラシのポスティング

ポスティングとは、事務所周辺の事務所や個人宅にチラシを配る営業方法です。配布エリアを絞って宣伝することで、顧客になればリピーターになりやすいというメリットがあります。

特に、地域密着型の事業者にとって、ポスティングは効果的な手段となり得るでしょう。地域の顧客層に直接アプローチを行い、地域コミュニティとの結びつきを強化することで、良質な顧客獲得につながります。

異業種交流会に参加する

異業種交流会への積極的な参加も、重要な営業方法の1つです。商工会議所主催の建設業界関連のイベントなどに参加することで、仕事の受注機会を増やせる可能性があります。

交流会などのイベントには、建設業界に携わる企業の経営者や上層部が出席することが一般的です。したがって、交流会に参加することで名刺交換を通じて自己紹介や得意分野のアピールができます。

また、プライベートの誘いに応じることも重要であり、中小企業の場合は人間関係やコネが仕事受注につながるケースもあります。良好な関係を築くことで信頼が生まれ、仕事の依頼を受けやすくなるため、積極的な交流が最大の鍵となります。

ホームページを作る

専用のホームページを作ることも営業方法としては有効です。スマートフォンやSNSの普及に伴い、ホームページを通じた仕事の受注が増加しています。

ホームページは、施工事例や業務実績などの情報を具体的に顧客に提示でき、チラシと比較して簡単に修正できる利点があります。一度集客の仕組みを整えれば、半自動的に潜在的な顧客を引き寄せることができるので、営業担当者の雇用や育成にかかる労力を減らすことも可能です。
まだホームページをもっていないという方は建設業界の知見がある制作会社にホームページ作成を依頼しましょう。

マッチングサイトを利用する

近年、建設業界では仕事や仕事仲間を見つけるための新たな手段として、建設業向けのマッチングサービスを活用する企業が増加しています。

これらのサービスを使うことで、通常なら出会うことが難しい建設業関係者同士が「掲示板」を通じて気軽に仕事仲間を見つけることが可能となりました。従来のアナログな方法と比べて、マッチングサイトではさまざまな案件を自分で探すことができるため、建設業界において画期的な手段であると言えます。

良い大工仕事をもらうためのポイント

良い大工仕事をもらうためのポイントは3つあります。

  • 既存の顧客を大切にする
  • 技術力を高める
  • 元請業者を選ぶ

よりよい案件を受注するためにも、ぜひ参考にしてください。

既存の顧客を大切にする

既存の顧客を大切にすることは、仕事を獲得し続けるために非常に重要です。一度仕事を受注した取引先と良好な関係を続けるためには、与えられた仕事を最大限の努力でこなし、先方の期待を超える働きをする必要があります。

顧客が個人事業主である一人親方の大工に依頼するメリットは、教育をしなくても過去の経験や知識によって仕事の質が担保されている点です。したがって、受注先のニーズに丁寧に対応して信頼を築くことで、再び仕事を発注してもらえる可能性が高くなります。

技術力を高める

技術力の向上は仕事獲得において重要な要素となります。建設業界においては、ほとんどが工事ごとや日給単価などで契約が成立しているため、発注元は同じ金額であればより高い技術力を持つ業者に発注したいと考えるからです。

資格取得も自身の技術や知識を証明する有効な手段となります。資格を持つことで自身の技術や能力を企業にアピールでき、実際の報酬に影響を与えるケースもあります。

元請業者を選ぶ

建設業において、元請け業者を選ぶことは重要な戦略となります。元請けの案件は工期に余裕があり、利益率も下請けに比べて高いことが多いです。ワークライフバランスや待遇の向上を求めているのであれば、元請けになることで、より良い仕事を受注できるでしょう。

大工の営業で成果を上げるコツ

大工の営業で成果を上げるコツは3つあります。

  • 話しをするより聞く
  • 押し売りはしない
  • 作業着を着る

成果が出る営業のコツを解説しますので、自身の営業にぜひ取り入れてみてください。

話をするより聞く

営業において「相手の話を聞く」ことは非常に重要です。自分の話をするのではなく、まずは相手の状況や悩みを理解した上で、適切な提案を行うのが良いでしょう。

雑談から始めて相手の警戒心を解き、親身になって相手の話を聞くことで、相手もこちらに心を開いてくれるようになります。聞くというアプローチによって顧客のニーズや要望を知ることができれば、その後のコミュニケーションを円滑に進められます。

押し売りはしない

押し売りは絶対に避けるべきです。相手が不要としているサービスを強引に押し付ける行為は、自身の信頼を失いかねません。

たとえ契約が成立したとしても、最初の印象が悪ければ長期的な関係を築くことは難しくなります。特に建設業の契約は金額が大きいため、慎重な対応が求められます。末永くパートナーシップを築いていくためには、地道に時間をかけて信頼を構築することが重要です。

作業着を着る

建設業の営業活動では、服装も重要な要素です。建設業界では作業服を着用することが一般的であるため、スーツよりも作業着を着用する方が好まれます。

したがって、スーツで訪れると相手に対して「浮いた印象」を与えてしまう可能性も考えられます。あなたも作業着を着用することで、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができ、信頼関係を構築しやすくなるでしょう。

大工が営業で仕事をもらうときの注意点

大工が営業で仕事をもらう際の注意点は3つあります。

  • 現場を下見する
  • 契約書の内容を確認する
  • 金額の支払い時期を確認する

営業後の受注で後悔しないためにも、ぜひ参考にしてください。

現場を下見する

必ず現場を下見するようにしましょう。契約書には表面的な情報しか含まれていないため、実際の現場を自分の目で確認することが非常に重要です。

たとえば、以下のようなトラブルが考えられます。

  • 現場がアクセスしづらい場所にある
  • 書類にはないが撤去の必要な古家が存在していた
  • 予想以上に工事日数が必要な現場だった

建設業においては、契約書に明記されていないが実務上重要な要素となるものが隠れているケースは多々あります。したがって、手間はかかりますが、契約前に必ず現場を確認するようにしてください。これにより実際の状況が把握できるため、リスクを最小限に抑えられます。

契約書の内容を確認する

契約書の内容はよく確認するようにしましょう。正確に契約が結ばれていない場合、代金の回収が困難になったり、極端な納期が指定されたりといった問題が発生する可能性があります。

建設業においては、請負契約書には必ず明示されるべき内容が規定されています。

  • 工事の内容
  • 金額
  • 工期
  • 責任の所在
  • 急な工期変更時の請負代金変更
  • 天災による損害負担

これらの項目は非常に重要な要素ですので、契約前にしっかり確認することが大切です。特に責任の所在や金額に関わる部分は注意深く確認し、漏れがないかを確認してください。

金額の支払い時期を確認する

工事請負金額の支払い時期は必ず確認するようにしましょう。工事が終了した際、どのタイミングで報酬が支払われるかを理解しておくことで、安心して工事を請け負うことができます。

仮に入金時期の確認を怠り、報酬が入るのが数ヶ月後となってしまった場合、支払いが間に合わなくなる可能性も大いに考えられます。特に金額の大きい工事を受注する場合には、支払いスケジュールをしっかり把握しておくことが重要です。

建設 営業代行建設業界おすすめ営業代行会社5選|数千万円の受注に繋がった成功事例を思考法と共に紹介

大工・一人親方の単価や年収を上げるには?1000万になる方法

【まとめ】大工の営業は自分に合う方法を見つけ良い仕事を受注しよう

大工の営業はさまざまな方法を試しながら、自分に適した方法を見つけることが大切です。営業方法には、テレアポやポスティングなどの伝統的な手法に加え、ウェブ集客も検討すると良いでしょう。

特にホームページは、顧客が業者を選定する上で必要な情報を提供し、信頼を築くための重要なツールとなります。ウェブ集客が苦手な場合は、専門の事業者に運用を代行してもらうのも1つの方法です。

今後も安定した経営を維持するためには「営業」は欠かせません。この記事を参考にしていただき、自分に合う営業手法を見つけて実行し、より良い仕事を受注していきましょう。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!