工程管理表の重要性やおすすめテンプレート・システム5選を紹介

工程管理表

納期を守って工事を進めるためには、工程管理表が欠かせません。しかし、工程管理表を作った経験がなく、どのように作成して運用すればいいか分からない方も多いのではないでしょうか。
今回は、工程管理表の重要性や種類、作成手順などについて解説します。工程管理表について知識を身につけたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

工程管理とは

工程管理とは、定められた納期を守るために計画を立て、建設工事の現場を調整することです。工事に必要な「人員」と「資機材」、「時間」を管理し、適切に割り振ることで、納期までの完了を目指します。
建設工事では現場で突発的にトラブルが起こることが日常的です。そのため、工程管理を進める際は、状況に合わせた柔軟な対応が重要です。

工程管理表とは

工程管理表は、工事の計画を見やすく表に落とし込んだ資料です。建設工事の着工から完了までを時系列で記載し、必要な作業や日数、資機材などを記載します。
工程管理表は横軸を時間軸、縦軸に必要な作業などを並べることが一般的です。工程管理表でスケジュールを管理することで、全体の計画が把握しやすく、トラブルが起きた際もすぐに対応を検討できます。

工程管理表の重要性

建設工事を進めるうえで、なぜ工程管理表は重要なのでしょうか。その理由を解説します。工程管理表が重要な理由には主に次の2つがあります。

  • 工程の可視化
  • 生産性の向上

全体の工程を可視化することで、現場で働く全ての人がスケジュールを把握でき、それぞれが作業スケジュールを組み立てられます。また、必要に応じて作業の順番や日数を調整することで、無駄をなくし生産性の向上が可能です。現場全体で無駄なく工事を進めるためには、工程管理表は欠かせません。

工程管理表の種類

ここからは、建設工事で使われることが多い、工程管理表の種類を見ていきましょう。建設工事の工程管理では、主に次の2種類の表を工程管理表として使用します。

  • ガントチャート
  • バーチャート

それぞれの特徴を解説しますので、現場に合う工程管理表はどちらかを検討し、適したものを選びましょう。

ガントチャート

1つ目は「ガントチャート」です。ガントチャートは、縦軸に作業工程を記載して、横軸に進捗率を配置する種類の表です。

ガントチャートでは、全体の工程を把握しやすく、進捗率で管理するため、遅れを把握しやすいという特徴があります。しかし、各工程の関連性が分かりづらく、常に現場の状況を確認し、進捗を管理しなければいけない点がデメリットです。

バーチャート

建設工事の工程管理では、「バーチャート」を使うことが多くあります。バーチャートは、縦軸に作業工程を、横軸に日時を記載した表です。

全体のスケジュールと各工程の日数などが一目でわかるため、誰が見ても工程を把握できます。作業員とのスケジュール調整がしやすい一方で、進捗状況が分かりづらいというデメリットがあります。また、各工程の関連性が分かりづらい点もデメリットです。

工程管理表の作成方法

続いては、工程管理表の作成方法を解説します。建設工事の工程管理表を作成する際は、主に次の3つのいずれかを利用することが一般的です。

  • エクセル
  • Googleスプレッドシート
  • 専用のシステム

それぞれの特徴やメリットなどを解説するので、自社で利用するならどれが適しているかを検討してみてください。

エクセル

「エクセル」は多くの会社で使用されているため、使い慣れている方も大勢います。そのため、誰でも簡単に運用可能です。また、カスタマイズがしやすく、現場に適した工程管理表を作成できる点がメリットです。
しかし、あまり複雑なマクロや関数を使用すると、特定の人にしか操作できなくなる恐れがあります。また、スマートフォンやタブレットで管理できない場合があり、状況次第では運用できなくなる可能性もあります。

Googleスプレッドシート

工程管理表を作成する際、エクセルと似ている「Googleスプレッドシート」を使用する人もいます。Googleスプレッドシートは使い方がエクセルと非常によく似ているため、エクセルと同じような感覚で使える点がメリットです。また、ネットワーク上にファイルを保存するため、誰でも手軽に工程管理表を運用できます。
ただし、アクセス権の設定を管理しなければ、工事に関係ない人に閲覧される恐れがあります。

専用のシステム

工程管理表を作る場合、専用のシステムを使うという方法もあります。パソコンやスマートフォンで使用する業務用ソフトには、工程管理に特化したものもあります。工程管理に特化しているため質が高く、誰でも使いやすい工程管理表が作成可能です。
ただし、そうしたソフトの多くは有料のため、利用にはお金がかかります。料金体系も買い切りや定額制など複数のタイプがあり、運用するために費用が必要な点がデメリットです。

工程管理表の作成手順

どのような方法で工程管理表を作成できるか確認したため、次は作成手順を見ていきましょう。工程管理表を作成する際は、基本的に次の手順をとることが一般的です。

  1. 各工程を正確に区分する
  2. 誰が見ても分かるように作成する
  3. 関係者全員で共有する
  4. 現場の制約条件を知っておく
  5. 生産リードタイムを把握する

それぞれの注意点などを見ていきましょう。

各工程を正確に区分する

工程管理表を作成する際は、まず各工程を正確に区分しましょう。工事全体でどういった工程があるかを全て把握し、正確に区分することで工事の全体像が分かるようになります。また、工程を正確に区分することで、無理がある工程を洗い出し、トラブルを予防可能です。
過去の工事データなどから作業ごとに必要な時間を計算し、現場で作業する人の声を反映させることも重要です。

誰が見ても分かるように作成する

工程を区分したら、次は誰が見ても分かるように工程管理表を作成します。工程管理表は、多くの工事関係者が目にして、自分たちの作業スケジュールを立てます。そのため、一部の人だけが理解できる作り方になってはいけません。色や数字などを適切に使って、誰が見ても工程を一目で分かる作り方にしましょう。

関係者全員で共有する

工程管理表を作成したら、関係者全員で共有しましょう。その際、工程管理表をオンラインで作成すると、共有がしやすくなります。作成した工程管理表を工事関係者全員で共有することで、スケジュールを把握しやすくなります。また、予めスケジュールを共有しておけば、変更が必要な際に柔軟に予定を調整可能です。工程管理表を作成したら早い段階で関係者に共有し、工程の周知を行いましょう。

現場の制約条件を知っておく

建設工事では、現場ごとに制約条件があります。それを知っておくことも工程管理表の作成には欠かせません。建設工事でありがちな制約としては、「特定の時間しか作業が出来ない」や「特殊な機材が必要」などがあります。こうしたことを事前に把握しておかなければ、工程の大幅な修正が必要になるケースもあるため、注意が必要です。関係者に事前に制約条件がないかを確認し、工程管理表に反映しましょう。

生産リードタイムを把握する

工程管理表を作成する際は、生産のリードタイムを把握することも重要です。リードタイムとは作業の開始から完了までにかかる時間を指します。建設工事では、各工程の作業開始から完了までの時間と認識しておきましょう。
リードタイムが納期より長ければ納期に間に合わず、短ければ無駄な時間が出来てしまいます。そのため、効率的に建設工事の工程を管理するためには、正確なリードタイムを把握することが重要です。

おすすめのテンプレート3選

工程管理の意義や作り方を把握したら、次は工程管理表を作成するうえでおすすめの3つのテンプレートを紹介します。紹介するテンプレートを使えば、工程管理表の作成の時間と手間を削減し、使いやすいものを作成可能です。

  • Microsoft
  • [文書]テンプレートの無料ダウンロード
  • テンプレートNAVI

それぞれの特徴を見ていきましょう。

Microsoft

エクセルで作成する場合は、「Microsoft」が提供しているテンプレートを利用すれば、使いやすい工程管理表が簡単に作れます。Microsoftでは、エクセルを使ったいろいろな形式のテンプレートを提供しています。例えばガントチャートだけでもさまざまなテンプレートがあるため、使いやすいものを選べば容易に工程管理表の作成が可能です。

[文書]テンプレートの無料ダウンロード

「[文書]テンプレートの無料ダウンロード」では、あらゆるビジネスシーンで使えるテンプレートを配布しています。もちろん工程管理表のテンプレートも用意されており、内容も少しずつ異なります。そのため、使いやすいものを選ぶことで効率的に工程管理表の作成が可能です。さまざまなテンプレートを配布しているため、書類作成で困ったら、このサイトを利用してみましょう。

テンプレートNAVI

「テンプレートNAVI」も工程管理表の作成におすすめです。テンプレートNAVIでは、期間ごとに分けて工程管理表のテンプレートを配布しています。1ヶ月の短いテンプレートから、半年の工事に対応できるものまで配布されているため、工事期間に合う工程管理表が容易に作成できます。また期間の長いテンプレートと短いテンプレートを組み合わせることで、より細かい工程管理が可能です。

工程管理におすすめのシステム10選

建設現場の工程管理をするうえで、利便性の高い工程管理ソフトは以下の10個です。

1.Project Canvas
2.MeetsOne
3.工程さん
4.DandALL
5.工程’s Orario
6.工程表作成KtWin
7.PatPro+
8.Smaetsheet
9.コストナビ工程表
10.工作2プラス

工程管理ソフトの機能や特徴、費用についてはこちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。
工程管理ソフトおすすめ!無料ソフトや特徴も紹介!建設業向け工程管理ソフトおすすめ12選!無料ソフトや特徴も紹介!

x-r管理図とはx-r管理図とは?品質管理における役割や作成手順などを解説

【まとめ】工程管理表を正しく作成し生産効率を向上させよう

建設工事をまとめるうえで、工程管理はとても重要です。適切に工程を管理できなければ、納期に間に合わず、多くの関係者に迷惑をかけてしまいます。そういったことを防ぐために、現場に適した工程管理表を作成して、工事全体を管理しましょう。今回解説した内容を参考に、工程管理表を作成し、効率的に現場を管理してみてください。

工程表の作り方やエクセルを使うメリットは、こちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。
工程表工程表とは?作り方や種類、メリットも解説

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!