塗装業界の現状と将来性は?課題や解決方法についても解説

建物や構造物の耐久性を上げたり、見栄えを良くしたりする際は塗装が重要になります。建設業界には多くの塗装業者が参入していますが、全ての塗装業者が順調に経営できているわけではありません。
そこでこの記事では、塗装業界の現状や抱える課題、その解決法について紹介します。塗装業で悩み事があるという方は、この記事を参考に現状と対策を検討してみてください。

塗装業界の現状と市場規模

はじめに、塗装業界の現状を紹介します。客観的に見た塗装業の意味や市場規模、特徴などを紹介しますので、ぜひご覧ください。そして現状を把握するための1つの知識として活用してみましょう。

塗装工とは?

まず塗装工はどういう仕事かというと、新しい建築物を塗装したり、既に塗装してある建築物を塗装し直したりする仕事です。塗装は外観の美化を目的としていると思われることもありますが、外観の美化だけが目的ではありません。

塗装には建物を紫外線や風雨などから守り、劣化を防ぐ役割があります。外壁や屋根などに塗装を施さなければ、紫外線や風雨により短期間で劣化してしまいます。しかし塗装をすることで劣化の進行を遅らせることが可能です。

これにより建物の価値や耐久性を維持することができるため、塗装工は建設業界になくてはならない仕事なのです。

塗装工事の市場規模

塗装の役割の1つは塗装の塗り直しと先ほど紹介しました。塗り直しの対象の1つである住宅は現在リフォームが盛んに行われています。そんなリフォーム市場の中で、塗装の市場規模はどのくらいかというと年間でおよそ6,000億円ほどです。
住宅リフォーム業界全体の市場規模が年間で6兆円ほどのためそれよりは小さいですが、景気の波に左右されにくく、安定しています。グローバル化やIT化の影響で安定性を失う業界も少ない中で、市場規模が安定している塗装業界は大変魅力的な市場です。
魅力的ということは新規参入する業者も多く、生き残るには努力も必要となります。

塗装業界の特徴

塗装業界は大きな機材や設備を持たなくても参入できるため参入障壁が比較的低いという特徴があります。また塗装業で起業する際も、特別な資格は必要ないため多くの塗装業者が参入しています。一部工事の中には許可が必要な工事もありますが、小規模な工事であればそういった許可も必要ありません。
資格や許可は参入の絶対条件ではないため多くの業者が塗装業界に参入しています。そんな新たに参入してくる塗装業者の中には技術力が低かったり、安さだけを売りにするような業者もいます。そういった業者との競争に勝ち抜き、生き残るためにも技術力や信頼性が重要です。

塗装業界における課題

塗装業界はさまざまな課題を抱えています。ここからはそんな塗装業界が抱える3つの課題を紹介します。どの課題も他人事ではないことばかりのため、思い当たる節があるという塗装業者の方は少なくありません。これから紹介する内容をご覧いただき、当てはまる部分がないか検討してみてください。

課題1:人手不足

塗装業界が抱える課題の1つ目は「人手不足」です。塗装業界に関わらずどの業界でも人手不足が叫ばれています。しかし、塗装業界は特に人手不足が深刻な業界の1つです。現在塗装業界で活躍している職人の多くは50歳以上と高齢で、若い職人は非常に少数です。

50歳以上の職人の多くはベテランのため、技術力は高いものの体力面では衰えも現れてきます。塗装業では高所作業も日常的に行われるため危険が伴い、ベテランの職人と言えども怪我の危険性は低くはありません。
そのため、塗装業界では若い職人の確保と育成が急務になっています。

課題2:利益率が低い

塗装業界が抱える課題の2つ目は「利益率が低いこと」です。塗装業者は工事の元請けになる機会が多くはありません。そのため下請工事となることが多く、下請工事となると確保できる利益もわずかになります。そのため利益率が下がり、大きな儲けにつながりづらくなっています。
薄利が常態化している中で、受注のため更に利益を下げるという塗装業者もいます。そのため薄利の中での競争となり、業界全体で利益が上がっていきません。こうなると職人や作業員などの賃金が上がらず、業界全体での人手不足にもつながっていきます。
塗装業界はこういった低い利益を改善しなければいけません。

課題3:技術継承

塗装業界が抱える課題の3つ目は「技術継承」です。塗装業界の腕の良い職人の多くは高齢のため、その技術を残すためにも若い職人への継承が必要不可欠です。しかし、そういったベテランの技術が継承されず、技術力が低下しているという問題があります。
またインターネット環境が普及した現代では、知識として技術を身に付けることは容易になりました。しかしどんな技術も経験を積まなければ、活用できないこともあります。そのため、若い職人の中には経験不足で技術が伴っていないことが少なくありません。
こういった問題を解決しなければ、塗装業界はどんどん技術が低下していってしまいます。

塗装業界における課題の解決方法

塗装業界には解決すべき課題が3つあることを紹介しました。ここからは3つの課題の解決方法を紹介します。紹介したような課題を今まさに抱えているという方は、これから紹介する方法を参考に解決策を検討してみてください。

解決方法1:人手不足を解消する

解決策の1つ目は「人手不足を解消」です。塗装業界の人手不足の解消に必要なのは年収のアップと業界イメージの改善、そして業界の現代化の3つです。
年収が高ければ塗装業界を志望する若い方も増えます。また汚い、キツイ、危険の3Kといったイメージを持たれる塗装業界の良い部分をアピールしイメージを改善することも効果的です。
また日本全体で推し進められている業務のデジタル化を導入し、事務的な作業を効率化することで生産性が向上します。旧来の体質が残りやすい塗装業を現代に適した形に変えることで、人手不足の解消にもつながります。

解決方法2:利益率を改善する

解決策の2つ目は「利益率の改善」です。多くの塗装業者の利益率が低い原因は下請仕事が多いからです。

下請として仕事をすれば利益が低くても継続的に受注できるため、安定性が向上するメリットがあります。しかしそのメリットを維持しているだけでは利益は低いままです。
ではどうすれば良いのかというと下請仕事主体の受注方法から抜け出しましょう。下請にならず、発注者と直接取引を行って多くの利益を確保することで、利益率を改善し人材確保と育成が可能となります。
下請から抜け出すための具体的な方法についてはこの後に紹介しますので、あわせてご覧ください。

解決方法3:技術継承の仕組みを導入する

解決策の3つ目は「技術継承の仕組みの導入」です。先ほど紹介したように若手の職人を中心に塗装業界では技術レベルが低下しています。そのため、腕の良いベテラン職人の技術を継承する必要があります。
高い塗装技術を持つ職人には「一級塗装技能士」という国家資格を持つ職人もいます。国家資格を持つ職人は技術も知識もしっかりと兼ね備えているため、技術を教えてもらうには最適です。
それ以外にも腕の良いベテランの職人の近くで塗り方や塗料に関する知識を学ぶだけで、大きな価値があります。腕の良い職人の仕事ぶりを見て技術を継承していきましょう。

塗装業界で業績を伸ばすためのポイント

ここからは、競争の激しい塗装業界で業績を伸ばしていくためのポイントを紹介します。紹介するポイントを参考に、業績を伸ばすための取り組みを検討してみてください。そして低利益から脱却し、業界全体の利益率の改善を目指しましょう。

ポイント1:特定の地域に特化する

塗装業界で業績を伸ばすためのポイントの1つ目は「特定の地域に特化すること」です。仕事を獲得するために、広い地域にまたがって営業活動をすることは珍しくはありません。しかし塗装業では、特定の地域に特化した方が効率的にシェアを上げることが可能です。
会社のある地域で一番の塗装業者になれば自然と仕事を受注しやすくなり、他の業者との差別化も図りやすくなります。そうなると経営が安定し、業務範囲の拡大も可能となります。
地域の塗装業者全体の売上の25%ほどを獲得できれば、地域のトップシェアと言えますので、地域シェアの25%獲得をひとまずの目標としましょう。

ポイント2:集客力を高める

塗装業界で業績を伸ばすためのポイントの2つ目は「集客力を高めること」です。下請の仕事ばかりでは利益率が改善できないため、工事の元請けとなるべく、集客力を向上させましょう。
チラシや新聞広告で地域に幅広く宣伝したり、ウェブサイトで実績をアピールしたり集客力を向上させる方法はさまざまです。特にウェブサイトは問い合わせや見積もりの依頼などを効率的に受けることもできるので、業務効率の改善にもつながります。
下請中心の受注から脱却するために次に紹介するような営業代行サービスを使って、仕事を受注するという方法もあります。

ポイント3:営業代行サービスに相談して営業戦略の提案を受ける

「社内の営業人員が足りない」ということで新規営業を諦めていませんか?
営業代行には獲得のプロがいますので、外部に頼ってみるのも一つの手です。
例えば弊社サービスである建築建設特化の営業代行ツクノビセールスは、月に3000社もの企業に御社の営業としてアタックし、かつ成果が出なかったら返金保証もしています。まずは話だけでも聞いてみたい!という方には無料でどのように営業していくべきか営業戦略のご提案も致しておりますので、200社以上の企業様をご支援してきた弊社にお気軽にご相談ください。
オンラインにて30分程度でお打ち合わせ可能ですので、明日30分だけ空いている!という方でも気軽にご相談いただけます。
1分で入力が終わるお問い合わせフォームはこちらから

【まとめ】塗装業界は将来性のある仕事!集客や技術継承などの課題解決も要チェック

この記事では塗装業界の現状や課題、その解決策などを紹介してきました。さまざまな課題がある塗装業界ですが、住宅をはじめとして塗装工事の需要は多く、将来性は有望な業界です。
現状が苦しいという方もこの記事の内容を参考に、課題を検討し解決に取り組んでみましょう。そして塗装業界を盛り上げ、塗装職人を目指す人が増えるような会社を育ててください。

※弊社では、建築建設業界特化の
無料ホームページ制作代行を新たにスタートさせました!

建築建設業特化のホームページ制作・サイト制作サービス‗ツクノビウェブ

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!