【2024年最新】工事管理システムとは?おすすめ6選や導入時の注意点も解説

工事管理システムのおすすめ!導入時の注意点も解説

建築・建設業で独立しようとしている方の中には、工事管理システムを利用して工事に関するデータなどを管理したいと思っている方も多いのではないでしょうか。
工事管理システムとは、工事の発注や受注・売上金回収などの経理全般・図面の管理などをまとめて行えるシステムを指します。
今回の記事では、工事管理システムのメリットやデメリット、選び方についてご紹介します。おすすめの工事管理システムについても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

工事管理システムとは?

工事管理システムとは、工事現場の契約や図面作成・工事予定の管理・売上金回収などのデータをまとめて管理してくれる便利なシステムです。工事の開始から終了に至るまでさまざまな工程がありますが、工事管理システムを導入すれば業務の効率化が期待できます。
工事に関する業務をアナログで管理しようとしても、現場とラグが生まれたりデータにミスが生じてしまったり、さまざまなトラブルが起こってしまいます。工程が多い建設・建築工事をスムーズに進めるためにも、工事管理システムを取り入れるのがおすすめです。

工事管理システムを導入する5つのメリット

工事管理システムを導入すると、あらゆるメリットが得られます。
主なメリットは
・作業状況を的確に把握
・工事データを一元化できる
・ペーパーレス化を促進
・意思決定がスピーディーにできる
・社内外のコミュニケーションの円滑化
の5つが挙げられます。データを一括管理したり作業状況を簡単に把握できる工事管理システムを取り入れて、工事の効率化をはかりましょう。それぞれ詳しく解説します。

作業状況を的確に把握

工事管理システムを利用すると、工事現場ごとの作業の進み具合を的確に把握できるメリットがあります。数ある工事現場の状況をアナログで把握しようとすると、時差があったりデータにミスがあったりしてしまいます。
しかし工事管理システムを利用すれば、各工事現場ごとのリアルタイムの作業進捗を把握できるのはもちろん、売上管理や今後のスケジュール設定も簡単にできます。

工事データを一元化できる

工事管理システムを利用すれば、工事の発注から施工予定・必要な資源・人員配置など、あらゆる経営資源をまとめて管理できます。もしもそれぞれ違うシステムを利用して管理していた場合、データを照らし合わせるために出力したり、管理者同士でやりとりを行う必要が出てきてしまいます。
データ管理の手間やアナログ操作によるミスを減らすためにも、工事管理システムを利用して簡単にデータを一元管理するのがおすすめです。

ペーパーレス化を促進

従来の工事現場では、作業予定や設計図・日報など、ほとんどが紙で管理されていました。工事管理システムを導入すれば、紙のやりとりがなくなり管理しやすくなります。
また、ペーパーレス化によってコストカットできるのもポイントです。アナログ作業の管理によるミスが減るだけでなく、環境やコストにも配慮できます。

意思決定がスピーディーにできる

工事管理システムを導入すると、工事内容などを決定する経営者がさまざまなデータをリアルタイムで把握できるため、アナログで作業していたときよりも迅速な判断が行えます。
工事管理システムは、売上状況はもちろん、人員配置や工事の進捗具合・資産の状況などをリアルタイムで知ることができます。経営判断の材料となるデータを一気に見られるため、作業効率が向上するのはもちろん、意思決定も素早くなるのがメリットです。

社内外のコミュニケーションの円滑化

工事管理システムは、工事案件に携わっているすべての人と情報を共有できる便利なシステムです。今までファックスや電話・メールなどで行っていたやりとりをシステム上でまとめて行えます。
中にはチャットを取り入れているシステムもあり、社内外で効率的に密なやりとりが行えるようになります。

工事管理システムを導入するデメリット

便利な機能が多い工事管理システムですが、デメリットもいくつかあります。
主なデメリットは
・使いこなせない
・費用がかかる
の2点です。それぞれ詳しくご紹介します。

使いこなせない

工事管理システムはあらゆるデータをまとめて管理してくれる便利な機能ですが、抱えている工事現場の案件数が多かった場合、システムを使いこなせない可能性もあります。
工事管理システムにすべてのデータを連携して使えるようになるまで、さまざまな設定やデータ移行などの作業が発生します。今まで扱っていた現場の数や管理体制の状況によっては、使い始めるまでに大きく時間がかかってしまう場合もあるので注意しましょう。

費用がかかる

工事管理システムの導入には費用がかかるため、その分コストが発生します。また、工事管理システムによっては価格ごとに使えるシステム数が異なるものもあります。中には初期費用が大幅にかかるシステムもあるため、ご自身の会社にとってベストなタイミングを考えて導入を検討しましょう。

工事管理システム導入の際の注意点

工事管理システムを導入する際に注意すべき点をご紹介します。
主な注意点は
・自社に導入して採算が取れるか
・導入後の管理体制が整っているか
の2点です。工事管理システムをこれから導入しようと検討している方はぜひ1度ご覧ください。

自社に導入して採算が取れるか

工事管理システムを導入する場合は、事前に採算が取れるかどうか確認しましょう。工事管理システムは簡単に導入できる一方、高価なものが多い点が懸念されます。ご自身の会社で使う予定がない機能がたくさん入っているものを導入してしまうと、無駄にコストがかかってしまいます。
ご自身の会社がどのような機能を求めているのか・システム管理担当の人が扱いきれる機能なのかを事前に確認しておきましょう。

導入後の管理体制が整っているか

工事管理システムを導入する際は、導入後の管理体制が整っているか事前に確認しましょう。管理システムを機能させるために必要なデータがきちんと揃っていないと、せっかく導入した工事管理システムが正常に使えなくなってしまいます。
管理体制がきちんとしていない状態でシステムを使うと、アナログとデジタルの管理が混在してさらに扱いづらくなってしまう可能性もあります。工事管理システムを導入することが決定したら、あらかじめデータを整理しデジタルで管理体制を整えておくことがポイントです。

外部ツールと連携可能か

工事管理システムを導入する際は、外部ツールと連携可能か事前に確認しておきましょう。使用するシステムやツールによっては、連携が難しい場合があります。会社内であらかじめツールを使ってチャットや電話などのやりとりをしている場合、連携ができないと使用するツールが増えてしまいます。メッセージの見落としや連携不足でミスの原因にもなってしまうので、あらかじめ工事管理システムと外部ツールの連携をチェックしておきましょう。

工事管理システムの選び方

工事管理システムの導入が決定したら、ご自身の会社に合ったシステムを見つけましょう。工事管理システムを選ぶ際は、
・自社のニーズに適しているか
・業種にマッチしたシステムか
・既存システムにない部分をカバーできているか
の3点に注目して選ぶのがおすすめです。それぞれ詳しくご紹介します。

自社のニーズに適応しているか

工事管理システムを選ぶ際は、ご自身の会社のニーズに適応しているか必ずチェックしましょう。工事管理システムごとに得意とする機能やサービスが異なります。会社としてどんな作業を最も効率化させたいのかを明確にしておき、適応しているシステムを選ぶのがおすすめです。

業種にマッチしたシステムか

ご自身の会社の業種にマッチしたシステムかどうかという点も、工事管理システムを選ぶ上で重要なチェックポイントです。工事管理システムはさまざまな業界や業種に対応できるものもあります。一方で業務範囲が限定されているシステムも多いです。
ご自身の会社が扱う業務にあったシステムを選ばないと、使えない機能があったり、データ管理が十分にできない可能性があります。あらかじめ利用を検討している工事管理システムの機能をきちんと把握しておきましょう。

既存システムにない部分をカバーできているか

せっかく工事管理システムを新たに導入しようとしているなら、今まで使っているシステムにない部分をカバーできるものを選びましょう。すでに業務管理のシステムやチャットツールを使っている場合、新たに導入する工事管理システムと機能が重複してしまうと扱いづらくなってしまいます。
工事管理システムの中には、従来使っていたシステムに新たな機能を追加できるサービスもあります。ご自身の会社がどんな機能を使っていきたいのかを明確にして工事管理システムを選びましょう。

おすすめの工事管理システム6選

おすすめの工事管理システムをご紹介します。工事管理システムはそれぞれのシステムごとにサービスや適した業種が異なります。ご自身の会社がどんなシステムを使いたいのか・データ管理でどんな点を効率化させたいのかを明確にして、的確なものを選んでください。

現場一番

現場一番引用元:現場一番公式サイト

施工管理アプリ導入時に「どのくらい費用がかかるんだろう」「いざ導入してみて使いにくかったらどうしよう」という不安を感じる方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが「現場一番」です。無料プラン中はすべての機能、現場カメラを使うことができます。もちろんサポートもあるので分からないことがあればいつでも聞けます。
現場一番の特徴は以下の通りです。

特徴

  • 無料トライアル有!30日間すべての機能が無料で試せる
  • 現場カメラを利用すれば、リアルタイムで現場の状況が把握できる!
  • データ容量、アカウント数無制限!規模の大きな現場でも安心して使える!

料金プランは以下の3つです。現場一番 料金プラン一覧

会社名株式会社 IWAKI STYLE
住所〒600-8006 京都市下京区立売中之町105モンブラン京都ビル7F
主な機能工程表作成・共有、スケジュール管理、現場情報共有管理、入退場管理、チャット機能、図面・仕様書共有、報告機能
詳細ページhttps://www.tsukunobi.com/service/91

現場一番の料金や機能等の詳細資料はこちらから↓↓↓

\ 今すぐ無料でダウンロード /
資料ダウンロード

ANDPAD

引用元:https://page.andpad.jp/

ANDPADは、利用者数17万社を突破しているシェア率No.1の工事管理システムです。工事の経営から現場の管理まで、ワンプラットフォームで管理できるのが大きなメリットです。
アナログでの管理は一切不要なのがポイントになっています。資料や写真をすべてサービスのクラウド上で管理できるのはもちろん、サービス内のチャットでやりとりができます。現場と経営者が直接繋がれる現場チャットもあるので、電話・ファックスなどの手間を減らせるのも特徴です。

Kizuku

引用元:https://www.ctx.co.jp/kizuku2_pr/

kizukuは現場トークが特徴の施工管理アプリです。建設現場と経営者・管理者のコミュニケーションを円滑にする点を重視しています。
当日の工程管理はもちろん、図面や使用する材質・現場周辺の状況の共有も簡単に行えます。報告書の作成もまとめて行えるため、工事の施工管理が大幅に効率的になるのがポイントです。チャット内では工事内容に関するスタンプなども使用できるため、簡単に会話ができる点もメリットです。

Project-Space

引用元:https://www.nttd-es.co.jp/solution/business-sol/business/ps/pslp/

設備工事・エンジニアリング業向けの工事管理システムです。業界特有の機能がたくさんあり、設備工事や建設・造船などに特化しています。受注生産型製造業にも対応しているので、普段と違う業務内容の工事を請けた時などの短期間の使用もおすすめです。
Project-Spaceはエクセルからデータ取り込みもできるため、他サービスで保管していたデータも簡単に取り込めるのがメリットです。

Sitrom-CC

引用元:https://sitrom.com/

Sitrom-CCは土木建築業者の方向けの工事管理システムです。工事内容の管理はもちろん、会計も管理できるため、現場と経営の管理を一括で行えるのがメリットです。
現場のデータを常にリアルタイムで反映するので、経営者が必要とするデータをいつでも把握して素早い判断につなげられます。料金プランは会社の規模や拠点数によってことなるので、導入を検討している方は事前に会社のデータをまとめて公式サイトから問い合わせてください。

e2-movE 工事管理

引用元:https://si.mitani-corp.co.jp/solution/e2move/

e2-movE 工事管理は、建設・建材業界で400社以上の導入実績がある工事管理システムです。販売管理はもちろん、工事現場の管理から会計まですべてまとめて行えるのがポイントです。他システムとも連携できるものが多いので、今まで使っていたシステムから乗り換えや機能追加を検討している方におすすめです。
また、ご自身の会社に合ったオプションを選択できるのも大きなメリットです。詳しい料金や追加のオプションは、公式サイトからお問い合わせください。

建設業でおすすめのアプリ・システムまとめ

建設業では他の業種と比較してなかなかIT化が進んでいないという面もあります。しかし、すでに建設業に特化した、現場でも使いやすいアプリやシステムは多くリリースされています。こちらの記事ではそのなかでも特におすすめのものをまとめて紹介していますのでぜひ参考にしてみてください
【無料】建設業で使えるおすすめのアプリを紹介!生産性を上げて仕事をラクに!

【まとめ】自社に合った工事管理システムを導入して業務効率化を目指そう!

工事管理システムは種類もサービス内容も豊富です。業種や他システムとの連携など、ご自身の会社のシステム管理がさらに効率的になるようなサービスを選ぶことが大切です。今後どのようにデータを管理したいのか・会社のニーズと適したものを見つけてください。

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました! ツクノビセールス_建築建設業界特化の営業代行 詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!