建設業で業務改善が必要な理由や進めるときのポイントなどを解説!

建設業 業務改善

「建設業で業務改善を進める方法を教えて欲しい」
「建設業で業務改善を進める際のポイントを知りたい」

このような方に向けて、今回は建設業で業務改善が必要な理由・悪化する3つの理由・進める方法・ITツールを導入するメリットなどを紹介します。

これから、建設業で業務改善をしていこうと思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

建設業で業務改善が必要な理由

ここからは、建設業で業務改善が必要な理由を、下記の順に紹介します。

  • 人手不足
  • 建設業の働き方改革

人手不足

建設業界の人手不足は、多くの企業が頭を悩ませています。建設業が人手不足に陥ると、品質や業務効率に大きな影響を与えてしまうのが特徴です。

理由として、建設業では1つの現場に複数の事業者が集まります。そのため、ルールの統一が難しく、業務改善に取り組める部分がほかの業種と比べて限定されてしまいます。加えて、労働人口の減少に伴い、給与水準が低いことが原因で新規の雇用が上手くいかないケースが多いです。

建設業の働き方改革

建設業の業務改善を進める理由として、2019年に政府が打ち出した「働き方改革」の影響が大きいと言われています。

この働き方改革は、2024年4月から開始です。具体的には、「新36協定」の適用によって、下記のような決まりがあります。

  • 時間外労働は「月に45時間」「年間で360時間」の上限
  • 休日出勤含め月100時間未満、年間720時間以内
  • 上限を超過した場合、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課される

建設業の業務効率が悪化する3つの理由

ここからは、建設業の業務効率が悪化する3つの理由を、下記の順に紹介します。

  • 下請け構造により情報が共有しにくい
  • 作業進捗をリアルタイムで共有できない
  • 属人化しやすい

下請け構造により情報が共有しにくい

建設業界は、多重の下請け構造になっており、コミュニケーションの不足が問題視されています。元請け・一次下請け・二次下請け、その下に個人事業主などがあり、情報の共有がしにくい傾向です。正確な情報を素早く得るのは難しいでしょう。

その結果、現場での作業が思うように計画通りに進まないといったことが起こります。

作業進捗をリアルタイムで共有できない

建設工事の作業進捗をリアルタイムで共有できないことも、業務効率が悪化する原因として挙げられます。多くの建設業の企業では、紙やエクセルによる数週間遅れの報告書が提出されているケースが多いです。

情報の共有が遅れてしまうと、現場での問題点の原因や改善点が素早く共有されないため、その分解決も遅れてしまいます。

工程管理ソフトおすすめ12選!無料ソフトや特徴はこちらの記事で紹介しています。

工程管理ソフトおすすめ!無料ソフトや特徴も紹介!建設業向け工程管理ソフトおすすめ12選!無料ソフトや特徴も紹介!

属人化しやすい

建設業では専門的な知識やスキルが求められるため、属人化しやすいです。未経験者や新入社員がすぐに業務を行うのは難しいため、ベテランの職人や技術者に依存してしまう場合が多く見られます。

属人化が進んでしまうと、経験や知識が個人に依存してしまい、企業組織全体としての知識の蓄積が低下してしまい、企業の成長を止めてしまう原因になるでしょう。

建設業の業務改善を進める方法

ここからは、建設業の業務改善を進める方法を、下記の順に紹介します。

  • 残業の原因を可視化する
  • ITツールを導入する
  • 技術者を合理的に配置する
  • 業務委託や外注を活用する
  • 人事制度を整備する

残業の原因を可視化する

建設業の業務改善を進める方法として、残業の原因を可視化することが挙げられます。具体的には、どのようなことに時間をかけているのか把握して、そしてなぜ時間がかかるのかを確認しておくことが重要です。

業務の時間がかかってしまう原因としては、知識不足・技術不足などが挙げられます。業務プロセスを見直すことで、作業効率アップが期待できるでしょう。

ITツールを導入する

ITやITロボットなどを活用してコスト削減や業務効率化を図るようにしましょう。ITツールを導入すると、スキルの平準化や生産性の向上が期待できます。

例えば施工管理ソフトの「アイピア」はあらゆる情報を一箇所にまとめられるため、情報管理や共有が簡単にできます。また全体への共有がスムーズに進められるでしょう。最近では、クラウドサービスやタブレットを活用する企業が増えてきています。それぞれ企業にあった方法でITツールを導入してみることをおすすめします。

施工管理アプリおすすめランキングの紹介記事はこちら

施工管理アプリおすすめ!無料ソフトや口コミも紹介!施工管理アプリおすすめランキング12選!無料ソフトや口コミも紹介!

技術者を合理的に配置する

建設業の技術者は将来的に減少が予想されます。技術者を合理的に配置することで効率的な人材活用を促進するでしょう。

ほかにも工事に関する書類作成などの負担を軽減するためにも、基準の改定や新技術の導入を行うことで業務の効率化が期待できます。これからの建設業の生産性を向上させるためにも、技術者の配置は重要です。

業務委託や外注を活用する

建設業の人手不足を解消するためには、業務委託や外注を活用することも重要です。外注費は発生しますが、仕事量の適正化やワークライフバランスを向上させるためには、必要不可欠でしょう。

国土交通省の「建設業における働き方改革推進のための事例集」によると、安全書類のチェックや事務作業などを業務委託するケースが多いようです。

人事制度を整備する

建設業の人事制度を見直して、若い人材を採用できる体制を整えることが重要です。具体的には、ITツールの導入や人事制度の変更・採用による組織風土の見直しが挙げられます。

また、テレワークを推進したり勤怠管理のシステムを導入する方法もあります。人事制度を整備することで、若い人材の獲得がスムーズになるでしょう。

建設業の業務改善にITツールを導入するメリット

ここからは、建設業の業務改善にITツールを導入するメリットを、下記の順に紹介します。

  • 情報共有がスムーズにできる
  • 資料が管理しやすくなる
  • コストを削減できる

情報共有がスムーズにできる

ITツールを導入するメリットとして、情報共有がスムーズになることが挙げられます。建設プロジェクトは、建設会社・設計者・施工業者・監督者・顧客など多くの会社や人が関わってきます。こういった状況になると、建設業務を安全で効率
的に進めていく必要があるでしょう。

建設プロジェクトに関連した人同士での情報共有がスムーズであればあるほど、スムーズに業務が進んでいきます。

資料が管理しやすくなる

資料管理がしやすくなるのも、ITツールを導入するメリットの1つと言えます。建設業では、工程管理表や図面など様々な資料を扱います。紙の資料だとかさばってしまい、資料の管理が複雑になるだけでなく、資料を紛失するおそれもあるでしょう。

ITツールを導入すれば、資料の管理が楽になるだけでなく、内容の修正も簡単に行えます。

コストを削減できる

コストを削減できるのもITツールを導入するメリットと言えます。建設業では、現場の写真・図面・管理工程表など、大量の紙を使用します。またそういった資料を関係者に配るので、金銭的・時間的なコストがかかってくるのが特徴です。

ITツールを導入すれば、資料は個人のスマホやPCでいつでも確認できるため、紙を印刷する手間が省けます。その結果、印刷にかかるインク代・紙代のコストが削減できるのです。

施工管理アプリおすすめランキングの紹介記事はこちら

施工管理アプリおすすめ!無料ソフトや口コミも紹介!施工管理アプリおすすめランキング12選!無料ソフトや口コミも紹介!

建設業で業務改善を進めるときのポイント

ここからは、建設業で業務改善を進めるときのポイントを紹介します。

  • スモールスタートで進める
  • 助成金などを活用する
  • 実施後は評価を行う

スモールスタートで進める

建設業で業務改善を進めるときのポイントとして、まずはスモールスタートで進めることが大切です。いきなり企業全体でITツールを使用してしまうと、仕様の変更に戸惑ってしまう社員が続出して、現場を混乱させてしまう可能性があります。

大手の建設業では、ドローンによる3Dでの測量効率化を行っていたり、AIでの構造打診アプリを使用して、熟練工欠員の補充が行われています。

助成金などを活用する

建設業で業務改善を進めるときには、助成金などを活用するのも1つの方法です。ITツールを導入するには膨大な費用がかかります。

助成金に関しては、ICT導入や労働環境の整備などを行うことで、助成金の交付対象になる可能性があります。「ITツールの導入費用は高額なので導入は難しい」と諦めず、自社が受けられる助成金はないか確認してみてください。

【2024年】建設業でおすすめの助成金・補助金一覧と申請時のポイントについてはこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

建設業 補助金【2024年】建設業でおすすめの助成金・補助金一覧!申請時のポイントについても徹底解説!

実施後は評価を行う

建設業で業務改善を進める際のポイントとして、実施後は評価を行うことが大切です。ITツールを導入しただけでは、必ずしも業務改善できているとは限りません。

また、施策の効果を客観的に測定することで、改善の方向性を確認するための指針となります。また、失敗した場合は、KPIや目標の変更も検討するようにしてください。

業務改善 助成金業務改善助成金とは?対象要件や申請手順などをわかりやすく解説

補助金申請代行 おすすめ 建設建設業向け補助金申請代行おすすめ13選!選び方やメリットも紹介!

【まとめ】建設業の業務改善は自社に合う方法で取り組もう!

建設業の業務改善が必要な理由としては、人手不足や建設業の働き方改革などが挙げられます。業務改善が悪化する理由としては、下請け構造により情報が共有しにくい・属人化しやすいなどがあるでしょう。

これから建設業で業務改善を行おうと思っている企業の方は、ぜひ上記で紹介した「業務改善を進める方法や進めるときのポイント」を参考にしてみてください。きっとこれまでよりも働きやすい職場環境に変わります。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!