振動ドリルおすすめランキング15選!選び方やメーカーの特徴も解説

振動ドリルおすすめ

様々な素材に穴あけができる振動ドリルは、多くの職人にとって必需品です。しかし、様々な振動ドリルがホームセンターやネットショップで販売されているため、何を選べばよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は振動ドリルの選び方を、おすすめの製品を併せて紹介していきます。

振動ドリルとは

振動ドリルとは通常のドリル同様に回転の力だけではなく、垂直方向に打撃の力を加えることで穴あけをする工具です。強力な打撃の力で、石材やコンクリートやモルタルなど通常のドリルでは難しい素材にも穴をあけられるのが特徴です。振動機能はオン/オフの切り替えができる製品も多く、そのような振動ドリルは電動ドリルとしても使用できます。

ハンマードリルやインパクトドライバーとの違い

振動ドリルは、ハンマードリルやインパクトドライバーと良く混同されますが機能は異なります。
ハンマードリルは振動により打撃を与えるという点では振動ドリルと同じです。しかし、目的は大きな穴を開けたり、砕いたりすることにあるプロ専用の工具であるため使用用途が異なります。
また、インパクトドライバーも「回転に打撃を加える」という点では類似していますが、振動ドリルが縦方向に打撃を加えるのに対してインパクトドライバーは回転方向に打撃を加えるという特徴があります。そのため、インパクトドライバーは効率的にねじ締めを行うための工具として用いられています。

振動ドリルの選び方

振動ドリルを選ぶ際は、以下の4つのポイントを意識しましょう。

  • 電源タイプから選ぶ
  • 形状から選ぶ
  • 最大穴あけ能力から選ぶ
  • 機能性から選ぶ

以下で詳しく説明していきます。

電源タイプから選ぶ

振動ドリルの電源タイプは、以下の2種類のいずれかです。

  • 充電式
  • コード式

双方の特徴やメリットは以下の通りです。

充電式

充電式の振動ドリルは持ち歩きやすく、電源のない屋外の現場でも使用できるのが利用する最大のメリットです。コードが作業時に邪魔にならないのも魅力です。
しかし、バッテリーがあるため重くなる、バッテリーが切れると作業ができなくなるというデメリットがあります。そのため、長時間の現場では予備のバッテリーを持ち歩かなければならない場合もあるでしょう。

コード式

コード式の振動ドリルを使用するメリットは、電源から常に電力を供給できるため安定したパワーで作業できることにあります。また、バッテリーを搭載しないため、比較的軽量で安価なモデルが多いのも嬉しいポイントです。
しかし、コードがあるため取り回しにくいこと、電源がない現場では使用できないため使う場所が限定されるというデメリットもあります。使用場所が屋内などある程度決まっている方におすすめです。

形状から選ぶ

用途に合った形状の振動ドリルを選ぶのも大切です。振動ドリルの形状は一般的に

  • ピストル型
  • D型ハンドル

のいずれかです。
ピストル型は、小型で取り回しやすいモデルですが強い力を必要とする作業には不向きです。そのため、銅板や木材の穴あけをメインにする方におすすめです。
D型ハンドルはグリップ部分がアルファベットのDに似ていることから名付けられています。重量があり大きいため持ち運びにはやや不便ですが、大きな力で作業できるためコンクリートの穴あけに最適です。

最大穴あけ能力から選ぶ

最大穴あけ能力とは、穴をあけられる大きさを表示するもので「〇mm」の表示は穴の直径を示しています。
振動ドリルを選ぶ際に最も重要ともいえるポイントともいえるでしょう。最大穴あけ能力は10mm~40mmまで幅広い製品があるので、その中から自分の業務で開けたい穴の大きさをカバーできる製品を選んでください。

機能性から選ぶ

振動ドリルには搭載されている機能で選ぶのも一つの方法です。代表的な機能は以下の2つです。

  • ドライバー機能
  • 変速機能

以下で詳しく説明していきましょう。

ドライバー機能

振動ドリルの中には、ねじを締められるドライバー機能を搭載しているものもあります。ドライバー機能搭載モデルの振動ドリルは、締めすぎを予防するクラッチ機能が付いているのが特徴です。
ドリルドライバーを持ち歩かなくても一台で二役を兼ねられるので、工具を多く持ち歩きたくない方にはおすすめの機能です。

変速機能

変速機能とは、回転数や打撃数を変更できる機能です。作業状況に合わせて回転速度を変更可能なため、通常のドリル同様の使い方もできます。変速機能つきの振動ドリルにはダイヤルやレバーで無段階変速調節が可能なものや、ワンタッチ変速機能で一気に回転数を落とせるモデルなどがあります。

変動ドリルおすすめメーカー

変動ドリルを選ぶのなら、信頼できるメーカから選びたいという方も多いのではないでしょうか。そこで、変動ドリルのおすすめメーカーを、3つピックアップしました。

  • マキタ
  • ハイコーキ
  • ボッシュ

以下でそれぞれのメーカーの特徴を解説していきます。

マキタ

マキタは1915年に愛知で創業された、日本の代表的な工具メーカーです。マキタの振動ドリルは、高性能でハイパワーなモデルが多いのが特徴で、特に充電式の多機能ドライバードリルに定評があります。中でもブラシレスモーター搭載モデルは、高出力と高耐久を両立しているのが特徴です。

ハイコーキ

ハイコーキは元の名前が日立工機といい、日立グループから実績を築いた国内の工具メーカーです。ハイコーキの振動ドリルは、電源式に定評があり安価な価格ながら軽量で作業しやすいことで知られています。
また、使い込んでも文字が消えない2層成形のクラッチダイヤルや、クラス最大トルクなど機能性も充実。プロ向けのD型ハンドルタイプや充電式モデルも展開しており、様々な現場の方にマッチする製品が見つかるメーカーです。

ボッシュ

ボッシュは、1886年創業のドイツの老舗工具メーカーです。ボッシュの振動ドリルの特徴は、スタイリッシュなデザインと性能の高さです。特に耐久性には高い評価があり、ハードな現場の多いプロの職人からも愛されています。
充電式のモデルで実績が多く、様々なアタッチメントに付け替えられるカスタマイズ性も好評で、さらにワンタッチで先端が交換できるキーレスチャック機能搭載のモデルも。幅広いニーズにこたえる玄人好みのメーカーの1つです。

振動ドリルおすすめランキング15選!

振動ドリルを選ぶには、様々な点を考慮しなければなりません。しかし、
「とにかく急いで振動ドリルを買わなければならない」
「人気のあるモデルの中から選びたい」
という方も多いのではないでしょうか。そこで、おすすめの振動ドリルを15個ピックアップしました。一覧はこちらです。

以下でそれぞれの製品について解説していきます。

1.マキタ(Makita) HP484DZ 充電式震動ドリル 青 本体のみ 18V

引用元:https://amzn.to/4cJDWmV

価格:¥17,127 税込
電源:バッテリ駆動
最大回転数:2000
電圧:18 ボルト
サイズ:23.4L x 9W x 22.9H c
重さ:‎1.45kg
コンパクトながら石工の穴あけにも対応したハイパワーのプロ向けの振動ドリル。2灯式のLEDライトで暗所の作業にも対応しており、さらに21段クラッチで細かな調整が可能なのも魅力です。アプトという防じん・防滴加工もされているため、過酷な現場にも適応します。石工13mm、鉄工13mm、木工38mmの穴あけ能力があります。

2.マキタ(Makita) 充電式4モードインパクト 18V TP141DZ

引用元:https://amzn.to/3J611m6

価格:¥24,566 税込
電源:コードレス
最大回転数:2,700
電圧:18 ボルト
サイズ:‎17.1 x 7.9 x 25 cm
重さ:1.37 kg
コンパクトながらインパクトドリル/振動ドリル/ドリル/ねじ締めの4つの機能を搭載したハイスペックモデル。1~9段のクラッチと高速・低速の18段階トルク設定であらゆる作業に対応しています。
電子クラッチ機能搭載。振動ドリルモードではコンクリート8mm、ドリルモードでは最大鉄工10mm、木工21mmの穴あけ能力があります。

3.マキタ Makia 振動 ドリルドライバ 本体 XPH07 【USAマキタ製品】

引用元:https://amzn.to/4cNZQoS

価格:¥23,120 税込
電源: 充電式
最大回転数:2,100
電圧:‎18 ボルト
サイズ:‎38.1 x 15.24 x 27.94 cm
重さ:2.51 kg
マキタのUSAモデルの振動ドリル。2段階のスピード切替と21段クラッチであらゆる現場に対応。123 N・mの締め付けトルクのハイパワーが魅力です。レンガ16mm、鉄工13mm、木工76mmの穴あけ能力があります。

4.HiKOKI(ハイコーキ) 振動ドリル AC100V FDV18V

引用元:https://amzn.to/3U6evEL

価格:¥11,000 税込
電源: コード式
最大回転数: 3100
電圧:100 ボルト
サイズ:‎30 x 10 x 25 cm
重さ:1.7 kg
コード式の振動ドリルで、無段変速機能と微調整ダイヤルを搭載しています。さらにモード切替えボタンでドリルと振動ドリルの切り替えがワンタッチで可能です。手にやさしいソフトグリップ仕様で作業もしやすい、コストパフォーマンスに優れた振動ドリルです。コンクリート18mm、鉄工13mm、木工30mmの穴あけ能力があります。

5.Bosch DIY(ボッシュ) コードレス振動ドライバードリル EID1108

引用元:https://amzn.to/3TLHHiV

価格:¥11,700 税込
電源:バッテリ駆動
最大回転数: 1500
電圧:10.8 ボルト
サイズ:‎29.4 x 26 x 9.8 cm
重さ:1.1 kg
超軽量ながら、コンクリート6mm、 木工20mm、 鉄工8mmの穴あけ能力をほこる振動ドリルです。ギア式2段変速、無段変速メインスイッチや20段階トルク調整などの多彩な機能も魅力。小型LEDライトもついているため、暗所の作業も安心です。キーレスチャックで先端の交換も容易。

6.HiKOKI(ハイコーキ) 振動ドリル DV12V

引用元:https://amzn.to/3VNEBxG

価格:¥19,000 税込
電源: コード式
最大回転数:2900
電圧:100
サイズ:‎27 x 13 x 22 cm
重さ:‎1.4kg

コンクリート12mm、鉄工10mm、木工15mmの穴あけ能力のあるモデルです。狭所作業にも適しています。筒型ハウジングとアルミ製のギヤカバーを採用しており、耐久性にも優れたモデルです。

7.マキタ(Makita) 震動ドライバドリル MHP001

引用元:https://amzn.to/43RLEHI

価格:¥10,364 税込
電源:コード式
最大回転数:1500
電圧: 100
サイズ:‎23.5 x 6.6 x 20.6 cm
重さ:1.2 kg
石工8mm、鉄工10mm、木工28mmの穴あけ能力があります。振動ドリル/ドリル/ネジ締めの3つのモードに切り替え可能です。20段クラッチや2段変速で高精度な締め付けや穴あけが可能。レンガやタイルにも高速に穴あけができる軽量ながら頼もしい振動ドリルです。

8.イチネンアクセス RELIEF(リリーフ) 振動ドリル 82404 電気ドリル兼用型

引用元:https://amzn.to/3TPdI9T

価格:¥3,999 税込
電源:コード式
最大回転数: 2700
電圧:100 ボルト
サイズ:29 x 21 x 6.5 cm
重さ:1.75 kg

3000円台と安価ながら、振動ドリル/ドリルの切り替えができるコストパフォーマンスに優れたモデルです。さらに無段階変速機能や、回転速度調節機能も搭載しています。穴あけ能力はコンクリート最大直径13mm、金属最大10mm、木材最大30mmです。

9.BOSCH(ボッシュ) 可変速|逆回転 振動ドリル PSB450RE

引用元:https://amzn.to/4aLEN4S

価格:¥7,163 税込
電源: コード式
最大回転数:2600
電圧:100 ボルト
サイズ:‎30.1 x 24.5 x 7.9 cm
重さ:1.5 kg

軽量でコンパクトな振動ドリルですが、コンクリート10mm、鉄工8mm、木工20mmの穴あけ能力があります。振動ドリルと電子ドリルの2タイプが利用可能で、ワンタッチで切り替えができます。さらに電子無段変速スイッチや逆転切換え機能などの便利なシステムも搭載しています。

10.E-Value 振動ドリル EID-650VA

引用元:https://amzn.to/43LiKc5

価格:¥7,686 税込
電源:コード式
最大回転数:2600
電圧:100 ボルト
サイズ:‎26.5 x 6.5 x 21.5 cm
重さ:4.26 kg

木工21mm、鉄工10mm、コンクリート13mmの穴あけ能力があります。深さゲージや無断変速スイッチを搭載しているため、位置や深さを決めるのも簡単に。さらにスイッチロックボタンがあるため、連続作業が多い現場にも適しています。

11.HiKOKI(ハイコーキ) 18V振動ドライバ DV18DC(NN)

引用元:https://amzn.to/3xsVtQc

価格:¥33,927 税込
電源:バッテリ駆動
最大回転数:2000
電圧:18 ボルト
サイズ:‎36.4 x 22 x 13.5 cm
重さ:2.48 kg
鋼材16mm、アルミ16mm、木材102mm、モルタル20mmの穴あけ能力があります。ジャイロセンサによるリアクティブフォースコントロールを搭載しており、センサーが所定の角度を検出するとモーターが自動停止します。ネジ締め機能も搭載しており、呼び径12mm×長さ100mmのネジ締めが可能。再度ハンドルは11段階に調整可能で、あらゆる現場に対応できます。大規模な現場にも対応できるハイスペックなモデルです。

12.マキタ(Makita) HP474DZ 充電式震動ドリル 青 本体のみ 14.4V

引用元:https://amzn.to/4cN8xQr

価格:¥16,207 税込
電源:バッテリ駆動
最大回転数:2000
電圧:14.4 ボルト
サイズ:‎23.2 x 22.8 x 9 cm
重さ:1.41 kg
小型ながら、石工13mm、鉄工13mm、木工38mmの穴あけ能力があります。高鋼性アルミボディには防塵、防摘加工がされているため耐久性も抜群です。21段クラッチや2灯式のLEDライトなどの機能も搭載しています。

13.ボッシュ 振動ドリル PSB620RE

引用元:https://amzn.to/3PQeLoV

価格:¥8,780 税込
電源:コード式
最大回転数: 2800
電圧:
サイズ:36.29 x 31.2 x 11.3 cm
重さ:3.2Kg
電子無段階変速を搭載した振動ドリルで、コンクリート13mm、木工25mm、鉄13mmの穴あけ能力があります。キーレスチャックを採用しているため、ワンタッチで簡単に先端の工具が交換できるのも魅力です。

14.HiKOKI(ハイコーキ) 振動ドリル DV20VF

引用元:https://amzn.to/3VMh3ck

価格:¥27,000 税込
電源:コード式
最大回転数:2900
電圧:100 ボルト
サイズ:‎41.4 x 7.8 x 14.8 cm
重さ:2.9 kg
二段変速シフトレバーで、高速と低速を簡単に切り替えできます。過負荷耐力が従来機器の約1.4倍の強力モーターを搭載しているため、耐久性も抜群です。最大穴あけ能力はコンクリート20mm、鉄工13mm、木工40mmです。

15.マキタ(Makita) 震動ドリル M816K

引用元:https://amzn.to/3U8oVUc

価格:¥11,959 税込
電源:コード式
最大回転数: 3200
電圧:100
サイズ:‎29.6 x 7.5 x 20.4 cm
重さ:1.9 kg

プラスチックケース付きがうれしい振動ドリルは、コンクリ16mm、鉄工13mm、木工30mmの穴あけ能力があります。連続穴あけに便利なストッパポールや、再度クリップなどの嬉しい機能も搭載しています。

【まとめ】振動ドリルは用途に合わせて選び作業効率を向上させよう

回転だけでなく垂直の打撃の力も加えてパワフルに穴あけができる振動ドリルは、様々な業務を効率化してくれます。ネジ開けや通常のドリル機能も必要か、求める穴あけ能力を満たしているかなどを吟味し、自分の用途に合った振動ドリルを選び業務効率化につなげましょう。

スライド丸ノコ おすすめスライド丸ノコおすすめランキング10選!特徴や選び方も紹介腰袋 おすすめ腰袋のおすすめランキング15選!選び方やメーカーの特徴も紹介

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!