個人事業主や一人親方でもファクタリングは利用できる?おすすめのファクタリング会社も紹介!

建設業は資金繰りが難しい業種です。個人事業主で仕事を営む方のなかには、

  • 一人親方でもファクタリングを利用できるのだろうか

と不安に感じている人もいらっしゃるでしょう。
結論から述べると個人事業主の利用に対応した、建設業向けのファクタリング会社であれば、申し込み可能です。しかし、注意しないと、審査に通らなかったり、予想以上の手数料がかかったりすることもあります。
そこで本記事では、ファクタリングの仕組み、メリット、注意点、一人親方におすすめのファクタリング会社を解説します。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは、保有する売掛債権を譲渡して資金化することです。ファクタリングを利用すれば、売掛先からの入金より早く、資金化できます。建設業では、工事が完了するまでの期間が長く、回収に時間がかかる傾向にあるので、資金繰りが悪化しがちです。売掛債権の回収より先に、材料費や人件費の支払いが増え、最悪の場合、黒字にもかかわらず倒産するかもしれません。ファクタリングを上手に利用することで、債権をスピーディに資金化でき、資金繰りを改善できます。

ファクタリングはどのような時に使用するべき?

ファクタリングは、資金調達のために借金をできない、もしくは借金をしたくないときに使用しましょう。経営状況が悪化していると、銀行の融資を断られることが多くあります。借金は利息がかかり、支払いの負担が増えるため、借金をしたくない人も多いでしょう。ファクタリングは借金ではなく、支払われる予定の報酬を前倒しで受け取るだけです。ファクタリングにより、財務状況を悪化させずに、資金を手に入れられます。また、ファクタリングは最短で即日資金を入手できるので、急な出費にも対応できます。

ファクタリングの種類

ファクタリングの種類は、「買取型」と「保証型」に大別できます。買取型では、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらいます。売掛先からの入金を待たずに、債権を資金化可能です。買取型ファクタリングはさらに、2者間型と3者間ファクタリング型に分けられます。2者間型であれば、売掛先に知られずにファクタリングを利用できます。3者型は、売掛先にファクタリングの利用が通知されますが、2者型より手数料が安価です。
保証型では、保証料をファクタリング会社に支払い、売掛先からの入金を保証してもらいます。売掛先が倒産して債権が回収できなくても、保証された金額を得られます。

個人事業主や一人親方でもファクタリングは使える?

個人事業主や一人親方でも、ファクタリングを利用できます。銀行の融資審査に通過できず、ファクタリングを本当に利用できるか不安な人も多いかもしれません。ファクタリングの審査では、利用者の信用よりも、売掛先の信用が重要です。売掛先が倒産して売掛債権の回収ができないことが、ファクタリング会社にとって最も痛手です。したがって、利用者よりも、債権先の信用情報が、ファクタリングの審査で重視されます。利用者の信用度が高くても、債権先の信用度が低いと、ファクタリングが利用できなかったり、利用できても手数料が高くなったりするかもしれません。

個人事業主や一人親方がファクタリングを利用するメリット

ファクタリングを利用して、資金繰りを改善できることがメリットに挙げられます。建設業では、大規模な工事ほど、売掛債権の回収が長期化し、人件費や材料費といった支払いが高額になるため、資金繰りが悪化しがちです。経営状況があまりにも悪いと、金融機関の融資も受けられません。ファクタリングであれば、利用者の信用度よりも債権先の信用度が重要視されるので、金融機関の融資を受けられなかった個人事業主や一人親方でも利用できます。ファクタリングの利用審査は、金融機関の融資審査よりも手続きが簡単かつ速やかであることもメリットです。

個人事業主や一人親方がファクタリング会社を選ぶ際の注意点

個人事業主や一人親方がファクタリング会社を選ぶ際に、いくつかの注意点があります。

  • 個人事業主でも受け入れてもらえるか
  • 2者間ファクタリング会社であるか
  • 手数料が低いか
  • 注文書のファクタリングに対応しているか
  • 建設業界に理解がある企業か

注意点をそれぞれ解説します。

個人業主でも受け入れてもらえるか

ファクタリング会社を選ぶ際は、個人事業主でも受け入れてもらえるか確認しましょう。ファクタリング会社の中には、個人事業主の利用を受け付けていないものもあります。公式サイトの利用規約を見たり、問い合わせたりするなどして、個人事業主でも利用可能か事前に確認してください。個人事業主に特化したファクタリング会社は、少額買取や即日審査に対応しているものも多いので、急な出費が必要なときでも安心して頼れるでしょう。

2者間ファクタリング会社

2者間ファクタリングを利用できるか、ファクタリング会社を選ぶときにチェックしましょう。2者間ファクタリングは、売掛先には知られないことがメリットです。ファクタリングの利用によって、資金繰りが悪化していることが売掛先に知られてしまうと、売掛先からの評価が下がり、今後の仕事を受注できないかもしれません。手数料が高い傾向にありますが、今後の仕事に悪影響がないよう、2者間ファクタリングの利用をおすすめします。

手数料が低いか

ファクタリング会社を選ぶ際には、手数料の価格を確認することも重要です。手数料はファクタリング会社によって異なるので、各会社の公式サイトを見て比較しましょう。ただし、手数料の安さだけで選ぶのは禁物です。手数料が安い場合、長期間の利用が必要であったり、最低利用額が高めであったりして、負担が予想外に大きくなる恐れがあります。各会社の利用規約を十分に読み、手数料と利用条件を把握して、自分に合った会社を選びましょう。

注文書のファクタリングに対応しているか

利用したいファクタリング会社が、注文書のファクタリングに対応しているかも大切です。請求書を用いて売掛債権が買い取られるのが、一般的なファクタリングです。しかし、一部のファクタリング会社は、注文書でのファクタリングに対応しています。通常、請求書は工事の完了後に発行・送付する一方で、発注書は工事の開始前に発行・送付します。発注書のファクタリングを利用すれば、工事完了前に資金を入手可能です。工事開始前に材料費や人件費に資金を充てて、資金繰りを改善できます。

建設業界に理解がある企業か

ファクタリング会社を選ぶときは、建設業界に理解がある企業を選びましょう。建設業は工事の完了まで長い期間がかかり、それに伴って売掛債権の回収も長期化する傾向にあります。回収が長期化する売掛債権は、ファクタリング会社にとってリスクが高いため、審査に通らない恐れがあります。回収が長期化しがちな売掛債権や、資金繰りの難しさといった、建設業界の傾向に理解のあるファクタリング会社であれば、審査に通る可能性が高いでしょう。

一人親方・個人事業主におすすめのファクタリング会社7選

一人親方・個人事業主におすすめのファクタリング会社は、以下の7つです。

  • ラボル
  • No.1ファクタリング
  • Terasu株式会社
  • けんせつくん
  • いーばんく
  • MSFJ
  • アクティブサポート

会社の特徴をそれぞれ解説します。

ラボル

ラボル

引用元:https://labol.co.jp/

「ラボル」は、フリーランス・個人事業主向けに特化したファクタリング会社です。ラボルの親会社である株式会社セレスは、東証プライムに上場しているので、高い信頼性があります。開業届を提出していないフリーランスでも利用できるのが特徴です。独立開業すべきか迷っている一人親方・個人事業主でも、安心して頼れます。ファクタリングの利用はWeb上で完結するので、煩雑な書類提出は必要ありません。最短60分での入金も魅力です。

No.1ファクタリング

No.1ファクタリング

引用元:https://no1service.co.jp/

「No.1ファクタリング」は、株式会社No.1が運営するファクタリングサービスです。2者間ファクタリングも可能なので、売掛先に知られずにサービスを利用できます。総合型、個人事業主特化型の他に、建設業特化型のサービスがあり、50~5,000万円までの資金調達に、最短即日で対応してくれます。Web申し込みだけでなく、電話申し込みも可能なので、緊急時に頼れるでしょう。ファクタリングの他社からの乗り換えにも対応しており、高い満足度を得ています。

Terasu株式会社

Terasu株式会社

引用元:https://terasu-factoring.com/

「Terasu」も、一人親方・個人事業主におすすめのファクタリング会社の一つです。総合型以外に、建設業特化型、個人事業主様・フリーランス特化型のファクタリングサービスがあります。即日振込率は88%、審査通過率は94%と高く、顧客リピート率は87%もあるので、安心して利用できるでしょう。30秒で完結する無料診断をオンライン上で利用できるので、急な出費が必要な場合でも、ファクタリングを利用できるかすぐに確認できます。

けんせつくん

けんせつくん

引用元:https://xn--y8jd4aybzqd.jp/

「けんせつくん」は、建設業界専門のファクタリングサービスです。建設業界に特化しているため、他のファクタリング会社で断られても、利用できる可能性が高いでしょう。最短2時間で資金化できることが魅力です。法人だけでなく、個人事業主でも利用できます。請求書以外に注文書でもファクタリングを利用できるので、工事に着手する前に、資金繰りを改善できるでしょう。Web申し込みに対応しており、スマホがあれば、いつでも申し込めます。

いーばんく

引用元:https://tomodachi-my.com/lp/

「いーばんく」は、株式会社アクシアプラスが運営するファクタリングサービスです。スピードプラン、ノーマルプラン、リーズナブルプランの、審査スピードと手数料の異なる3つがあり、自社の状況によって使い分けられます。LINEで問い合わせられる機能があるので、ファクタリングの利用に不安や疑問がある場合にも、簡単に質問できます。審査通過率は90%以上と高めなので、他のファクタリング会社の審査は通過できなくても、いーばんくでは審査通過を期待できるでしょう。

MSFJ

MSFJ

引用元:https://msfj.co.jp/

「MSFJ」も、一人親方・個人事業主でも利用できる、おすすめのファクタリング会社です。電話やWebで申し込め、最短即日で売掛債権を買い取ってもらいます。MSFJは、建設業向けの斡旋サービスやコンサルティングをメインに展開しており、建設業特有の資金繰りの難しさを熟知しているので、建設業従事者は特に頼れるでしょう。資金繰り以外にも、工事の請負や斡旋の悩みがある人は、ファクタリングだけでなくコンサルティングサービスの利用も検討してください。

アクティブサポート

アクティブサポート

引用元:https://ac-s.net/

「アクティブサポート」も、一人親方・個人事業主におすすめのファクタリング会社です。必要な書類は、通帳3か月分と、買取対象請求書の2点だけなので、簡単に申し込めます。オンラインで24時間いつでも申し込み可能です。契約締結書もクラウドサービスで発行されるので、紙への捺印が必要なく、オンライン上で完結します。事務手数料が不要であることも魅力です。最短2時間で入金されるので、急いでいるときにも頼れるでしょう。

建設業の法人向けファクタリング会社

法人向けのおすすめのファクタリング会社についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。こちらも合わせて参考にしてみてください。

建設業でファクタリングを使うメリットとは?おすすめのファクタリング会社も紹介!

建設業における資金繰りや融資をうけるコツ

建設業における資金繰りのコツは
・入出金管理をしっかりと行う
・赤字受注しない
といったことがあげられます。また、融資をうけるには以下の4つの方法があげられます。
①銀行
②信用金庫・信用組合
③信用保証協会
④日本政策金融公庫

それぞれについては以下の記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてください・
建設業の資金繰りのコツは?資金調達・融資の受け方などを徹底解説! 建設業で融資を受けるには?運転資金用の融資を受ける方法や準備を徹底解説!

【まとめ】ファクタリングを利用して、個人事業主の資金繰りの課題を解決しましょう!

ファクタリングの仕組み、メリット、注意点、一人親方におすすめのファクタリング会社を解説しました。金融機関の融資を受けられなかった一人親方でも、ファクタリングを利用して資金繰りを改善できます。建設業に理解のあるファクタリング会社を選ぶことが大切です。2者間ファクタリング可能か、注文書のファクタリングに対応しているかも確認しましょう。ぜひ本記事を参考にして、ファクタリングを上手に利用し、資金繰りを改善してください。

※弊社の営業代行サービスツクノビは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました! ツクノビ_建築建設業界特化の営業代行 詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!