建設業から転職する方法!おすすめの業界や職種を解説!

「建設業を離れたい」「建設業から転職するのはどのような業界がおすすめなのだろう」とお悩みではありませんか?そこで今回は建設業界に従事している人におすすめの業界や職種を紹介するとともに、実際に転職する際の流れや注意点について詳しく解説していきます。現在転職活動中の人にとっても、転職を検討している人にとっても役立つ情報です。ぜひ参考にしてください。

建設業で転職を検討した経験がある人の割合

人手不足が囁かれる建設業界ですが、実際に建設業で転職を検討したことのある人はどのくらいいるのでしょうか?JAGフィールドの働き方への満足度調査によると、建設業で転職を検討した人の割合はなんと68.2%に及ぶことがわかりました。また、転職を検討した理由は下記のとおりです。

  • 給料が上がらないとき(27.8%)
  • 休みが取れないとき(25.8%)
  • 人間関係に煩わしさを感じたとき(25.1%)

転職を検討する理由は人それぞれですが、約7割の人が何かしらの不満を抱えている様子がわかります。下記では建設業から転職するメリットとデメリットを解説するので、ぜひ参考にしてください。
参考:JAGフィールド株式会社

建設業から転職するメリット

建設業から転職するメリットは主に下記のとおりです。

  • 肉体的な負担が軽減される
  • プライベートの時間を確保できる
  • 自分のスキルや経験に合った評価が得られる(高い給与・高待遇)
  • 新しい業界へ挑戦できる

建設業は肉体労働のうえ、残業が多く休みが少ないという特徴があり、身体への負担が大きい職種です。「身体の疲れが取れないまま出勤、残業」という生活を送っている人も多いのではないでしょうか。
オフィスワークや身体への負担が少ない業界に転職することで、心身ともに健康に良く、プライベートの時間を確保しやすくなるメリットがあります。
また、新しい業界へ挑戦したり、自分のスキルや経験を評価してくれる会社に転職できれば給与アップ・高待遇・キャリアアップなどのチャンスが広がるでしょう。

建設業から転職するデメリット

つづいて建設業から転職するデメリットを確認していきましょう。

  • 今までのスキルや経験が活かせない場合がある
  • 給与が低くなる場合がある
  • 環境の変化がストレスになる可能性がある

建設業とは異なる業界に転職した場合、これまでのスキルや経験が活かせないことも考えられます。また一から仕事を覚えなければならないことも多々あるでしょう。また、残業代で高い給与を得ていた人は、身体への負担が少なくなる代わりに給与が低くなる可能性も考慮しなければなりません。その場合は、給与が低くなっても問題なく生活していけるか、事前に支出を確認しておきましょう。労働時間と給与のバランスをみて決めることが重要です。
建設業に関わらず、転職による環境の変化は多かれ少なかれストレスを伴います。新しい環境に慣れるまでは精神的に疲れてしまうこともあるでしょう。

建設業界からの転職先としておすすめの業界6選

建設業界からの転職先として人気の業界を紹介します。自分にはどの業界が向いているのか意識しながら確認してみてください。おすすめの業界は下記の6つです。

  • IT・Web業界
  • 不動産業界
  • 公務員
  • 飲食業界
  • 宅配ドライバー
  • 製造業

それぞれの業界の特徴やおすすめの理由を解説します。

IT・Web業界

一見建設業界とは無関係に思えるIT・Web業界ですが、転職先に人気の業界です。昨今、建設業界の広告は新聞・チラシなどの紙媒体からWeb広告へ移行しています。
建設業でのスキルや経験を活かし、ホームページの制作や運用などに携われる可能性が高いといえるでしょう。また、建設業界で培ったスキルや知識はクライアントからの信頼も獲得にもつながります。

参考:転職におすすめの業界はどこ?高年収&将来性ある業界の選び方

不動産業界

不動産業界も、建設業での経験や知識を活かせる業界です。不動産業界で求められる資格や経験は、建設業界と通ずるものが多くあります。例えば施工管理や発注など、建設業界で培った経験が役立つ業務内容が多く、転職する際に有利にはたらくでしょう。
宅地建物取引士・建築士・建築施工管理技士などの資格があると、転職の際にアピールしやすくなり採用される確率も上がることが期待できます。

公務員

屋外での長時間労働や休日の少なさに不満がある人は、公務員への転職もおすすめです。建設業は身体への負担が大きい業界のため、退職まで今の労働時間や労働環境で働き続けることを不安に思う人にはぴったりの業界と言えるでしょう。公務員であれば残業も少なく、休日もしっかり取れるうえに充実した福利厚生などが期待できます。また、公務員は景気に左右されにくく、リストラなどの人員削減がないホワイトな業界です。ただし、公務員は人気があるため、求人募集自体少ないのが特徴です。

飲食業界

建設業から飲食業界への転職もおすすめです。飲食業界でも立ち仕事がメインになりますが、建設業と比べると少ない体力で働けるでしょう。また、建設業は天候に左右され、夏場や冬場などの過酷な環境で働く必要があります。しかし飲食業界は屋内の業務であり、建設業に比べて冷暖房が完備している快適な環境のもと働くことができるでしょう。
調理場でもくもくと作業したい人は、調理師免許を取得しておくと転職の際に有利になります。

宅配ドライバー

運送業界は未経験でも転職しやすいため、新しいキャリアを築きやすい業界です。ネットショッピングの普及に伴い、需要が高まっている宅配ドライバーへの転職も検討してみましょう。1人で業務をすることが多い宅配ドライバーは、人間関係に煩わしさを感じることが少ないのもメリットです。現在の転職を検討する理由が「人間関係の煩わしさ」という人にとって、宅配ドライバーは非常に働きやすい業界と言えるでしょう。また、人手不足が深刻化しているため異業種からも参入しやすく、歓迎してくれることもおすすめの理由の1つです。

製造業

製造業も、建設業からの転職におすすめの業界です。とくに建設業でものを作る技術職に従事していた人や、購買管理や施工管理の経験がある人は、製造業でも引き続き知識や経験を活かしながら、情熱をもって業務に取り組める可能性が高いでしょう。また、製造業がおすすめな理由は労働環境にもあります。製造業は屋内の作業が多く、清潔で快適な環境で働けることがメリットです。「屋外での作業が体力的に厳しい」という人にとって、製造業はおすすめの業界と言えます。

建設業界からの転職先としておすすめの職種3選

建設業界からのおすすめの転職業界は、これまでのスキルや経験を活かせるものから、まったく新しい業界までさまざまです。ここからは建設業界からの転職先としておすすめの職種を3つ紹介します。

  • マーケティング職
  • 営業職
  • 電気関係の技術職

現在どのような理由で転職を検討しているかによって、適した転職先は異なるでしょう。自分に合う職種はどれか、下記を参考にしてください。

マーケティング職

マーケティングとは、商品やサービスを戦略的に宣伝し、効率の良い集客法を提案する仕事です。ホームページ・動画広告・SNSなどのPR活動がメインとなるため、将来性のある職種と言えるでしょう。また、景気にも左右されにくいというメリットもあります。建設業とは異なる分野ですが、マーケティング職はおすすめの転職先の1つです。

営業職

営業職の魅力といえば、自分の成績や評価が給与に反映されやすい点と言えるでしょう。「建設業界では残業をしなければ給与が上がらなかった」という人や「年功序列体質ではなく実力で勝負したい」という人は、自分の頑張り次第で給与アップが見込める営業職に転職するのも1つの手段です。
建設業界で培った知識やコミュニケーションスキルを存分に発揮できる職種です。

電気関係の技術職

電気関係の技術職は、建設業界と同じ業種であるため今まで培ってきたスキルやキャリアが存分に活かせるでしょう。ただし、労働時間や肉体的な負担は建設業界とさほど変わりません。労働環境が変わらないことを踏まえたうえで電気関係の技術職に転職するなら、ぜひ電気工事士の資格を取得して安定収入を目指しましょう。電気工事士の試験には受験資格がないため、比較的取りやすく、今後のキャリアアップにもつながります。

建設業界からの転職先する際の5つのステップ

ここからは建設業界から転職する際のステップを紹介していきます。具体的な順序は下記のとおりです。

  • 履歴書の作成
  • ポートフォリオの作成
  • 面接の準備
  • 人脈を活用して転職先を探す
  • 専門性を高める

転職を成功させるために上記のようなステップを踏んで準備をしましょう。詳しく解説するのでぜひ参考にしてください。

1.履歴書の作成

まずは履歴書を作成しましょう。作成する際に重要なのは、転職先の業界や企業に合わせて作成することです。事前に企業理念を調べたり、どのような人材を求めているのか確認したりして自分のスキルや経験をアピールしましょう。誤字脱字に注意し、丁寧な字で書くようにすることが大前提です。

2.ポートフォリオの作成

建設業でどのような仕事をしていたのかを相手に提示できるように、ポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオとは作品集のようなもので、履歴書同様自分の第一印象を大きく決定づける重要なものです。ポートフォリオには下記の項目を掲載するのがおすすめです。

  • 自己紹介・実績
  • スキルレベル
  • 目指している将来のビジョン
  • 作品紹介

自分の職務経歴や担当してきた業務や実績、スキルレベルなどを掲載し存分にアピールしましょう。

3.面接の準備

面接の準備は入念に行いましょう。自分の経験やスキルをアピールするとともに、転職先にとって自分を採用した場合のメリットをしっかり伝えることが重要です。そのためには転職先の求める人物像を理解し、さまざまな方向からアピールしましょう。あらかじめ面接官に聞かれそうなことを想定し準備しておくと、慌てずに答えることができます。面接の際はハキハキと答え、明るい印象を与えましょう。

4.人脈を活用して転職先を探す

転職先を探す際は、職場や友人などの人脈を活用しましょう。人脈を活用することで、事前に転職先の情報や雰囲気がわかるというメリットがあります。また、間を取り持ってもらうことで採用される確率が上がることも期待できるかもしれません。

5.専門性を高める

それぞれの転職先に合わせて資格を取得したり、知識を身につけたりして専門性を高めましょう。転職に有利になる資格は多数あります。昨今は短期集中の講座やオンライン講座など、忙しい人でも取得しやすい資格があるのでチェックしてみましょう。

建設業界からの転職先で注意すべき5つのポイント

建設業界からの転職には注意すべきポイントがあります。後悔しないようにしっかりと対策をしてから転職活動を始めましょう。具体的なポイントは下記の5つです。

  • 転職の目的を明確にする
  • 決断後の行動は迅速に
  • 情報収集は幅広く
  • 前職の否定はNG
  • ポジティブな転職理由にする

詳しく解説していきます。

転職の目的を明確にする

まずは転職の目的を明確にすることが重要です。なんのために転職をしたいのか、どのようなことを転職先に求めているのかをしっかりと把握しましょう。そのためのステップとして、現在の仕事のどの部分に不満があり転職を検討しているのかを箇条書きにすることをおすすめします。例えば下記のようなことが挙げられます。

  • 給与が低いことが不満
  • 労働時間や休日の少なさに対する不満
  • 人間関係が不満
  • 新しいことに挑戦したくなった

不満に思っている部分を書き出したら、転職により不満が解決できるか慎重に判断しましょう。

決断後の行動は迅速に

転職を決断する前は、入念に調べて慎重に判断することが大事ですが、転職を決断したら迅速に行動に移しましょう。多くの人は働きながらの転職活動になるため、あまり長引くと精神的に疲労することが考えられます。また、良い条件の仕事は人気も高く、掲載期間を短くしている可能性もあります。年齢制限をかけている企業も多いため、転職を決断したら迅速に行動することがおすすめです。

情報収集は幅広く

転職する際の情報収集は幅広く行いましょう。なかには、求人サイトに掲載されている情報と実際の労働条件が異なる企業も紛れている可能性があります。「未経験者大歓迎」「経験・学歴不問」「即日から勤務開始可能」など、採用のハードルを低く設定している企業はブラック企業であることも視野に入れ、正しく幅広く情報収集を行いましょう。

前職の否定はNG

面接の際に、転職したい理由を面接官に問われることもあるでしょう。たとえ転職する理由が「給与が低い」「休みが少ない」「残業が多い」といったネガティブなものだったとしても、そのまま面接官に伝えるのは控えたほうが無難です。前職の否定的な発言は「文句が多い人」というマイナスなイメージを持たれてしまう可能性があるので注意しましょう。

ポジティブな転職理由にする

面接官に転職理由や志望動機は必ずといってもいいほどよく問われる項目です。その際には、ポジティブな転職理由に変換して伝えましょう。例えば「もっとキャリアアップして自己成長につなげたい」「自分のスキルや知識を役立てる会社に転職したい」といったポジティブな転職理由を伝えることで、成長意欲の高い人という印象を与えることができます。「自社に貢献してくれるだろう」「仕事熱心な人」と企業側に感じてもらうことができれば、採用確率もぐっと上がるでしょう。

建設業に強い求人サイトはこちらの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
建設業に強い求人サイト!建築の転職でおすすめのサイトを紹介建設業に強い求人サイト16選!建築の転職でおすすめのサイトを紹介

【まとめ】建設業界からの転職のおすすめ業界・職種は多数!

建設業界から転職したい理由は人それぞれあり、おすすめの転職先も複数あることがわかりました。重要なのは、現在抱えている不満を解決できる転職先を見つけることです。そのためにはまず、自分がどのような不満を抱えているのか、転職先にどのような条件を求めているのかを明確にしましょう。不満を解決できる企業に転職できなければ、現在と同じような悩みを抱えながら働いていくことになりかねません。後悔しないためにも慎重に判断しましょう。この記事が参考になりましたら幸いです。

建設業と建築業の違いについてはこちらの記事でより詳しく解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

建設と建築の違いとは?業界や仕事内容の違いも解説建設と建築の違いとは?業界や仕事内容の違いも解説

建設業界の今後の動向は?建設業界の今後の動向は?建設業界の現状や今後の将来性などを徹底解説!
※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!