ガントチャート工程表とは?バーチャートとの違いや作成手順なども解説

ガントチャート工程表

ガントチャート工程表は建設業において、工事などのプロジェクトを進める際に作成され、用いられています。ガントチャート工程表は、様々なタスクと作業日を管理できる工程表であるため、工事において欠かせないものです。そこで今回はガントチャートに関して、バーチャートとの違いや作成手順について詳しくご紹介します。

ガントチャート工程表とは

まずはガントチャートの概要から解説します。ガントチャートは先に紹介したように工事などに用いる工程表を指します。ガントチャートは、タスクの内容を縦の軸で、期日を横の軸で管理することによって、工事の進捗管理を行います。

ガントチャート工程表の目的

ガントチャートを作成する主な目的は、建設現場における作業の効率化です。複数の下請け業者が作業する工事現場となると、タスク管理や工程管理は複雑です。ガントチャート工程表は様々な作業やタスクの内容と期日や工期を見やすく表にしたものであるため、工事の進捗管理の助けになります。

バーチャート工程表との違い

ガントチャートと類似した工程表にバーチャートがあります。バーチャートは縦の軸で工事名を、横の軸で時間を管理します。ガントチャートがタスクの進度を横の軸のセルを埋めることで管理するのに対して、バーチャートは工事の進捗率を棒(バー)で管理します。互いに類似した工程表ではありますが、ガントチャートは多数の工程や工期の管理に長けた工程表です。

ガントチャート工程表以外の主な種類

バーチャートのように、ガントチャートの他に様々な工程表があるため幾つかをご紹介します。

  • バーチャート
    先程もご紹介したように、バーチャートは工事名を縦の軸で、時間を横の軸で管理します。
  • 出来高累計曲線
    縦の軸に作業進捗率を、横の軸に作業日数を記載する工程表です。出来高累計曲線は作業の進捗率に応じて、S字カーブを描きます。
  • ネットワーク式工程表
    ネットワーク式工程表は「〇」と「→」を用いることによって、作業のフローを可視化する工程表です。〇内にタスクの作業番号を書き込み、タスクの順番を矢印で繋ぐことで、作業全体の工程を可視化します。
  • グラフ式工程表
    グラフ式工程表は、バーチャートとガントチャートの2つを組み合わせた工程表です。縦の軸で作業進捗率を、横の軸で日数を示します。各作業間の関係がわかりやすい反面、表の作成難易度は比較的高めです。

ガントチャート工程表のメリット

続いてガントチャートを作成する具体的なメリットについて解説します。主なメリットは下記の4点です。

  • 作業の進捗状況を可視化できる
  • 各作業をすぐに確認できる
  • 作業の関連性を把握できる
  • マイルストーンを明確化できる

作業の進捗状況を可視化できる

ガントチャートを作るメリットのひとつ目は、複数の作業の進捗状況をセル埋めによって可視化できることです。作業工程全体を管理する施工管理者は、各作業の進捗と全体の進度を詳細に把握することが求められるため、ガントチャートは工程管理に役立ちます。

各作業をすぐに確認できる

ガントチャートは工事全体だけではなく、作業ごとの進捗を即座に確認できます。現在実行中の作業やタスクが、どの程度まで進んでいるかを確認できるため工事の全体像を把握することが可能です。

作業の関連性を把握できる

ガントチャートは、複数の作業間の依存度や関連性を把握することにも長けています。とりわけ、多くの作業が複雑に関係しているような大きな現場では、作業間の関連性を逐次確認することが重要です。その点で作業間の依存度や関連性を可視化できるガントチャートは工程管理に役立ちます。

マイルストーンを明確化できる

建設現場における作業には、マイルストーンと呼ばれる中間目標があります。マイルストーンは工程の中で達成すべき重要な中間目標であり、工事の進捗度合いを測る目印にもなります。ガントチャートの中にマイルストーンを設定することで、関係者全員が工事の進度を適宜把握しながら作業に取り掛かれます。

おすすめの工程管理ソフトや無料ソフト紹介の記事はこちら

工程管理ソフトおすすめ!無料ソフトや特徴も紹介!建設業向け工程管理ソフトおすすめ12選!無料ソフトや特徴も紹介!

ガントチャート工程表のデメリット

作成するメリットの多いガントチャートですが、一方でデメリットもあります。主なデメリットは以下の通りです。

  • 作業変更の反映に時間がかかる
    ガントチャートは作業ごとにタスク管理を行うため、それぞれのタスクに頻繁に変更が生じると表の変更に手間がかかります。工期等の頻繁な変更が見込まれる工事には、ガントチャートは不向きです。
  • 作成に時間がかかる
    比較的作成が容易であるバーチャートと異なり、ガントチャートは表の作成そのものに手間がかかります。一度チャートが完成してしまえば、工程管理を簡単に行えますが作成までにかかる手間はデメリットの1つです。

ガントチャート工程表を作成する手順

それでは続いてガントチャートを作成する具体的な手順を実際にご紹介します。手順は下記の通りです。
1.必要な作業を洗い出す
2.作業の関連性を可視化する
3.各作業にかかる時間を見積もる
4.担当者を設定する
5.ガントチャート工程表を作成する
6.関係者で共有する

1.必要な作業を洗い出す

ガントチャートを作成するために、まずは工事完成に必要な作業をピックアップしましょう。工事に必要な作業、タスクを洗い出す際にはただ作業を挙げていけばよいというわけではありません。タスクは重要な大きなタスクから、細かなタスクまで様々です。タスクはそれぞれ従属関係にあり、大きなタスクを達成するために必要なタスクは何かを明確にすることが重要です。

2.作業の関連性を可視化する

ガントチャートは、それぞれの作業ごとの進捗率を表示する工程表であるため、作業ごとの関連性を可視化することが大切です。作業はそれぞれ密接に関係しているため、作業間の関係性を明確にすることで作業員の作業効率を高めることが可能です。

3.各作業にかかる時間を見積もる

作業の洗い出し、関連性の可視化をした後に、各作業にかかる時間を見積もりましょう。各作業はかかる手間や時間がそれぞれ異なります。ある作業が終わるまで別の作業が進まないといった場合もあるため、作業にかかる時間をしっかりと見積もって工程を組みましょう。

4.担当者を設定する

続いて作業の担当者や期日の設定を行いましょう。担当者の割り振りや人数配分はできるかぎり均等に配分することが望ましいですが、人的リソースの観点から人員が足りないケースもあるでしょう。そのような場合は、まずは大きいタスクにリソースを割き、後に調整を行いましょう。

5.ガントチャート工程表を作成する

続いて、実際にガントチャート工程表を作成しましょう。大小様々なタスクや決定した担当者をもとに、作業内容の詳細やタスクと期日をチャートに記入していきましょう。ガントチャートは必要なタスク間の関係がわかりやすい工程表です。工程表が完成した後に、実際に作業を実施します。

6.関係者で共有する

ガントチャート工程表を作成した後に、関係者間で共有することを忘れないようにしましょう。工程表を関係者間で共有することで、スケジュールに無理がないかどうか、作業内容に間違いがないかどうかを確認しましょう。

ガントチャート工程表を作成するツール

それでは続いて、ガントチャート工程表を実際に作成するツールをいくつかご紹介します。ガントチャートの作成には、主に下記の3つのツールを用います。

  • エクセル
  • 専用のフリーソフト
  • プロジェクト管理ツール

エクセル

ひとつ目にご紹介するツールはエクセルです。エクセルは広く利用されているビジネスツールで、汎用性の高さが魅力です。エクセルは様々な表の作成に役立つツールであるため、既に導入しているという事業者も多いことでしょう。エクセルでは、テンプレートなどを用いてガントチャートを作成できるため、誰でも簡単に工程表を作れることがメリットです。一方でエクセルはガントチャート作成の専用ソフトではないため、作成する個々人によって体裁等がバラバラになるというデメリットもあります。

専用のフリーソフト

ガントチャート作成のフリーソフトを利用することも手段の1つです。専用のフリーソフトは、文字通り無料であるため値段を気にすることなく試用できる点がメリットです。一方で、フリーソフトは試用版であるため、製品版と比べて機能等が制限されている点には留意しましょう。

プロジェクト管理ツール

プロジェクト管理ツールを利用することで、ガントチャートを作成することができます。プロジェクト管理ツールとは、ガントチャート工程表に関わらず様々な案件の工程を管理可能なツールです。プロジェクト管理ツールは工程管理表を作成するために必要な機能を一通り備えているものが多いため、ガントチャートに限らずプロジェクト管理に用いる様々な表を作成可能です。

おすすめの工程管理ソフトや無料ソフト紹介の記事はこちら

工程管理ソフトおすすめ!無料ソフトや特徴も紹介!建設業向け工程管理ソフトおすすめ12選!無料ソフトや特徴も紹介!

ガントチャート工程表を活用するコツ

ここまではガントチャートの作成する手順や作成ツールをご紹介しましたが、続いて実際にガントチャート工程表を活用するコツをご紹介します。ガントチャート工程表の活用には以下の点に留意することが重要です。

  • 修正を見越した工程表を作成する
  • 関係者で使い方を共有・徹底する
  • 作業の関連性を示す
  • 進捗確認を工程表だけに頼らない
  • ツールを使い管理工数を削減する

修正を見越した工程表を作成する

ガントチャート工程表で作成するものはあくまでもすべての作業が想定通りに進んだ場合の工程表です。建設業では人的要因、天災など様々な要因で工期がずれることが多々あります。とりわけガントチャートは、先程もご紹介したように修正の手間がかかる工程表であるため、できるだけ修正は最小限にとどめたいものです。ガントチャート工程表には、工期の修正を見越した余裕のあるスケジュールを記入するようにしましょう。

関係者で使い方を共有・徹底する

ガントチャートを作成する目的は、現場における全員が各々が担当している作業の進捗を共有することで全体の作業効率を高めることにあります。しかし、関係者がガントチャートの見方がわからない、同じ使い方をしていない場合は情報共有に祖語が生じてしまいます。ガントチャート工程表の利用に際しては、関係者の間で使い方をしっかりと共有しましょう。また、一度ガントチャートを利用した場合は、同じフォーマットを継続的に使用することも重要です。

作業の関連性を示す

ガントチャート工程表は複数の工程の作業進捗を共有することに長けた工程表です。工事における作業はすべてが同じ階層にあるのではなく、一方の作業の完成が他方に依存している従属関係にあることもしばしばあります。そのため、ある作業が一定の進度に到達しなければ進まない作業もでてくるのです。ガントチャート工程表では、作業の関連性を明記することで作業の効率化を図るようにしましょう。

進捗確認を工程表だけに頼らない

ガントチャート工程表を利用する際には、作業の進捗確認を工程表のみに頼らないことも重要です。現場があまりにも忙しい場合、現場管理者がガントチャートの更新を忘れてしまう場合、記載にミスが生じることもあるからです。ガントチャートを利用する際には、実際に各作業担当者に進捗を聞く、確認することもまた大事です。現場の作業状況をチャートと照らし合わせることで、正確な進捗状況の把握が可能です。こまめにガントチャートを更新することで、現場全体で進捗を共有するようにしましょう。

ツールを使い管理工数を削減する

工程表の作成に際しては、無駄な工数を削減することも重要です。あまりにも作業工数が多すぎると工程管理でミスが生じやすくなるためです。また作業工数が膨大になると、それだけ人的リソースを割く必要があります。作業コストやミス防止などの観点から、管理工数を減らすことは重要であるのです。「アイピア」などのプロジェクト管理ツールの導入などによって、複数の工程を一つにまとめるなどの工夫をしましょう。

おすすめの工程管理ソフトや無料ソフト紹介の記事はこちら

工程管理ソフトおすすめ!無料ソフトや特徴も紹介!建設業向け工程管理ソフトおすすめ12選!無料ソフトや特徴も紹介!

施工管理アプリおすすめランキングの紹介記事はこちら

施工管理アプリおすすめ!無料ソフトや口コミも紹介!施工管理アプリおすすめランキング12選!無料ソフトや口コミも紹介!

【まとめ】ガントチャート工程表を活用し効率的に作業を進めよう

今回はガントチャート工程表に関して、バーチャートとの違いや作成手順などを解説しました。ガントチャートは建設業などで作業のタスク管理を効率的に行えるツールです。特に大きなプロジェクトや作業現場では、工期とタスク管理が複雑になるためガントチャートのような工程表が欠かせません。ガントチャートは一見すると複雑な表に見えるため、作成に苦手意識を持たれている方もいることでしょう。しかし必要な作業をしっかりと洗い出して、ガントチャートを作成、活用することで現場作業の効率を大幅に向上させることができます。ぜひ今回の記事を参考にして、建設現場でガントチャートを活用してみてください。

工程表の詳細や作り方はこちらで解説しています。

工程表工程表とは?作り方や種類、メリットも解説

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!