一人親方が受けられる融資や申請しやすい種類・注意点などを解説!

一人親方 融資

一人親方として事業を営んでいると、事業拡大や設備投資のために資金が必要になることがあります。しかし、一人親方にとって融資申請の手続きは非常に複雑であり、「どこから手をつけていいのかわからない…」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、一人親方が受けられる融資の種類や申請条件、必要な書類や注意点について詳しく解説します。融資を効果的に活用して、事業の成長を加速させるためのヒントが見つかるはずです。ぜひご参考ください。

融資とは

融資とは、事業のための資金を金融機関や公的機関から借り入れることを指します。一人親方にとって融資は、事業拡大のチャンスを掴むための重要な手段です。

利子と利益の関係

融資を受ける際には、必ず利子の支払いが発生します。利子とは、借りたお金に対する対価です。一見すると利子の支払いはマイナスに感じるかもしれません。しかし、借りたお金を設備投資など事業の成長につながる分野に投資することで、利子以上の利益を生み出すことが可能です。

例えば、融資を受けて新しい機械を導入することで作業効率が改善し、受注量が増加すれば、利子の支払いを上回る売上増加が見込めるでしょう。結果として事業の成長と利益の拡大につながるのです。

運転資金の場合は審査が通りにくい

融資の使途は大きく分けて、運転資金と設備投資資金の2種類があります。運転資金は、材料の仕入れや人件費の支払いといった日々の事業運営に必要な資金のことです。一般的に、運転資金の融資審査は、設備投資資金に比べて通りにくい傾向にあります。

その理由は、運転資金が直接的に利益の増加に結び付きにくく、金融機関にとって返済リスクが高いと判断されやすいためです。運転資金の融資を受けるためには、事業の収益性や資金繰りの安定性を示す必要があります。日頃から財務管理を徹底し、事業計画を綿密に立てることが求められるでしょう。

融資を上手に活用すれば事業規模を拡大できる

一人親方にとって、融資は事業規模を拡大するための強力な武器となります。自己資金だけでは実現が難しい設備投資も、融資を活用することで可能になります。新しい機械を導入して作業効率を高めたり、車両を購入して事業エリアを拡大したりと、様々な成長戦略を描くことができるでしょう。

ただし、融資は返済義務を伴うリスクでもあることを忘れてはいけません。単なる借金ではなく、あくまでも事業の成長につながる投資として融資を位置づけ、計画的に活用することが重要です。

一人親方が融資を受けるために必要なこと

一人親方が融資を受けるためには、事業の実態を正しく金融機関に伝える必要があります。

開業届の提出

開業届とは、事業を開始したことを税務署に届け出る書類です。個人事業主として事業を始めた日から1ヶ月以内に、管轄の税務署に提出しなければなりません。融資申請の際、金融機関から開業届の提出を求められるケースがあります。事業の開始時期や実態を示す重要な書類となるため、融資審査においてもチェックされる可能性が高いのです。

開業届の提出は、融資審査に有利に働くだけでなく、確定申告など税務手続きの基礎となる重要な書類です。事業をスタートした際は、まず開業届の提出を済ませておきましょう。

確定申告

確定申告は、1年間の所得や税額を計算して税務署に申告する手続きです。個人事業主は、原則として毎年確定申告を行う必要があります。

融資審査では、事業の収益性や納税状況が重要なチェックポイントとなります。金融機関にとって、確定申告書は事業の実態を知る上で欠かせない資料だからです。過去の確定申告書を見れば、事業の売上や利益の推移、税金の納付状況などがわかります。

安定した事業運営が行われていることを示せれば、融資審査においてプラスに働くことは間違いありません。融資を希望する一人親方は、毎年きちんと確定申告を行い、必要書類を整えておくことが重要です。

一人親方が融資を申請するときに必要な書類

融資の申請には、金融機関の指定する各種書類の提出が必要です。

基本的に必要な書類

多くの金融機関で融資申請時に求められる、基本的な書類は以下の通りです。

  • 融資申込書(金融機関の所定フォーム)
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 確定申告書・納税証明書(直近2年分)
  • 資金繰り表・試算表
  • 事業計画書
  • 見積書・契約書(設備投資の場合)

場合によって提出を求められる書類

融資申請時には、金融機関や融資の種類によって追加の書類提出が必要になることがあります。特に建設業の一人親方の場合は、以下のような書類を求められる可能性があります。

  • 建設業許可証
  • 経審(経営事項審査)の総合評定値通知書
  • 工事履歴書
  • 施工体制台帳
  • 下請契約書

一人親方が受けられる融資

一人親方が利用できる融資制度は、いくつかの種類に分けられます。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、国が全額出資する政策金融機関です。中小企業や個人事業主の支援に力を入れており、一人親方にとって心強い融資先と言えるでしょう。主な融資制度は以下の通りです。

新創業融資制度普通貸付
融資限度額3,000万円(うち運転資金1,500万円)融資限度額7,200万円(うち運転資金4,800万円)
返済期間設備資金15年以内、運転資金7年以内返済期間設備資金15年以内、運転資金7年以内

日本政策金融公庫の融資は、低金利で長期の返済期間が設定されているのが特徴です。また、無担保・無保証人の融資も一定の条件を満たせば利用可能です。

信用金庫

信用金庫は、中小企業や個人事業主向けの金融サービスに特化した協同組織金融機関です。地域に根差した経営方針から、一人親方にとって身近な存在と言えます。

信用金庫の融資は、日本政策金融公庫と比べると金利は高めに設定されています。しかし、地域密着型の営業スタイルから、一人親方の事業内容や資金ニーズに合わせたきめ細かい対応が期待できます。

銀行

都市銀行や地方銀行でも、中小企業や個人事業主向けの融資制度を設けているところがあります。ただし、一人親方にとっては審査のハードルが高く、利用しにくい面があるのも事実です。

銀行融資を受けるためには、事業の収益性や将来性を客観的に示す必要があります。また、銀行融資では担保や保証人を求められるケースが多くなります。

地方自治体の融資

都道府県や市区町村などの地方自治体でも、中小企業や個人事業主向けの融資制度を設けているところがあります。地方自治体の融資は、地域経済の活性化を目的としているため、金利や保証料が低く設定されている場合があります。制度の内容は自治体によって異なるため、地元の商工会議所や金融機関に問い合わせるとよいでしょう。

一人親方が申請しやすい融資の種類

一人親方にとって、申請のしやすさは融資制度選びの重要なポイントです。この章では、一人親方が申請しやすい融資の種類について解説します。

創業時におすすめの融資

事業を始めたばかりの時期は、「金融機関から融資を受けるのは難しいだろう」と考えがちです。しかし、一人親方の創業をサポートする以下のような融資制度もあります。

日本政策金融公庫の創業融資

日本政策金融公庫の新創業融資制度は、創業前または創業後税務申告を2期終えていない事業者が対象です。

融資限度額3,000万円(うち運転資金1,500万円)
返済期間設備資金15年以内、運転資金7年以内
金利標準金利から特別利率まで

創業間もない一人親方にとって、担保となる資産を用意することは容易ではないため、無担保・無保証人での融資が受けられる点が非常に魅力的です。

信用保証協会の創業融資

信用保証協会の創業関連保証制度も、創業期の一人親方にとって心強い味方となります。創業2ヶ月前から対象となる制度で、信用保証協会が融資の保証人となることで金融機関から融資を受けやすくなります。

成長期におすすめの融資

創業期を乗り越え、事業が軌道に乗ってきた一人親方には、事業拡大に向けた積極的な投資が求められます。日本政策金融公庫の普通貸付などを利用して、成長の原資を確保しましょう。

一人親方が融資以外で資金調達する方法

融資以外にも、一人親方が利用できる資金調達の方法はいくつかあります。

個人事業主のビジネスローン

個人事業主を対象としたビジネスローンは、銀行系や信販系のノンバンクでも取り扱いがあります。銀行融資と比べて審査がスピーディーなのが最大のメリットです。必要書類も簡素化されているため、短期の運転資金需要にマッチしています。

ファクタリング

ファクタリングとは、売掛金を資金化する方法の一つです。売掛金を持つ一人親方が、ファクタリング会社にその売掛金を買い取ってもらうことで、資金を調達することができます。ファクタリングは売掛金さえあれば利用可能で、審査もスピーディーに行われます。

個人事業主でも利用できるおすすめのファクタリングサービスは「QuQuMo(ククモ)」です。

個人事業主でも利用できるおすすめのファクタリング会社8選の記事はこちら

ファクタリングは一人親方や個人事業主でも利用できる?おすすめのファクタリング会社8選も紹介!

家族や友人からの借金

家族や友人から借り入れを行うのも、一人親方の資金調達方法の一つです。金利の設定が柔軟で、審査や必要書類がないのがメリットです。一方で、トラブルが生じた際の人間関係への影響は小さくありません。借用書を作成するなど、ルールを明確にした上で行うことが重要です。

一人親方が融資を申請するときの注意点

一人親方が融資を申請する際は、いくつかの注意点があります。

資金繰りや工期をきちんと管理する

資金繰りや工期の管理は特に重要です。資金ショートを防ぐために、以下の点に注意しましょう。

  • 資金繰り表を作成して常に最新の状態に更新する
  • 受注工事ごとの入金・出金を正確に把握する
  • 債権回収のスケジュールを管理して遅延が生じないようにする

また、工期の遅延は資金繰りに直結する重大な問題です。人員の配置や資材の調達など、綿密な工程管理を行い、トラブルを未然に防ぐ必要があります。

融資を実現させたい場合は専門家へのサポート依頼を検討する

税理士や中小企業診断士などの専門家に相談するのも一つの方法です。専門家にサポートを依頼するメリットは、以下の点が挙げられます。

  • 財務諸表の作成や申告業務を任せられる
  • 事業計画書の作成をサポートしてもらえる
  • 金融機関との交渉を任せられる

特に、事業計画書の作成は融資審査の合否を大きく左右する重要な要素です。専門家の視点から、事業の強みや将来性を浮き彫りにした計画書を作成してもらうことで、審査通過の可能性が高まります。

税理士を探したい場合はまず税理士ドットコムを使って自分にあった税理士を見つけるのがおすすめです。

一人親方はどの保険に入るべき?種類や選び方を解説!

【まとめ】一人親方も積極的に融資を受けよう!健全経営している間に資金調達すれするのが大切

一人親方にとって、融資は事業成長のための重要な手段です。自己資金だけでは難しい設備投資も、融資を活用することで実現可能になります。ただし、融資は返済義務を伴う以上、リスクを十分に理解した上で利用することが重要です。資金の使途や返済計画を綿密に立て、健全な経営を心がけましょう。

※ちなみに弊社では、建築建設業界特化の
無料ホームページ制作代行を新たにスタートさせました! 建築建設業特化のホームページ制作・サイト制作サービス‗ツクノビウェブ 詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!