工期延長の理由とは?影響や決定したときの対処法などを解説

工期延長 理由

建設現場で働く現場監督の方は、工期延長になってしまうことは避けたいと考えているでしょう。しかし、様々な理由により工期延長せざるを得ない状況に陥ることがあります。工期延長になると、どのような影響があるのでしょうか。この記事では、工期延長の理由や影響、決定したときの対処法、さらには工期延長を防ぐ方法について解説します。

工期延長の主な理由

工期延長にはいくつかの理由が考えられます。ここでは、工期延長の主な理由について見ていきましょう。

設計段階のミス

設計段階でのミスが工期延長の原因となることがあります。例えば、設計図の完成が遅れてしまい、工事の着工が遅れてしまうケースです。施主の意向が設計図に反映されていなかったり、設計にミスがあったりすると、工事の途中で修正が必要になって工期の延長を招きます。

工事中の失敗

工事中の失敗も工期延長の原因の一つです。例えば、打ち合わせ不足によって施工ミスが発生したり、現場監督の指示ミスや図面の見間違いによって手戻りが発生したりすると、工期延長につながります。また、工期に間に合わせるために無理に突貫工事を行うと、ミスが発生しやすくなります。

建材の不足

建材の不足も工期延長の原因です。近年では、新型コロナウイルスの影響やロシアのウクライナ侵攻などの影響で、建材の調達が難しくなっています。また、半導体不足の影響で、建設現場で使用する機器の調達が遅れることもあります。建材が不足すると工事を進められなくなるため、工期延長が発生します。

労働力の不足

建設現場は、慢性的な人手不足です。特に、熟練の職人の確保が難しく、工期延長の原因の一つとなっています。また、2024年4月から残業時間の規制が強化されたことで、人手不足がさらに深刻化することが予想されます。

台風などの自然災害

台風などの自然災害も、工期延長の原因となります。自然災害が発生すると、建設現場への被害や資材の搬入の遅れなどが発生し、工事が中断せざるを得なくなります。また、新型コロナウイルスの感染拡大など、不測の事態が発生した場合にも、工期延長につながる可能性があります。

工期延長による影響

工期延長には様々な影響があります。ここでは、工期延長による主な影響について見ていきましょう。

後の工程スケジュールが崩れる

工期延長が発生すると、後の工程のスケジュールが崩れてしまいます。工期延長によって、後工程の作業員や協力会社の手配が困難になったり、材料の搬入時期がずれ込んだりします。その結果、全体のスケジュールが大幅に遅れてしまう可能性があるのです。

コストの負担が増える

工期延長によって、コストの負担が増える場合があります。例えば、工期延長によって必要となった残業代や休日出勤の費用、クレーン車などの重機のリース期間の延長費用などが発生します。また、工期延長によって必要となった資材の追加発注などによっても、コストが増加するのです。

コストの増加を抑えるためには、工期延長が発生しないように、適切な工程管理を行うことが求められます。無駄なコストを削減し、効率的な工事の進め方を検討することで、コストの増加を最小限に抑えられます。

残業が必要になる

工期延長が発生すると、残業が必要になります。工期の遅れを取り戻すために、作業時間を延長したり、休日出勤をしたりする必要があるためです。しかし、長時間労働は作業員の健康を害するだけでなく、ミスの原因にもなります。

残業を減らすためには、適切な工程管理を行い、無理のないスケジュールを組むことが重要です。労働時間の管理を適切に行い、作業員の健康と安全を守ることも忘れてはいけません。

工期延長が決定したときの対処法

工期延長が決定したときには、適切な対処が必要です。ここでは、工期延長が決定したときの対処法について見ていきましょう。

施主や工事関係者へ迅速に連絡する

工期延長が決定したら、まずは施主や工事関係者へ迅速に連絡することが重要です。工期延長の理由や延長期間などを説明し、了承を得る必要があります。連絡が遅れると、信頼関係が損なわれるだけでなく、損害賠償を請求されるリスクもあります。工期延長の理由を明確に説明し、今後の対応策についても伝えましょう。

罰則金の確認をする

工事請負契約書に、工期延長に関する罰則金の規定がある場合があります。工期延長が決定したら、罰則金の有無を確認し、必要に応じて施主と協議しましょう。罰則金の支払いは、建設会社の利益を圧迫する要因となります。

罰則金の規定を確認する際には、契約書を丁寧に読み、不明な点があれば施主に確認することが重要です。罰則金の支払いが必要な場合には、支払い方法や期日などについても、施主と合意しておく必要があります。

工期延長願を役所へ提出する

公共工事の場合、工期延長が決定したら、発注者である役所に工期延長願を提出する必要があります。工期延長願には、工事名や工期延長の理由、延長期間などを記載します。

工期延長願の書き方

工期延長願には、「何が起き、どうなり、どうしたのか」を明確に記載しましょう。具体的には、工期延長の原因となった事象、それによって現場がどのような状況になったのか、その状況に対してどのような対処を行ったのかを記載します。また、工期延長願には、延長期間とその理由も明記してください。

工期延長を防ぐ方法

工期延長を防ぐためには、いくつかの方法があります。ここでは、工期延長を防ぐ方法について見ていきましょう。

余裕を持った工期スケジュールを組む

工期延長を防ぐためには、余裕を持った工期スケジュールを組むことが重要です。工期が遅れそうだと感じたら、早めに工程表を見直して調整しましょう。また、台風シーズンや大型連休など、工期が遅れやすい時期には、あらかじめ余裕を持ったスケジュールを組むことも大切です。

資材の調達状況や作業員の配置状況など、様々な要素を考慮した上で、施主や協力会社との調整を密に行い、無理のないスケジュールを組むことが求められます。

工程管理ソフトおすすめ12選!無料ソフトや特徴はこちらの記事で紹介しています。

工程管理ソフトおすすめ!無料ソフトや特徴も紹介!建設業向け工程管理ソフトおすすめ12選!無料ソフトや特徴も紹介!

現場の状況を共有できる環境を整える

現場の状況を関係者全員で共有できる環境を整えることも、工期延長を防ぐために重要です。工事の進捗状況をリアルタイムで把握できるシステムを導入したり、定期的に進捗会議を開いたりすることで、問題をいち早く発見し、対処することができます。

現場の状況を共有するためには、ICTの活用が有効です。タブレットやスマートフォンを使って、現場の写真や動画を共有したり、打ち合わせを行ったりすることで、情報の共有がスムーズに行えます。また、現場と事務所の間で定期的に会議を開き、問題点を洗い出すことも大切です。

事務作業の負担を軽減する

現場監督の事務作業の負担を軽減することも、工期延長を防ぐために有効です。書類の作成や整理に時間がかかると、現場の管理が疎かになりがちです。事務作業を効率化するためのツールを導入したり、専門の事務員を配置したりするなどの対策を施すことで、現場監督が現場管理に専念できる環境を整えられます。

事務作業の効率化には、ICTの活用が欠かせません。例えば施工管理ソフトの「アイピア」はあらゆる情報を一箇所にまとめられるため、情報管理や共有が簡単にできます。工事関連書類の電子化や、クラウドを活用した情報共有などにより、書類の作成や整理にかかる時間を大幅に削減することができます。

\ 今すぐ無料ダウンロード /
資料ダウンロード

施工管理アプリおすすめランキングの紹介記事はこちら

施工管理アプリおすすめ!無料ソフトや口コミも紹介!施工管理アプリおすすめランキング12選!無料ソフトや口コミも紹介!

解体工事で追加費用が発生するケースやトラブル回避方法も解説の記事はこちら

解体工事 追加費用解体工事で追加費用が発生するケースやトラブル回避方法も解説!

【まとめ】工期延長は理由に合わせて上手に対処しよう!余裕を持ったスケジュールで取り組もう

工期延長には、設計段階のミスや工事中の失敗、建材の不足、労働力の不足、自然災害などの理由があります。工期延長が発生すると、後の工程スケジュールが崩れたり、コストの負担が増えたり、残業が必要になったりするなどの影響が出ます。

工期延長を防ぐためには、余裕を持った工期でスケジュールを組んだり、現場の状況を共有できる環境を整えたりすることが有効です。工期延長は避けたいものですが、万が一発生してしまった場合には、理由に合わせて迅速に対処することが求められます。日頃から工期延長を防ぐための取り組みを行い、問題の早期発見と対処に努めましょう。

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました! ツクノビセールス_建築建設業界特化の営業代行 詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!