【2024年】土木業のホームページのデザイン事例12選!おすすめの制作会社も紹介

業務のオンライン化が進んでいる昨今、土木工事業界でもホームページの制作は必須といっても過言ではありません。しかし、

  • ホームページをもちたいけどどんなデザインがいいのか分からない
  • そもそもホームページは必要なのか疑問
  • ホームページの運用の仕方を知りたい

という方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、土木業のホームページのデザイン例や、ホームページ制作で失敗しないためのポイントについてご紹介します。

※本記事内では、「読者の方の参考になるように、より良い事例を紹介したい」という背景から、弊社の成果物かにかかわらず、幅広く事例をご紹介をしております。

土木工事業にホームページが必要な理由

土木工事業を発注したい人や企業に自社の存在を知ってもらい、実際に見積や工事発注などを依頼してもらうためには、自社ホームページの制作が有効な手段です。
現在は発注者がゼロから工事業者を探す場合、多くは手間を省くため便利なインターネットで検索をかけますが、その際自社ホームページが存在するかしないかで大きな差が生まれてしまいます。土木工事業におけるホームページにはどのような効果があるのか、以下3つの理由で解説します。

新規顧客の開拓につながる

インターネットの普及と手続きのオンライン化が進んでいる現在は、土木工事業の発注においても、インターネット上で業者を選定する方法が主流です。自社ホームページに請け負う工事内容が掲載されていたり、資料請求や問い合わせがWEB上で可能になっていたりすると、工事を発注したい人や企業からの連絡をもらえる確率が高まります。ホームページは、自社に興味を持ってもらい、気軽に連絡が取りやすい環境に整えてくれるため、新規顧客の開拓に有効な手段です。

信用度を高められる

ホームページは企業の信用を高める役割を担います。気になった企業をGoogleなどで検索し、対象のホームページが表示されるとユーザーは安心感を感じます。なのでホームページを持っているだけで一種の差別化になるでしょう。

しかし昨今、建設関連の企業もホームページを作成するのがスタンダードなため、ホームページを所有していない場合、他社と比較してマイナスとなってしまう可能性があります。
今後新規顧客を獲得したいと考えているのであれば、ホームページを制作し信用度を高めることをおすすめします。

自社の認知度を高められる

ホームページを作成・運用することで自社の認知度を高められます。例えばSEO対策を行い、検索結果の上位で表示されるようになったり、SNSも使ってホームページのURLへの流入を増やすことができれば、認知度は各段に上がります。また、自社の業務内容やサービスをホームページに掲載することで、ホームページに訪問したユーザーがより自社のことを知れるようになります。
その他にもユーザーが気になったときにいつでもホームページで疑問を解決できるので、ホームページの作成、そして企業情報などは掲載するようにしましょう。

人材獲得しやすくなる

ホームページ作成で受けられる恩恵は、ユーザー獲得だけではありません。人材を募集することも可能です。現在建設業界では人手不足が大きな問題となっています。それを解決するために、ホームページに採用情報も載せるようにしましょう。
ホームページに採用欄を掲載したり、求人募集の情報を掲載することで、求職者とのコンタクトも可能になります。

これが実現すると求職広告などでかかる費用を削減できたりなどのメリットがあります。また求職者も企業のイメージを持つことができ、入社後の定着率の向上も狙えます。

【スタイリッシュでかっこいい】土木業者のホームページ事例

ここからはスタイリッシュでかっこいい土木業者のホームページをご紹介します。
スマートな印象のホームページや、おしゃれな色使いをしたホームページなど、企業によってさまざまな特徴があります。

必要情報が記載されているかなども重要なポイントとなりますが、ホームページの印象によってユーザーからの印象は変わるでしょう。第一印象をさらに良いものにするため、自社に合うイメージのデザインを参考にし、かっこいいホームページを作成してください。

株式会社イザナ

株式会社イザナ

引用元:https://izana-ezo.jp/

北海道を拠点とする土木業者のホームページです。トップページにはロゴが表示された後、動画が流れる仕様となっています。マウスのポインターもデフォルトではなく赤いポイントが採用されており、一目みただけでクオリティの高さを伺えます。
それでも色使いは白・黒、そして差し色の赤系統の3色のみのためホームページ全体のまとまりがよく、非常に見やすい設計です。

また各事業の紹介についてもスクロールするだけでチェックでき、情報もしっかりとまとまり視認性が良くなっています。

梶山建設株式会社

梶山建設株式会社

引用元:http://www.kajiyama.jp/

東京都練馬区を拠点とする土木業者のホームページです。ホームページ全体に余計な装飾や配色がなく、白・青を基調としたシンプルで視認性の良いデザインです。さらに施工した建物の写真を掲載することでインパクトのあるデザインに仕上げています。
またシンプルなフォントを使っているため、すっきりと読みやすく、企業のホームページという印象が強く信頼感に繋がるデザインです。
ユーザーの信頼を獲得するため、事業内容や施工実績などを掲載しており、集客の面でも優秀な設計となっています。

株式会社野平組

株式会社野平組引用元:https://www.nohiragumi.com/

和歌山県新宮市を拠点とする土木業者、株式会社野平組のホームページです。
白・青系統をメインとした配色で、土木業の無骨なイメージを上手く中和して爽やかな印象に仕上げています。また余計な装飾がいれずシンプルなデザインのため企業のホームページという印象が強く、信頼感に繋がるでしょう。
土木工事、河川工事、道路工事と複数の事業を行っていることをトップページで写真付きにて説明するなど、ユーザーに伝えたい内容を伝えやすい工夫がなされています。

株式会社 古谷野工務店

株式会社 古谷野工務店

引用元:https://koyanokoumuten.co.jp/

小谷野工務店は土木業者ではなく工務店ですが、東京都板橋区を拠点とする企業です。
無骨な印象を与える工務店ですが、ホームページはその印象に相反するデザインになっています。白を基調としたページにシンプルなフォントを採用しており、全体をすっきりとした印象に仕上げています。
施工事例として、おしゃれなデザインの内装の写真を掲載し、すっきりとしたホームページにおしゃれさを加えています。
また企業としての想いや、お客様の声が掲載されており、ユーザーの信頼を得るには十分な情報量です。

【技術力をアピール】土木業者のホームページ事例

ここからは技術力を全面にアピールしている土木業者のホームページをご紹介します。

おしゃれさやもホームページを作成するうえでは重要なポイントとなりますが、ホームページの掲載情報でユーザーからの印象は変わります。
自社が強みとしているポイントを全面に押し出すことで、ユーザーに自社に依頼するメリットを理解して貰えるでしょう。自社に合うイメージのデザインを参考にし、自社の強みを押し出すホームページを作成してください。

株式会社前田組

株式会社前田組

引用元:https://maeda-g.co.jp/

株式会社前田組は福岡県飯塚市に拠点を置く土木業者です。
トップページすぐ下、ユーザーの目に留まりやすい場所に、自社の伝統を継承している技術と最新の技術を紹介し、自社の強みを全面に押し出しています。
また施工中の作業員の写真を掲載することで、技術のイメージを持ちやすい仕上がりです。
全体の多くを白が占め、おしゃれなフォントを採用することで清潔感がありおしゃれな印象をユーザーに与えます。自社が押し出したい技術力を掲載しつつ、シンプルなデザインで全体的にバランスのとれたデザインとなっています。

株式会社山田組

株式会社山田組

引用元:https://www.yamada-gumi.co.jp/

北海道を拠点とする土木業者、株式会社山田組のホームページです。
ホームページのトップに掲載している写真は作業中の写真をメインに採用しており、技術や作業内容を全面に押し出しています。
余計な装飾や配色をせず、全体的にシンプルな作りです。また文字もシンプルなフォントを採用し、全体をすっきりとさせています。企業のホームページという印象が強くユーザーの信頼を獲得しやすいデザインです。

株式会社 河原井

株式会社 河原井引用元:https://www.kawarai-co.jp/

ホームページ全体に写真を豊富に掲載し、ユーザーが作業内容をイメージしやすいよう工夫がされています。また漫画で自社の業務内容や会社の雰囲気などを紹介しており、ユーザーに伝わりやすい方法を選択しています。
文字での情報は重要なポイントに絞られており、文字と写真の情報のバランスがうまくとれているデザインです。
その他にも公共工事や外構工事など種別毎の施工事例が掲載されており、ユーザーの信頼を得られる情報を充分に掲載しております。

山創株式会社

山創株式会社引用元:https://sansoperry.jp/

岐阜県を拠点とする山創株式会社のホームページです。
山創株式会社はサーモバリア・スカイ工法という室内温度を最大11℃下げる技術を強みとして全面に押し出しています。その技術の詳細な説明やメリットを紹介することで、ユーザーに強みを理解してもらい他社との差別化を図っています。
またホームページ全体を青・白でデザインすることで涼しげな雰囲気を演出し、自社の強みであるサーモバリア・スカイ工法をイメージしやすいデザインです。

【親しみやすい】土木業者のホームページ事例

ここからは親しみやすさが感じられる土木業者のホームページをご紹介します。
おしゃれさやホームページの掲載情報なども非常に大切ですが、親しみやすさを演出することでお問い合わせへのハードルを下げ、お問い合わせに繋げやすくなります。
必要な情報や自社のイメージを保ちつつも、従業員の笑顔の写真やお客様との写真を掲載することで、親しみやすさを感じられるホームページを作成できます。ぜひ参考にして、ホームページを作ってみてください。

照栄建設株式会社

照栄建設株式会社

引用元:https://shoei-k.com/

福岡県を拠点とする土木業者の昭栄建設株式会社のホームページです。
トップページには、従業員の写真や子どもの写真、ご家族の写真など親しみやすさを感じられる写真を掲載しています。またホームページ全体の背景もしっかりとデザインされ親しみやすさを感じられる工夫がなされています。
見やすいように余白も十分に確保されており、なおかつ緑などの配色もきれいで親近感を感じられるデザインとなっています。

有限会社 三成建工

有限会社 三成建工引用元:https://www.sansei-kenkou.com/

静岡県を拠点とする三成建工のホームページです。
地域貢献・地域密着を掲げており、親しみやすさを感じられる工夫がされています。トップページでは、作業現場や従業員の写真を掲載し身近に感じられるようなデザインに。
背景はクリーム色を採用しているため、温かみも感じられるデザインとなっています。
また工事の実績も掲載し、ユーザーの信頼を得ながら親しみやすさを感じられるデザインとなっています。

七浦建設株式会社

七浦建設株式会社引用元:https://www.7ura.jp/

栃木県を拠点とする土木業者、七浦建設株式会社のホームページです。
トップページに畑や木をメインとした内装の写真を掲載し、親しみやすさを感じられる工夫がされています。差し色にオレンジを採用することで温かみのあるデザインです。
ニュースのブログ欄には社員の日記的な記事も掲載されており、親近感を感じられるようにデザインだけでない工夫を取り入れています。

大成エンジニアリング株式会社

大成エンジニアリング株式会社引用元:https://www.taiseieng.co.jp/

東京都新宿区を拠点とする大成エンジニアリング株式会社のホームページです。
白と緑系を基調としたデザインのため爽やかさがあり、親しみやすさを感じられます。トップページにも木や森が多く写ってる写真を掲載しているため、親近感を感じられます。
社員が笑顔の写真や、代表の写真を掲載しているため、より親しみやすさが感じられるでしょう。
余計な装飾や情報がなくすっきりとした印象のホームページでユーザーの信頼も得やすいです。

土木工事業でおすすめのホームページ制作会社3選

本章では土木工事業におすすめのホームページ制作会社をご紹介します。

ご紹介するのは以下の3社です

  • 株式会社ベイジ
  • 株式会社FLUX
  • 株式会社NITACO

業界に特化しているホームページ制作会社の方が、自社のイメージを上手く表現してくれる場合があります。

また制作会社によっても特徴があります。ご自身が制作したいホームページをイメージし、それを得意とする企業に依頼すると良いでしょう。

ここからは一社ずつ詳細を説明していきましょう。

株式会社ベイジ

株式会社ベイジ

引用元:https://baigie.me/

デザイン性の高いサイトを制作したい場合は株式会社ベイジがおすすめです。デザイン性の高いサイト制作を得意としており、サイボウズやAnker、住友商事株式会社関連のホームページ制作を手がけるなど豊富な実績を持ちます。
費用は数百万円と高めの設定のため、予算に余裕がある場合や、ホームページでの集客の目途が立っている場合におすすめします。

株式会社FLUX

株式会社FLUXのホームページ画像引用元:https://cms.flux.jp/

シンプルな料金体系で安価にホームページを制作したい場合には株式会社FLUXがおすすめです。先ほどご紹介した株式会社ベイジと比較すると、初期費用30万円+月額1万円のアフターサポートとかなり安価な設定となっています。
そしてさまざまな活用事例に特化したデザインを作成できるのも嬉しいポイントです。伝える・集客する・発信する・獲得する・分析改善する・カスタムする・運用する、以上の7つそれぞれに適した設計・デザインのホームページを制作します。

株式会社NITACO

株式会社NITACO

引用元:https://tsukunobi.com/web

土木業者や外壁塗装などの建設業界に特化しているのが株式会社NITACOの「ツクノビウェブ」です。株式会社NITACOは建設関連企業のホームページ制作をメインに請け負っているため、業界に適したホームページ設計のノウハウや知見を有しています。

費用は初期費用0円、月額料金は最低9,800円、14,800円、19,800円と3つの月額プランを用意しています。またホームページ制作だけでなく、現役Webマーケターに何度でも相談できるため、困ったこと・疑問に思ったことをすぐに解決できるのも嬉しいポイントです。

\ 1分で問い合わせ完了 /
まずは無料相談してみる

土木工事業のホームページに記載すべき項目

上記のホームページ制作を成功させるためのポイントでも示した通り、土木工事業におけるホームぺ―ジには、工事を発注する側にとって分かりやすい内容で、その後のニーズに応えられるコンテンツが求められますが、実際にどのような内容を掲載すればよいのでしょうか。

読み手の信用度を高め、見積や工事発注などその後の実際のアクションにつなげてもらうために必要な6つのコンテンツについて、理由とともに見ていきましょう。

1:事業内容

土木工事の中には、住宅の舗装工事や造成工事、河川や橋脚等のインフラに関する工事など様々なものがあります。どのような工事を自社で請け負っているのかをホームページに掲載することで、工事受発注の際に起こりやすいミスマッチを防げます。また事業内容が書かれたページがあることで、「土木工事」というキーワードではなく、実際の工事内容の言葉で検索された場合でも検索上位に出てきやすくなるのでSEO対策にもなります。

2:挨拶・従業員紹介

工事の発注を考えている人にとっては、発注先の代表者や工事を行う従業員がどのような人々なのかも、コンプライアンスの面から見て重要です。企業の代表による挨拶や従業員を写真付きで紹介するページがあることで、会社への信頼感が高まります。また今後企業への就職を検討している人にも、職場環境をイメージしてもらったり、企業理念に共感してもらうのにも効果的です。紹介ページを制作する機会を通して、改めて従業員の人となりや考えを知るきっかけにもなります。

3:施工事例

実際にどこを工事し、どこが改善されたのかを示すため、施工事例を実績のページに盛り込みましょう。工事によってどのように変わったのかを一目瞭然にするためには、文章だけでなく、工事前(before)と工事後(after)両方の写真を掲載すると良いでしょう。また併せて工事中の風景なども入れておくと、仕事ぶりがうかがえるため発注者側からの信頼が高くなる可能性があります。

4:よくある質問

土木工事業を受注する際によく受ける質問と、それに対する回答を掲載します。問い合わせを受ける際、同じような質問をくり返し受けるのを防ぎ、本当に個別で対応が必要な質問への対応に集中できるため、コストカットにもつながります。
また質問したい側にとっても無用なやりとりの手間が省けて便利です。これまでの実績でよく訊かれたことや、問い合わせる前に知っておいてほしいことなどを挙げておき、まとめて記載しましょう。

5:求人ページ

土木工事業の受注だけでなく、人材の新規採用を考えている場合は、求人情報を掲載しておきましょう。求人に関するページがあれば人材募集をかけていることが分かり、企業理念や事業内容と併せて再確認ができます。採用情報や募集要項などは時期によって変わるため、一度ホームページを制作した後でもこまめにチェックし、随時更新しておく必要があります。

6:ブログ

運営側のブログページを作っておき、企業の情報や地域参画の取り組みを紹介するのもおすすめです。ホームページは一度制作すればサイト上に残り続けますが、情報が古いままでは現在稼働しているのかが分からず、発注側に不安を与えてしまいねません。工事に関する最新情報や地域の情報を月ごとや季節ごとに発信することで、信頼できる会社だと思ってもらう効果が期待できます。工事の最新情報を更新しておけば、トレンドの文言で検索された場合も上位表示されることがあるため、SEO対策の一環としても活用できます。

土木工事業のホームページで失敗しないためのポイント

ホームページは、読み手の目に留まるかが最も重要です。どんなに見た目の美しいホームページが制作できたとしても、読み手にサイトをクリックして見てもらい、問い合わせてもらえなければせっかくの工事受注の機会を逃してしまいます。

どういった視点でホームページを制作していけば効果があげられるのでしょうか。
ホームページを既に制作しているという方でも、以下のポイントを網羅できているか、改めて確認してみましょう。

目的やターゲットを決める

ホームページをどんな人に見てもらうのか想定し、どのような発注を請け負うのかをピックアップすることで、ホームページに記載すべき情報を精査できます。「工事の受注件数を増やすこと」や「自社について詳しく知ってもらうこと」など、ホームページを制作する上での目的に沿って、ターゲットを明確化することが重要です。

自社の強みや施工実績をアピールする

効率的な集客のためには自社の強みをユーザーに分かりやすく伝える必要があります。トップページに自社の強みを掲載するなど、一目見てわかるように工夫すると良いでしょう。またフォントを工夫したり視認性を高めることで、ユーザーに強みを認知して貰えます。

また施工実績を日々更新することで、自社の信頼度アップにも繋がるでしょう。施工実績は工事発注の検討の際には重要な判断材料になります。ホームページ上に実績が豊富に掲載されていると工事発注側にとっての安心感につながります

SEO対策を意識する

読み手にホームページを見てもらうためには、キーワードで検索した際、表示がなるべく上位になるよう「SEO対策」を行いましょう。例えば「土木工事業者 東京」で検索しただけでも250万件近いサイトが存在します。その中で検索結果の1ページ目に表示されればホームページを通してお問合せが来る確率が高くなります。
土木工事業者を検索する場合、「土木」「工事」といったキーワードに加え、依頼する都道府県や市町村を入れることが想定されます。自社ホームページにも地域の特徴に沿った土木工事や、地域に貢献している事業などを掲載するなど、SEO対策を意識することが大切です。

ホームページ以外でのおすすめの営業・集客方法

集客率や案件獲得を増やすにはホームページの運用だけでなく、その他の様々な施策も同時に組み合わせて行うことが大切です。

以下の記事で土木業者の売り上げを上げる営業方法、集客方法を紹介しておりますのでぜひ参考にしてみてください。

建設・土木業の営業方法とは?コツをおさえて売上を2倍にする方法を解説建設・土木業の営業方法とは?コツをおさえて売上を2倍にする方法を解説

土木工事業の集客方法5選!効果の高い方法やおすすめしない施策についても徹底解説!

【まとめ】ホームページで信頼感をあげ、案件獲得に生かそう!

土木工事業の方がホームページ制作によって得られるメリットや、成功させるために必要なコンテンツなどについてご紹介しました。ホームページは見た目の良いものを制作すればよいという訳ではなく、必要な情報を必要な人に伝え、その後の利益につなげることが重要です。これからホームページを制作しようという方も、既に制作しているが新規の顧客開拓につながっていないという方も、改めて必要な情報を吟味し、意味のあるコンテンツが掲載された有益なホームページを作り上げましょう。

【2024年】建設業のホームページ事例11選!HPの必要性や制作会社も紹介

※ちなみに弊社では、建築建設業界特化の
無料ホームページ制作代行を新たにスタートさせました! 建築建設業特化のホームページ制作・サイト制作サービス‗ツクノビウェブ 詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました! ツクノビ_建築建設業界特化の営業代行 詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!