ボードカッターおすすめランキング7選!選び方やメーカーも解説

建築業の現場で作業する方に欠かせない道具の1つに、ボードカッターがあります。もし親方から「穴をあける道具を用意しろ」と言われたら、ボードカッターを用意すれば間違いないでしょう。しかし、ボードカッターと一言にいっても、様々な種類があるため業務内容や予算に応じて選ばなければなりません。今回はボードカッターの選び方や代表的なメーカーを、おすすめの7つの商品と併せて紹介します。

ボードカッターとは

ボードカッターとは、石膏ボードをはじめとする板状のものを切断する道具です。特にエアコンの取り付けや点検口の開設などで天井を開口する際に良く用いられます。そのため、天井に向けて上向きに作業してもゴミが落ちづらい形状になっています。

切断したい箇所に刃物を入れ込み、スイッチを入れるという非常にシンプルな操作性ですが、作業の効率性を格段にアップさせてくれる存在です。

ボードカッターの選び方

前述したように、ボードカッターには多種多様なタイプの製品が、各メーカーから販売されています。ボードカッターを選ぶ際に、失敗しないため、選ぶ際には以下の2つを心がけましょう。

  • 種類から選ぶ
  • 性能から選ぶ

種類から選ぶ

ボードカッターには、手動タイプと電動タイプの2種類の製品があります。手動のボードカッターは別名「石膏ボードのこ」とも呼ばれており、「手動式ノコギリタイプ」や「手動式直刃タイプ」などの商品が展開されています。価格が安価というメリットがありますが、当然ながら電動タイプと比較すると作業効率が悪くなるというデメリットがあります。

対して、電動タイプは価格はやや高価になる傾向がありますが、硬く厚みのあるボードもスムーズに切断できるパワーがあるのが特徴です。作業効率を重視するのであれば、電動タイプがおすすめです。

性能から選ぶ

ボードカッターを選ぶ際には、「ストローク数」と「電圧」をチェックしましょう。ストローク数とは、1分間当たりの回転数で「min-1」で表されています。多くの製品のストローク数は「0〜6,000min-1」です。

また、電圧はボードカッターのバッテリーの大きさを表しており、単位は「V」です。10.8〜18Vのものが多く展開されていますが、数値が大きければ大きいほど作業できる時間が長くなります。

ボードカッターおすすめメーカー

国内外の様々なメーカーから販売されています。長く使う工具はメンテナンスを行いたいため、国内のメーカーで探したいという方も多いのではないでしょうか。ボードカッターを発売しているおすすめの国内メーカーは、以下の3社です。

  • マキタ
  • ハイコーキ
  • パナソニック

マキタ

マキタは1915年創業の、愛知県に本社を置く電動工具メーカーです。モータの販売修理会社からスタートしたマキタは、現在では国内では129カ所、海外には約50カ国もの営業拠点を構えるグローバルな企業に成長しました。

安定した品質を保つものづくりの姿勢で、使いやすくコストパフォーマンスに優れたボードカッターを多数販売しています。

ハイコーキ

ハイコーキは、日立工機株式会社から社名変更した、工機ホールディングス株式会社が展開するブランド名です。1918年に電気ドリルの国産化に着手した、国内電動工具のまさにパイオニアとも言える存在です。

高性能でありながら軽量で使い勝手の良いモデルを多く販売している、プロから絶大な信頼を寄せられている電動工具メーカーの一つです。

パナソニック

パナソニックは言わずと知れた1918年に松下幸之助によって創業された代表的な国内家電メーカーで、国内外に169もの拠点がある大企業です。

電動工具のイメージを持たない方も多いかもしれませんが、ものづくりのノウハウを生かしたボードカッターは高性能でありながら安全性も高く、建築業界の職人からも一定の人気があります。

ボードカッターおすすめランキング7選!

性能や種類、メーカーから選ぶと知っていても現場作業が忙しく、ホームセンターに足を運び一つ一つの工具を見比べる時間がないという方も多いのではないでしょうか。そこで、おすすめのボードカッターを以下で7つ紹介したいと思います!価格サイズだけでなく性能も徹底解説するので、ボードカッターをお探しの方は是非参考にしてください。まずは一覧で紹介します。
(一覧の表の挿入を今までお願いしていましたが、そのままでよろしいでしょうか?)

1.マキタ(Makita) 充電式ボードカッタ SD180DZ

引用元:https://amzn.to/3QxSnkv

価格:¥23,850税込
切断能力:石膏ボード30mm/木材15mm
ストローク数:0~6000min-1
サイズ:26.3長さx 7.9幅x0.3高さcm
重さ:1.56 キログラム
電圧:18ボルト
持ちやすい形状で軽い操作性でありながら、安定した直立切断ができる初心者にも最適なモデル。粉塵を大量にストックできるダストボックスがついているため、大規模な現場でもゴミ捨ての手間なく連続使用できます。高輝度のLEDを搭載しているため、墨線を照らしやすく作業がしやすいことも評価が高い理由の1つです。

2.パナソニック 充電角穴カッター EZ45A3X-B

引用元:https://amzn.to/3UvAnIv

価格:¥22,572 税込
切断能力:石膏30mm/木工15mm
ストローク数:0~6000min-1
サイズ:25.7長さx7.2幅x 28.1高さcm
重さ:1.3キログラム
電圧:14.4/18ボルト
2つの電圧を選べるデュアルタイプの充電式のモデルで、保護等級IP5Xの高い防塵性能が魅力です。隙間のないダストケースは、天井への穴あけの際も切り粉がこぼれにくく、捨てるのも簡単な仕様です。ブレード位置合わせラインも搭載しているため、切り込み位置が分かりやすく初心者でも安心して作業できます。

3.マキタ(Makita) 充電式ボードカッタ SD180DRGX

引用元:https://amzn.to/44vPYwh

価格:¥64,000 税込
切断能力:石膏30mm/木工15mm
ストローク数:0~6000min-1
サイズ:26.3×79×29.0(BL1860B装着時)
重さ::1.9キログラム(バッテリ含)
電圧: 18 ボルト
優れたバランスと安定した直線切断の両立を実現した高級モデルです。レバーを外すだけで外せる高性能のダストボックスや、樹脂製のベースカバー、高輝度のLEDライト搭載であらゆる現場に対応します。2つのバッテリーが付属しているため、使用頻度が高くバッテリーの劣化が懸念される職人の方におすすめです。

4.HiKOKI(ハイコーキ) 充電式 ボードカッター ケース付き CK18DA(XP)

引用元:https://amzn.to/3QxSIDN

価格:¥53,781 税込
切断能力:石膏30mm/木工15mm
ストローク数:0~6500min-1
サイズ:24.9長さx 8幅x 27.7高さcm
重さ: 1.9キログラム(蓄電池装着時)
電圧:18ボルト
軽量でバランスが良く、さらに石こうボード用の三面ブレードを付属しているため、自由な操作性と切込みを実現しています。集じん率が70%以上の高性能なダストボックスや開口材を挟んで固定できる形状も特徴です。さらに、作業中一時的に引っ掛けられるフックなどの機能も充実しており、使いやすさに定評があるモデルです。

5.パナソニック 充電角穴カッター EZ4543

引用元:https://amzn.to/4bkp2lm

価格:¥36,100 税込
切断能力:石膏30mm/木工15mm
ストローク数:0~6000min-1
サイズ:‎34.4 x 22.6 x 7.2cm
重さ:‎1.9キログラム
電圧:14.4ボルト
下穴なしで切り込みができる、天井への穴あけに最適なモデルです。照明器具2台分の切り粉が溜められるダストボックスは、頻繁に捨てる手間を無くし作業効率をアップします。ワンタッチで開けられるベースカバーには、ブレード位置合わせラインや墨線合わせができる機能も搭載しています。ブレードの装着もネジ2本だけと手軽にできる仕様で、使いやすさに定評があるボードカッターです。

6.HiKOKI(ハイコーキ) コードレスナイフカッター 充電式 CK18DSAL(NN)

引用元:https://amzn.to/4bslii3

価格:¥27,691税込
切断能力:石膏30mm/普通合板15mm
ストローク数:0~6500min-1
サイズ:334×221mm(別売BSL36A18装着時)
重さ:1.65キログラム
電圧:18ボルト
軽量で安価なモデルでありながら、クラストップの切断量を誇るモデルです。電圧と14.4Vリチウムイオン電池のどちらも利用できるため、充電が切れた際も安心です。LEDライトや電池残量表示機能なども搭載しているため、初心者のエントリーモデルにも最適です。

7.マキタ(Makita) 充電式ボードカッタ バッテリー×2・充電器付 SD100DSMX

引用元:https://amzn.to/3UnI4AC

価格:¥35,361 税込
切断能力:石膏30mm/木工15mm
ストローク数:0~6,000min-1
サイズ:15 x 10 x 30 cm
重さ:1.6キログラム
電圧:10.8ボルト
刃物形状の最適化と、オービタル運動の相乗効果で、安定した直線切断と軽い操作性の双方を両立しています。切り始めと切り始めの速度を簡単にコントロールできる無段変速トリガを搭載しているため、安心して作業できます。脱着が容易なダストボックスは収納力にも優れており、連続作業も安心です。高輝度LEDライトや、切り込み位置のガイドを搭載した樹脂製ベースカバーも好評です。

【まとめ】切断する材料に合わせたボードカッターを導入し作業効率を向上させよう

ボードカッターの種類やおすすめのメーカーや種類について紹介しましたが、いかがでしたか。1万円台のものから6万円を超えるモデルまであるため、つい目移りしてしまうかもしれませんが、今後のキャリアや作業量を考え、不足のないモデルを選ぶようにすることをおすすめします。使いやすいボードカッターを購入し、作業効率をアップさせましょう。

インパクトドライバーおすすめ13選についてはこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

インパクト ドライバー おすすめインパクトドライバーおすすめランキング13選!選び方なども解説

集塵機おすすめランキング15選

集塵機おすすめ15選についてはこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

集塵機 おすすめ集塵機おすすめランキング15選!選び方やメーカーなども解説

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!