ハウスクリーニングの広告とは?集客効果をあげるコツを徹底解説

現在、ハウスクリーニング業界の需要は高まっています。在宅ワークが普及して家で過ごす時間が増えたこと、共働き世帯が増えたことなどが主な理由です。
しかし、「なかなか新規顧客が増えない」、「広告を出しても集客できない」と悩む企業も少なくありません。
ハウスクリーニング業界で集客効果を上げるためには、適切な広告による販促活動が大切です。今回はオンライン、オフラインに分けて、ハウスクリーニング業で効果を発揮する広告の種類を解説していきたいと思います。

弊社では建設業に特化したマーケティング代行サービス「ツクノビマーケ」を提供しております。Webからの案件獲得や事業拡大、低予算での案件獲得を実現いたしますので、ぜひお気軽にこちらからご相談ください。

【オンライン】ハウスクリーニングにおすすめの広告

ハウスクリーニング業界の集客方法は、従来はオフラインの手法が主流でした。しかし現在、ハウスクリーニングの広告手法はオンラインが主力になりつつあります。スマートフォンが殆どの世帯に普及していること、多くの人にとって口コミが大きな選択の基準になっていること、オンライン広告は予算内で運用できる手軽さがあることが理由として挙げられます。

オンライン広告は様々な種類のものが存在しますが、ハウスクリーニング業界では以下の4つの広告が効果を発揮すると言われています。

リスティング広告

リスティング広告はYahoo!やGoogleなどの検索結果に、ユーザーが検索したキーワードに応じて表示される広告を指します。リスティング広告は、検索目的をもったユーザーにダイレクトに訴求できる、効果が出るまでの期間が短いという特徴があります。そのため「すぐにでも家をきれいにしたい」という顕在的なニーズを抱える層が多いハウスクリーニング業界とリスティング広告は相性がよく、短期間のうちに新規顧客を獲得することが期待できます。

SNS広告

SNS広告とは、Facebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなど、各種SNSのプラットフォームに配信する広告を指します。ユーザーが登録したプロフィール情報や行動データを元に精度が高いターゲティングができること、潜在顧客へのアプローチが可能なことが利用するメリットです。また、タイムライン上に自然に表示できるため、顧客に比較的受け入れられやすいという特徴もあります。企業の認知拡大だけではなく、リピーターとなるファンの拡大にも効果がある広告です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、WEBサイトの広告枠に表示される広告を指します。バナー広告とも呼ばれています。リスティング広告と混同されるケースが目立ちますが、顕在層にアプローチするリスティング広告とは異なり、ディスプレイ広告は潜在的なユーザーに広くアプローチできるツールです。画像や動画を使用できるので表現の範囲が広く、一度サイトに訪れて購入に至らなかったユーザーに再度広告表示するリマーケティング機能があることも利用するメリットと言えるでしょう。

純広告

純広告とは、広告媒体と広告枠を契約し掲載する広告を指します。例えばYahoo!トップ画像に表示される広告は、純広告の代表的な例です。ターゲティングが出来ないため、顕在層へのダイレクトなアプローチには不向きですが、自社サービスの認知拡大、キャンペーン告知などには優れた効果を発揮します。広告枠を事前に購入するため、確実に狙った枠に掲載でき、広告掲載後の細かな運用コストが発生しないことも、導入するメリットの1つです。

【オフライン】ハウスクリーニングにおすすめの広告

インターネットの普及に伴いWebマーケティングが優れた効果を発揮するようになってきました。しかし、オンライン広告はインターネットに馴染みがない高齢者層にはなかなかリーチしないというデメリットがあります。より幅広い客層に自社サービスの認知を拡大させるためには、昔ながらのオフラインの広告手法と組み合わせることが重要です。ハウスクリーニング業界で優れた効果を発揮する、オフライン広告を以下で5つ紹介しましょう。

ダイレクトメール

ダイレクトメールとは個人に向けた印刷物のことで、DMの略称でも知られています。個人の自宅に直接郵送できるため、インターネットを利用しない層にも確実に自社の情報を届けられるというメリットがあります。既存顧客に対して、大掃除の時期や新年度などの節目に送ることで、リピートを促す効果も期待できます。ダイレクトメールにQRコードを添付することで、自社ホームページへ誘導できるだけでなく、広告の効果測定ができるという一面も見逃せません。

折り込みチラシ広告

折り込みチラシ広告とは新聞やフリーペーパーなどの、別媒体へチラシを挟み消費者の自宅に配布する広告手法です。自社とは異なる媒体の流通ルートに載せることで、商圏の拡大や潜在層への自社の認知拡大が期待できます。また、新聞に折り込まれているということで「きちんとした企業」というイメージを抱く消費者も少なくはないため、信頼度の向上という効果も期待できます。配布数や広告サイズなどを比較的自由に設計できるのもメリットです。

フリーペーパー

フリーペーパーとは、紙媒体の無料で誰でも持ち帰れる広告物を指します。配布方法はさまざまで、ポスティングだけでなく駅やコンビニに設置されたラックに置く方法も見受けられます。利用するメリットは無料であるため、多くの人の目に入る可能性が高いことです。また、オフライン広告はターゲティングが難しいことで知られていますが、フリーペーパーの対象とする年齢層によってアプローチが変えられることも利用する大きなメリットの1つです。

新聞広告

新聞の紙面に掲載する広告を新聞広告と言います。記事下や記事中、題字横、突き出しなど場所も選択でき、それぞれで効果は若干異なります。新聞広告を利用するメリットは、信頼性の高さです。全国紙に広告を出稿するためには、財団法人新聞広告審査協会による、書類、電話、訪問による厳しい審査をクリアしなければなりません。地方紙では審査が不要なこともありますが、「信頼性の高いメディアに広告出稿できる=安心できるハウスクリーニング業者」と顧客に認識させる効果は期待できるでしょう。

看板広告

看板広告とは大小さまざまな看板を用いた広告手法で、オフライン広告の中で最も露出度が高い広告として知られています。長期間の契約のケースが多いため、商圏内の顧客に繰り返し何度も見てもらえるため、高い訴求力が期待できます。従来は写真とテキストによる広告でしたが、近年ではLEDビジョンを使ったDOOHが流通しており、動画を用いてより多くの情報を届けられるようになりました。視認性の高い広告手法であるため、自社の認知拡大に非常に適した広告手法です。

弊社では建設業に特化したマーケティング代行サービス「ツクノビマーケ」を提供しております。Webからの案件獲得や事業拡大、低予算での案件獲得を実現いたしますので、ぜひお気軽にこちらからご相談ください。

広告で集客効果をあげるコツ

オンラインとオフラインというカテゴリーに分けて、様々な広告手法を紹介してきましたが、全てやみくもに導入すれば成功するというわけではありません。確かに集客方法は多いほど集客につながるのは事実ですが、すべてに手を付けると本業が疎かになるだけではなく、運用もままならなくなる恐れがあります。まずは数個に絞っり、アプローチすることをお勧めします。広告でさらに集客効果を上げるためのコツを、以下で4つ紹介しましょう。

ターゲット層を定めアプローチする

まず、ターゲットが顕在層か顕在層かを見定める必要があります。ターゲットの興味・関心度によってアプローチ方法を変えるのは広告の基本です。例えば、ハウスクリーニングにニーズと関心を強く抱いているユーザーにアプローチするのならば、リスティング広告やリターゲティング広告が効果があります。関心はあるがハウスクリーニングサービスを認知していない潜在層には、純広告やSNS広告、看板広告などを用いたアプローチが効果を発揮します。

目標値を明確に決める

広告運用の目標値を明確に定めましょう。特に運用中に改善する可能性のあるWeb広告において、目標に対する効果測定は極めて重要です。広告の中で指定すべき目標は以下の3つです。
・クリック数…広告がクリックされた回数(誘導)
・インプレッション数…広告が表示された回数(認知)
・コンバージョン数…広告費用が出した効果の数(獲得)
広告の目的が自社認知拡大なのか、誘導なのか、顧客獲得なのかを定め、それに対する目標値を定めることで、運用の効果測定が容易になり今後のマーケティングを考える際にも役に立つでしょう。

広告の特徴を理解して最適なものを選ぶ

広告出稿の目的にマッチする広告を選びましょう。先述したように、広告手法それぞれに特徴と強みがあり、それぞれを生かしたマーケティングが求められます。例えば、ハウスクリーニングのターゲット層に子育て世帯と高齢者層が挙げられます。子育て世帯には、情報拡散力の高いオンライン広告が効果を発揮しますが、高齢者層には新聞広告や折り込みチラシなどのオフライン広告から問い合わせにつながる傾向があります。目標とターゲット層を擦り合わせ、最適な媒体を選択することが大切です。

季節性を意識する

ハウスクリーニングは季節によって求められるサービスが変わります。例えば、春や秋にエアコン清掃、年末には大掃除、引越しシーズンの2〜3月には水まわりの清掃の需要が高くなります。そのため、シーズンごとにユーザーの求めるサービス内容に応じて広告の内容を変更することで、高い集客効果を発揮するようになります。期間限定のクーポンや、お得なセットプランを提案するとユーザーの関心をより強く惹きつけられるようになるでしょう。

【まとめ】広告を出してハウスクリーニングの集客を成功させよう!

現在、ハウスクリーニングを含むハウジングサービス業界は大きな成長を遂げており、25年の市場規模は8000億円にも上ると予想されています。しかし、その分新規参入業者も多く、全国に8,000以上もの業者が存在しているのです。競合他社と差別化を図り、業界で生き抜くためには広告を利用して新規顧客とリピーターを獲得していく必要があります。広告の目的は何か、ターゲット層はどこかを明確に定め、アプローチできる広告媒体を適切に選ぶことが、マーケティング成功の第一歩となるでしょう。

ハウスクリーニングのホームページ事例8選とSEO対策や制作会社についてはこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

ハウスクリーニングのホームページ事例8選!SEO対策や制作会社も紹介

※ちなみに弊社では建築建設業界特化の
デジタルマーケティング支援サービスを行っています!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!
ツクノビセールス_建築建設業界特化の営業代行
詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!