建設業でドローンが活用されている場面やメリットなどを解説!

建設業 ドローン 活用

「建設業でドローンを活用する場面を知りたい」
「建設業でドローンを活用するメリットってなにがあるの?」

このような方に向けて今回は、ドローンについて・ドローンが活用されている場面・ドローンを活用するメリット・ドローンの選び方を紹介します。

これから建設業界でドローンの活用を検討しようと思っている方は、ぜひこの記事で紹介した内容を参考にしてみてください。

ドローンとは

ドローンとは、自動操作や遠隔操作ができる無人の航空機のことです。具体的には、飛行機の形状をした固定翼型のドローンのことです。

ドローンは2010年頃から農業用や民生用として使用されています。ドローンの種類によっては、ジャイロセンサー・加速度センサー・障害物センサーなどが搭載されています。ほかにも、映画テレビなどの空撮用・農業での農薬散布などに使用されているのが特徴です。

建設業でドローンが活用されている場面

ここからは、建設業でドローンが活躍されている場面を、下記の項目で紹介します。

  • 施工管理業務
  • 測量業務
  • メンテナンスや点検業務
  • 運搬業務

施工管理業務

建設業でドローンが活躍されている場面のひとつ目として、施工管理が挙げられます。施工管理は、工事が予定通り進んでいるかを確かめる工程管理、現場の作業環境が安全かを確認する安全管理、品質基準に従って作業が進められているかを確かめる品質管理などがあります。

施工管理を行うことで、工事現場の進捗状況を簡単に確かめられることが特徴です。

測量業務

ドローンが活躍されている場面のふたつ目として、測量業務が挙げられます。測量とは、距離・角度・高さを測り、位置の関係や土地の広さ、起伏を明確にし、図面化や数値化する作業のことです。

具体的には、建設現場を上空からドローンで撮影し、写真を分析して地形の形状を測定する方法があります。測量業務をドローンで行うことにより、作業時間が短縮し、精度の向上が達成できるなどのメリットが挙げられます。

測量におすすめの測量用ドローンレーザー機

Zenmuse L2(ゼンミューズエル2)はDJI社製の測量用ドローンレーザー機です。飛行ルートの自動生成や測量の際の離陸から着陸も自動でできるため、誰でも操作しやすいのが特徴です。また、出来形測量の要求精度を満たす高精度を誇るだけでなく、従来のドローンと比較してコストも10分の1と安価に導入できるのも魅力です。

Zenmuse L2の料金や詳細についてはこちらから

\ 今すぐ無料ダウンロード /
資料ダウンロード

メンテナンスや点検業務

建設業界でドローンが活躍されている場面には、ビルやトンネル・ダムなどインフラ設備のメンテナンスや点検業務が挙げられます。

具体的には、ビルの老朽化やインフラの設備をドローンを使用して点検していくのが特徴です。これまでは人間が行っていた点検作業をドローンを使用することで、安全に代行することが可能となりました。

運搬業務

建設業界では、工事用機器や建設資材などの運搬作業が多く必要です。山間部や谷・高所などをドローンを使用して運搬すると、作業員の手間も省け、作業時間の短縮に繋がります。

また、ドローンを使用した運搬や宅配サービスは、一部ではすでに実用化され始めているのが特徴です。ドローンの運搬は、建設業界でもたくさん期待されており、これからの本格的な実用化に向けて、実証実験が進められています。

建設業でドローンを活用するメリット

ここからは、建設業でドローンを活用するメリットを下記の順に紹介します。

  • 事故のリスクを低減できる
  • 作業時間を短縮できる
  • 人手不足を補える
  • 資材コストを削減できる
  • 客観的なデータを取得できる

事故のリスクを低減できる

建設現場での高所作業に伴った事故を防げるのもドローンを活用するメリットでしょう。足場の悪い所での作業や点検作業をすべてドローンにしてもらうことで、事故のリスクを低減できます。

また、調査員が足場に上って打撃を行う打診調査では、転落などの危険性があります。作業員の事故のリスクを下げたい場合は、打診調査・測量・点検作業などをドローンに任せることがおすすめです。

作業時間を短縮できる

建設現場にドローンを活用すると、作業員が行うよりも作業時間の短縮が期待できます。建設業界では深刻な人手不足が挙げられるでしょう。そのような問題を解決するための対処方法としてもドローンはおすすめです。

具体的にドローンを使用すると、1日程度で赤外線カメラの撮影が可能です。天気の悪い日だと予備日を含めても2日程度で完了します。

人手不足を補える

上記でも紹介しましたが、建設現場でドローンを用いると人手不足を補えるといったメリットもあります。ドローンによる赤外線外壁調査の場合、打診調査と比べて期間全体の人手不足を解消できるのが特徴です。

例えば、足場の組立や解体など、長時間打診する作業員を削減できます。通常5〜6人ほどの作業員がいるところを、ドローンであれば撮影を1日行うのみでよいでしょう。

資材コストを削減できる

建設現場でドローンを使用するメリットとして、資材コストを削減できることが挙げられます。具体的には重機を使う必要がある作業をドローンに置き換えることで、無駄な資材や人材の削減に繋がります。

現時点では、ドローンの活用は始まったばかりです。しかし今後ドローンの能力が蓄積されると、建設現場などで幅広く実用化されるでしょう。

客観的なデータを取得できる

データを取得できるのも建設現場でドローンを使用するメリットです。具体的には、遠赤外線でドローンを活用すると、客観的なデータの取得が実現します。

また、打診調査では正確なデータを示すのは少々難しい場合が多いですが、赤外線カメラで撮影した画像は紛れることなく、客観的なデータの物証になるでしょう。ドローンデータを取得するためには、適切なドローン操作やデータ分析のスキルが必要です。

建設業でドローンを活用するために始める方法

建設業でドローンを活用するために始める方法としては、下記のようなことが挙げられます。

  • 建設に強い管理団体に所属するスクールで講習を受ける
  • 建設関連企業が運営するスクールで講習を受ける
  • 民間の資格を取得する

建設に強い管理団体に所属するスクールで講習を受ける

建設業でドローンを活用するためには、建設に強い管理団体に所属するスクールで講習を受ける必要があります。全国の講習団体は、2021年4月時点で、1,000団体を超えています。今後も増加していくでしょう。

また、管理団体はそれぞれ特徴があるため、特色や得意分野を調べていくことが重要です。まずは、受講生として基礎的な知識や技能を身に付けましょう。

建設関連企業が運営するスクールで講習を受ける

建設関連企業が運営するスクールで講習を受けるのも1つの方法です。そのようなスクールでは、実際に建設業でドローンを活用しているため、カリキュラムの実践に即した内容が学べます。

また一部のスクールでは、「〇〇点検講習」「測量講習」など業務に特化しているコースを展開しているのが特徴です。スクールに通うことはもちろん大切ですが、受講後にも実践や練習を重ねることが大切です。

民間の資格を取得する

民間の資格を取得するのも、建設業でドローンを始める方法として有効です。ドローンを操作するには資格は必須ではありません。しかし、実際には建設現場でドローンを使用するほとんどの人々が民間の資格を持っています。

理由としては、資格を保持していると国土交通省からの飛行許可を申請する際に、一部の文書審査が免除されるからと言われています。

建設業でドローンを活用するための選び方

ここからは、建設業でドローンを活用するための選び方を下記の順に紹介します。

  • カメラの性能から選ぶ
  • 障害物を回避する機能から選ぶ
  • 防じん機能を備えている機種から選ぶ

カメラの性能から選ぶ

建設現場で活躍するドローンには、優れたカメラ性能が求められます。建設現場でドローンを飛行させる理由としては、人の目で直接見るのが難しい場所や、目視によるチェックに代用するためです。

そのため、ドローンが撮影してくる写真が粗末なのだと、ドローンに代用する意味がありません。一般的なカメラでは、2000万画素程度で十分ですが、1億画素のカメラを搭載していれば、離れた場所から全体画像の一部を拡大しても十分きれいに撮影できます。

障害物を回避する機能から選ぶ

障害物への衝撃を避けて安全に飛行・撮影できるように、障害物検知センサーを搭載しているドローンを使用することで、障害物を回避できる可能性が高いです。また、検知センサーの数は限られている場合が多いでしょう。

また、前方のみでなく、後方・上方・下法などできるだけ多くの検知センサーが搭載されている機種を選ぶのがおすすめです。

防じん機能を備えている機種から選ぶ

建設現場では、砂埃など避けるのが難しいです。対策として、防じん機能を兼ね備えている機種だと安心して使用できます。

また、ドローンは最先端技術を詰め込んだ精密機器であるため、デリケートです。こまめにメンテナンスを心がけたり、地面にシートを敷いた状態で離着陸させるといった工夫も必要でしょう。砂埃がドローンの内部に入り込むのを防ぐためにも、防じん機能は有力な手段の1つです。

おすすめのドローンレーザー機は「Zenmuse L2」

Zenmuse L2(ゼンミューズエル2)はDJI社製の測量用ドローンレーザー機です。出来形測量の要求精度を満たす高精度をもちながら、雨天時でも問題なく使える機能もあります。また、飛行ルートの自動生成や測量の際の離陸から着陸も自動でできるため、誰でも操作しやすいのが特徴です。さらにコスト面では、従来のドローンと比較して10分の1も費用をおさえながら導入することができます。

Zenmuse L2の料金や詳細についてはこちらから

\ 今すぐ無料ダウンロード /
資料ダウンロード

建設業でドローンを活用するときの注意点

ここからは、建設業でドローンを活用するときの注意点を下記の順に紹介します。

  • 法令による許可の申請が必要
  • 操作スキルが必要
  • 天気によっては活用不可

法令による許可の申請が必要

建設業でドローンを活用する際の注意点として、法令による許可の申請が必要です。ドローンは法令によって、様々な規制が設けられています。

具体的には、飛行する場所について現在の法律では、人口集中地区での飛行や操縦者が機体を目視できない範囲の飛行は、原則禁止になっています。ほかにも、国有林での飛行であれば、森林管理署への申請が必要です。

操作スキルが必要

建設業でドローンを活用するには、操作スキルが必要です。未熟な操縦者が飛行すると、的確な場所へ移動するのが難しいです。その結果、堕落のリスクや時間の浪費につながってしまうでしょう。

対策として、社内での技術者の育成に力を入れる必要があります。各地で開催されている講習会やドローンスクールに参加してみるのも1つの方法です。

天気によっては活用不可

ドローンを操作する際、天気によっては活用ができない場合もあります。悪天候や強風の際は飛行が難しいです。理由として、強風の際は最悪の場合、地上への堕落を引き起こす可能性が挙げられます。また、雨で電子機器が濡れてしまうことで、故障したりする場合もあります。

天候が変化しやすい地域では、とくに天気に気を配りながらドローンを操作していく必要があるでしょう。

建設業でドローンを活用する今後の展望

ここからは、建設業でドローンを活用する今後の展望を下記の順に紹介します。

  • 建設市場におけるドローンのインパクト
  • 新たな価値を創造できる

建設市場におけるドローンのインパクト

建設業界では、管理ミスによる無駄な資材の増加が問題となっています。ドローンの現場の進捗管理を担い、適切な資材調達を行うことで、本来破棄される資材を大幅に減らすことができます。

このような状況になると、世界建設市場に与えるインパクトは、計り知れないでしょう。ドローンを活用することで、管理ミスを防げるだけでなく、無駄な資材の増加を防いでくれます。

新たな価値を創造できる

ドローンはAR技術と結びつけることで、人間が見えないリスクを見つけだし、安全性を確保して作業効率アップさせることが可能です。

例として、ある企業は地下にあるガス管や水道管を空から可視化するシステムの実用化を進めており、完成すれば事故を未然に防げるようになります。ほかにも、ドローンが集めるデータがARの精度を向上させ、新たな価値を創造できるでしょう。

建設業で使えるドローン測量ソフトおすすめ4選!機能やメリットも紹介!の記事はこちら

建設業で使えるドローン測量ソフトおすすめ4選!機能やメリットも紹介!建設業で使えるドローン測量ソフトおすすめ4選!機能やメリットも紹介!

測量ソフトの建設現場で活躍するおすすめ3選!無料ソフトや導入効果も紹介!の記事はこちら

測量ソフト・アプリ 建設測量ソフトの建設現場で活躍するおすすめ4選!無料ソフトや導入効果も紹介!

【まとめ】建設業のドローン活用は今後も発展していく!上手に取り入れ業務の効率化に役立てよう

建設業でドローンを活用すると、事故のリスクを低減できたり・人手不足を補えるといったメリットが挙げられます。また施工管理業務・測量業務・メンテナンスや点検業務などは、建設業でドローンが活用されている場面です。

これから建設業でドローンを取り入れようと考えている方は、ぜひ上記で紹介したメリット・活用するために始める方法などを参考にしてみてください。きっと今よりも作業時間の短縮が期待できます。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!