弾性 シーリング 材とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

「弾性シーリング材」とは、建設や工事の際に隙間や接合部を埋めるために使用される特殊な材料のことを指します。これらの材料は、伸縮性があり、外部からの水や気体の浸入を防ぐ役割を持っています。

以下、詳しく解説します:

特性:

伸縮性: 弾性シーリング材は、温度変化や建物の動きに対して柔軟に対応できるように設計されています。これにより、割れや欠け、剥がれることなく持続的にシーリング効果を発揮します。
防水・気密性: これらの材料は、雨や湿気から建物を守るための防水性能や、室内の快適性を保つための気密性能を持っています。
用途:

建物の外壁や屋根、窓やドアの周りなど、さまざまな場所で使用されます。
コンクリートの接合部や拡張ジョイントのシーリング、建築物や構造物の補修作業にも使用されることがあります。
種類:

シリコン、ポリウレタン、アクリル、ポリブタディエンなど、さまざまな種類の弾性シーリング材が市場に出回っています。それぞれの材料は、使用目的や場所、期待される性能に応じて選ばれます。
施工方法:

通常、弾性シーリング材はカートリッジに入って販売され、専用のガンを使って押し出しながら隙間や接合部に充填します。
簡単に言えば、「弾性シーリング材」とは、建築や工事の際に隙間や接合部をしっかりと封じるために使用される、伸縮性を持つ専用の材料のことを指します。これにより、建築物は水や気体の浸入から守られ、長持ちするように設計されています。