ハウスメーカーの集客に効果的なチラシを解説!作成のポイントやメリットも紹介

ほとんどのハウスメーカーは、自社物件の不動産情報をチラシに掲載して効果的に集客しています。戸建てやマンションの価格はもちろん、土地情報や他物件にはないポイントなどをうまくアピールすることが大切です。
そこで今回の記事では、ハウスメーカーの集客に効果的なチラシを徹底解説します。作成時に気をつけるべき点や、チラシ作成のメリットも合わせて紹介します。ハウスメーカーを立ち上げ集客に力を入れたいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

ハウスメーカーのチラシの種類

ハウスメーカーのチラシの種類は主に4つあります。①物件情報掲載チラシ②大判チラシ③売出中の物件掲載チラシ④間取り図掲載チラシです。それぞれ特徴が異なるため、集客の目的や集客を狙うお客様の層に合ったものを選びましょう。

物件情報掲載チラシ

物件情報掲載チラシは、たくさんの物件をまとめてチラシに掲載したものを指します。主に物件の価格・外観写真を掲載し、なるべく多くの物件を羅列して掲載するのがポイントです。スペースがある場合はできる限り詳細も掲載しましょう。
物件情報掲載チラシのメリットは、多くの物件を掲載するため、地域を限定せずに配布できる点です。チラシを大量購入してコスト削減にも繋がり、1度で多くのお客様に物件を見てもらえます。

大判チラシ

大判チラシは、従来のチラシよりも大きい紙を使用しています。物件の詳細をすみずみまでアピールできるので、家やマンションの購入を検討している方を集客したい場合におすすめです。
物件の価格はもちろん、それぞれの部屋の写真や周辺のお店の紹介・間取り図を掲載することも可能です。また新居・新築マンションを販売する際は、周囲の駅やスーパーに掲載すると目に入りやすいのもメリットになります。

売出中の物件掲載チラシ

売り出し中の物件掲載チラシは、購入のキャンセルがあった物件を売り出すものです。1度掲載が終了したものなどを再販するときに使用するチラシなので、家やマンションを購入したい方の購入意欲をそそるようなお得な印象を与えるのがポイントになります。
キャンセルが出た物件=1度売れた人気物件と認識してもらえるように、アピールポイントを簡潔に掲載しましょう。また、販売価格を安めに設定し直して大々的に掲載すると、さらにお得感が増します。

間取り図掲載チラシ

間取り図掲載チラシは、戸建ての家・マンションの間取り図を細かく掲載したものです。家やマンションを購入する方の家族構成によって、希望の間取りはそれぞれ異なります。部屋の数や広さ・お子様や年配の方にも配慮した動線づくり・水回りの特徴などをわかりやすく掲載しましょう。
特に家を建てようと検討している方は、売り出し中のチラシや大判チラシよりも、間取り図が掲載されているチラシに目を通しやすい傾向があります。ターゲットの世帯に合わせた間取りの家を掲載するのがおすすめです。

ハウスメーカーがチラシを作成するメリット

ハウスメーカーがチラシを作成するメリットは主に3つあります。
①新規顧客の獲得につながる
②集客の費用を安く抑えられる
③会社の知名度が上がる
以上の3つです。
チラシを作成して有効活用し、効率的に集客しましょう。

新規顧客の獲得につながる

ハウスメーカーがチラシを作成する1番のメリットは、新規顧客の獲得につながる点です。チラシは不特定多数の方に家やマンションの情報を提供できる媒体です。見込み客はもちろん、「いつか家を買いたいと思っている」「引越しのタイミングに合わせて家を建てたい」と潜在的に購入を検討している方にも商品をアピールできます。
また、チラシはお客様それぞれの手に渡るものです。広告や看板と違い、長期間お客様の手元に保管されるのもポイントの1つです。SNSやインターネットを使用しない世代の方にもアピールできます。

集客の費用を安く抑えられる

チラシを作成する2つ目のメリットは、費用削減につながる点です。チラシは大型看板やCM・広告よりも安い費用で作成できます。1枚あたりの単価も安く、大量に製作した場合はさらにコスト削減できるのが嬉しいポイントです。
最近はSNSやウェブを使った広告が多いです。しかし、Webサイトにチラシを掲載するためにはお金がかかるだけでなく、ターゲットに合わせたサイトに広告掲載の依頼をしなければなりません。チラシを作成すれば、手間も費用も抑えられるメリットがあります。

会社の知名度が上がる

ハウスメーカーがチラシを作ることは、会社の知名度を上げることにも繋がります。紙媒体のチラシは年齢や家族構成を限定せず、多くの方の手に渡る宣伝材料です。SNSやインターネットを使っていないアナログユーザーにも、会社の存在をアピールできます。
また、定期的にチラシを発行して配布すれば、お客様に認知してもらいやすくなるのもメリットです。Webサイトと違って自宅のポストや近所のスーパー・掲示板などに必ず掲載できるので、会社名などを覚えてもらいやすくなります。

チラシの作成で注意すべきポイント

ハウスメーカーがチラシを作成するときに注意すべきポイントが主に2つあります。①低価格や値下げの過度な強調②曖昧な言葉での表現です。チラシを作って家やマンションのポイントをたくさんアピールするのは重要ですが、注意点を意識しないと分かりづらいチラシになってしまいます。注意点をそれぞれ詳しくご紹介します。

低価格や値下げの過度な強調

チラシを作成する上で、低価格・値下げの過度なアピールは逆効果になってしまいます。購入を検討している商品があまりにも安かったり急な値下げがあったりすると、「何か不備があるのでは?」「いい話には裏があるのでは?」と不審に思う方が多いです。
また、家やマンションなどの不動産広告は、表現の規定が厳しいです。「激安」「破格」などの過度な表現や、購入を急かすような売り口は違反として罰則が課せられる場合もあります。わかりやすく自然な表現のチラシを作成するように意識しましょう。

曖昧な言葉での表現

家やマンションを掲載したチラシを作成するときは、曖昧な言葉で表現をしないようにしましょう。抽象的なワードを使った宣伝は、購入時にお客様とのトラブルにつながってしまいます。
住宅の設備を紹介する場合は何がどれくらいあるのか詳細を書き、誤解を生まないようにするのがポイントです。また、金額は税込価格・値引き価格などをわかりやすく掲載しましょう。お客様と購入手続きへ進んだ時の認識の違いを未然に防ぐのがポイントです。

ハウスメーカーの集客に効果的なチラシを作成するコツ

ハウスメーカーの集客に効果的なチラシを作成するポイントを紹介します。ポイントは主に5つあります。それぞれのポイントを意識してチラシを作り、効率的に集客して売上につなげましょう。

顧客のターゲット像を明確化する

チラシを作成する際は、始めに顧客のターゲット像を明確化するのがポイントです。不特定多数の手に渡るチラシですが、ターゲットが曖昧なまま作成してしまうと、誰に何を伝えたいものなのかわからないチラシになってしまいます。
ターゲットを絞る際は、実際に販売する家やマンション周辺の立地・環境を掲載するのがおすすめです。通勤や通学の利便性・街の発展性・病院やスーパーなどへのアクセス条件を掲載すると、購入を検討している方が興味を持ちやすくなります。

費用を分かりやすく書く

集客に効果的なチラシを作成する場合は、費用をわかりやすく掲載しましょう。ハウスメーカーのチラシに限らず、お客さまは限られた情報で信頼性が高いものを購入しようとします。価格の内約や割引の理由が分かりやすく、「安心して購入できそう!」と思ってもらえるように費用を掲載するのがポイントです。
家やマンションの購入は、人生の中で最も大きい買い物の1つです。お客様が安心して買い物できるように、曖昧な価格表現は絶対にしないようにしましょう。

消費者からの信頼を得る

チラシを作成する際は、消費者からの信頼を得られるような過度な表現のないチラシを作成するのがポイントです。家やマンションの購入は決して安いものではありません。信頼できると思った会社に問い合わせ、安心して取引を行いたいとお客様は考えています。
チラシのデザイン性はもちろん、問い合わせ先がわかりやすく価格表示が明確であることも重要です。また、家を購入した後のアフターサービスの充実度なども重視されます。他会社と差別化できるようなポイントをわかりやすく掲載しておきましょう。

顧客に刺さるキャッチコピーを掲載する

より効果的なチラシを作るためには、顧客に刺さるような分かりやすいキャッチコピーを掲載しましょう。ターゲットをあらかじめ明確にしておき、ターゲットに刺さるような物件の価格・間取り図の特徴・立地の特徴などをシンプルに表現するのがおすすめです。
また、ただチラシにキャッチコピーを掲載するのではなく、イラストや写真・おしゃれなロゴなどを使用するのも重要なポイントです。センスのあるチラシを掲載すれば、ハウスメーカーへの信頼度向上にも繋がります。

アピールポイントを大きな画像で掲載する

チラシに載せる写真は、お客様に勧めたいアピールポイントを大きな画像で掲載しましょう。物件の特徴をたくさん知ってもらうことも重要ですが、特に売り出したいポイントを掲載してターゲットを絞るのがおすすめです。
新居の場合は引きで撮った外観を掲載し、綺麗さをアピールします。動線がとりやすい内部の場合は、リビングや廊下・玄関から庭先の写真など、複数の場所を移して掲載しましょう。

新居などの家を掲載したチラシを作成する場合は、住宅展示場の案内を合わせてチラシに掲載するのがおすすめです。ターゲットの顧客が興味を持ちそうなキャッチコピー・写真などを掲載し、住宅展示場の情報も掲載しておくことで、実際に足を運んでみたくなるように誘導します。
顧客が住宅展示場に来れば、実際の家の雰囲気を見てもらえるのはもちろん、社員と実際に会話して営業につながります。販売のチャンスを増やすためにも、必ず住宅展示場の情報を掲載しておきましょう。

ハウスメーカーにおすすめのチラシ以外の集客方法

ハウスメーカーの集客施策は大きく分けてWeb上の施策とオフラインの施策に分けられ、全てで14ほどあります。それぞれの施策の詳細については以下の記事で解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

工務店の集客方法14選!Web集客の方法や広告で成果を出すコツを紹介!

ハウスメーカーへの信頼感が高まるチラシを作成して集客しよう!

ハウスメーカーがチラシを作成する際は、簡潔に家やマンションの情報を掲載し、わかりやすく信頼度が高まるようなものを作るのがポイントです。費用も抑えられるチラシを有効活用して顧客を集め、ぜひ販売のチャンスを広げてください。

建設業でチラシを作るメリットやデメリットとチラシを作る方法についてはこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。

建設業でチラシを作るメリットやデメリットとは?チラシを作る方法についても紹介!

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!
ツクノビセールス_建築建設業界特化の営業代行
詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!