一人親方が受けられる助成金や補助金は?探し方や注意点なども解説

一人親方 助成金

一人親方として働く中で、事業拡大や設備投資のために資金が必要になることがあります。しかし、思うように売上が伸びず、資金繰りに悩む方も少なくありません。

そんな時に活用したいのが、国や自治体が支給する助成金や補助金です。ただし、助成金や補助金には様々な種類があり、受給条件も異なります。

この記事では、一人親方が受けられる助成金や補助金の種類、探し方、申請時の注意点などについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

助成金とは

助成金は、国や地方自治体から支給される支援金のことです。事業者の負担を軽減し、経営の安定化や雇用の維持・創出を目的として支給されます。助成金の大きな特徴は、返済の義務がないことです。

受けられる条件や金額

助成金を受け取るには、支給要件を満たして申請手続きを行う必要があります。支給要件は助成金の種類によって異なりますが、事業内容や従業員数、売上高などが条件になることが多いです。

助成金・補助金・給付金の違い

助成金と似たものに、補助金と給付金があります。助成金と補助金はどちらも事業者への支援を目的としていますが、助成金は事業全般に使える一方、補助金は特定の事業や設備投資に使途が限定されている点が異なります。

一人親方が受けられる助成金や補助金

一人親方でも受けられる助成金や補助金はいくつかあります。ここでは、代表的なものをいくつか紹介します。

事業再構築補助金

事業再構築補助金は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者が、新分野展開や業態転換、事業再編などの事業再構築に取り組む費用の一部を補助する制度です。

補助率は2/3〜3/4で、補助額は100万円〜1億円となっています。申請にあたっては、事業再構築指針に沿った事業計画を作成し、認定支援機関による確認を受ける必要があります。

一人親方の場合、事業計画の作成や認定支援機関との連携が難しいと感じる方もいるかもしれません。しかし、事業再構築に取り組むことで、事業の継続や発展につなげることができます。

参考:中小企業等事業再構築促進事業|事業再構築補助金

IT導入補助金

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部を補助する制度です。ITツールの導入により業務効率化や売上アップを目指すことができます。

補助率は1/2以内で、補助上限額は50〜450万円となっています。一人親方の場合、ITツールの導入により、業務の効率化や生産性の向上が期待できます。また、顧客管理や経理処理などの業務をITツールで行うことで、事務作業の負担を軽減することもできます。

参考:IT導入補助金2024(令和5年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金は、事業主が雇用する労働者に対して職務に関連した専門的な知識及び技能の習得をさせるための職業訓練等を計画に沿って実施した場合、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成するものです。一人親方が従業員を雇用し、その従業員に対して研修を実施する際に活用できます。

地方独自の助成金や補助金

国が実施する助成金や補助金の他に、都道府県や市区町村などの地方自治体が独自に実施している助成金や補助金もあります。例えば、東京都では「東京都中小企業制度融資」の一環として、設備投資や運転資金に対する融資を行っています。

一人親方の場合、個人事業主向けの制度を利用できる可能性があります。また、地方自治体によっては、創業支援や事業承継支援などの助成金や補助金を実施している場合もあります。地方自治体の助成金や補助金は、地域によって内容が異なるため、自分が事業を行っている地域の情報を確認することが重要です。

一人親方が助成金や補助金を申請するメリット

一人親方が助成金や補助金を申請するメリットはいくつかあります。この章では、代表的なものを3つ紹介します。

  • 返済する必要がない
  • 人材や設備投資できる
  • 事業を継続する助けになる

順に解説します。

返済する必要がない

助成金や補助金は、事業者への支援を目的として支給されるお金であり、返済の必要がありません。したがって、一人親方にとっては、事業資金を確保する有効な手段の一つといえます。

借入金と異なり、返済の負担がないため、事業の運営に集中することができます。ただし、助成金や補助金の中には、一定期間事業を継続することが条件となっているものもあるため注意が必要です。

人材や設備投資できる

助成金や補助金を活用することで、一人親方でも人材の雇用や設備投資に取り組むことができます。一人親方の場合、資金的な制約から設備投資を躊躇することもあるかもしれません。しかし、補助金を活用すれば、設備投資の負担を軽減できるでしょう。

事業を継続する助けになる

一人親方にとって、事業を継続することは容易ではありません。売上の減少や資金繰りの悪化など、様々な要因で事業の継続が困難になることがあります。助成金や補助金を活用することで、事業継続に必要な資金を確保できます。

一人親方が助成金や補助金を申請するデメリット

一人親方が助成金や補助金を申請するデメリットもあります。この章では、代表的なものを2つ紹介します。

  • 手続きが負担になる
  • 受給できるとは限らない

順に解説します。

手続きが負担になる

助成金や補助金の申請には、申請書類の作成や必要書類の準備など、一定の手続きが必要です。一人親方の場合、事業を行いながら申請手続きを行う必要があるため、負担が大きくなる可能性があります。
その場合は専門家である社労士や税理士などに相談するのがおすすめです。

受給できるとは限らない

助成金や補助金は、申請しただけで必ず受給できるわけではありません。審査を経て、受給の可否が決定されます。したがって、申請に時間と手間をかけても、受給できない可能性があることを理解しておく必要があります。

一人親方の助成金や補助金の探し方

一人親方が助成金や補助金を探す際には、いくつかの方法があります。
この章では代表的な方法を3つ紹介します。

  • 取引先などに確認する
  • 自治体の窓口に問い合わせする
  • 法律事務所や行政書士事務所へ依頼する

取引先などに確認する

一人親方にとって、取引先は重要な情報源の一つです。取引先に助成金や補助金の情報を確認することで、自分が利用できる制度を見つけることができます。また、同業者などとの情報交換も有効です。同じような事業を行っている人から、助成金や補助金の情報を得ることができるかもしれません。

自治体の窓口に問い合わせする

地方自治体が実施している助成金や補助金については、自治体の窓口に問い合わせることが有効です。担当者から直接情報を得ることができ、申請方法についても詳しく教えてもらえます。

また、自治体のホームページや広報誌なども参考になります。自治体によっては、助成金や補助金の説明会を開催していることもあるので、そういった機会を利用するのもよいでしょう。

専門家へ依頼する

助成金や補助金の申請手続きに不安がある場合は、社労士や税理士に依頼するのも一つの方法です。専門家に依頼することで、申請に必要な書類の作成や手続きを円滑に進めることができ、手間を省けます。ただし、依頼にかかる費用については別途負担が必要です。

補助金を申請したい場合は1年間無料で利用できる社会保険労務士法人TSCがおすすめです。
補助金を申請したい場合は無料サービスの税理士ドットコムを使って、税理士に質問したり自分に合った税理士を探すのがおすすめです。

一人親方が助成金や補助金を申請するときの注意点

一人親方が助成金や補助金を申請する際の注意点は4つあります。

  • 申請期間
  • 申請条件
  • 申請対象外となる場合
  • 減免・猶予の施策

順に解説します。

申請期間

助成金や補助金には申請期間が設けられています。期間内に申請を行わないと、受給することができません。申請期間を確認し、余裕をもって申請を行うことが重要です。特に、人気の高い助成金や補助金の場合、申請期間が短く設定されていることがあります。

申請条件

助成金や補助金には、申請条件が設けられています。条件を満たしていない場合、申請が受理されない可能性があります。申請前に条件を確認し、必要な書類を準備することが重要です。

特に、事業内容や従業員数、売上高などの条件については、正確に記載する必要があります。虚偽の記載があった場合、受給が取り消されることがあるため注意しましょう。

申請対象外となる場合

助成金や補助金には、申請対象外となる場合があります。例えば、事業内容や業種、事業規模などが申請対象外となる場合があります。申請前に、自分の事業が申請対象となるかどうかを確認することが重要です。

減免・猶予の施策

助成金や補助金とは別に、一人親方でも利用できる減免・猶予の施策があります。例えば、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者を対象とした、税金や社会保険料の減免・猶予制度などがあります。

これらの制度を利用することで、事業継続に必要な資金を確保することができます。ただし、減免・猶予の施策にも申請期間や条件があるため注意しましょう。

一人親方と個人事業主の違いとは?労災保険の特別加入制度についても解説

一人親方になるには?大工や職人から独立する準備を紹介|2024年最新

【まとめ】一人親方に合う助成金や補助金を上手に活用しよう!

一人親方でも、事業継続や事業拡大に必要な資金を確保する方法の一つとして「助成金や補助金の活用」が有効です。ただし、助成金や補助金には様々な種類がある上に、申請条件や申請方法も異なります。自分の事業に合った助成金や補助金を見つけるためには、情報収集を欠かさず、専門家に相談するなどの、適切な対策を行うことが重要です。

また、助成金や補助金の活用には、返済の必要がないというメリットがある一方で、申請手続きの負担が大きいことや受給できるとは限らない、といったデメリットもあります。メリットとデメリットを理解した上で、一人親方に合った助成金や補助金を選択して、上手に活用していくことが重要です。

ただし、あくまでも自分の事業の実力を高めることが大切であり、助成金や補助金はそのための一つの手段であることを忘れないようにしましょう。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!