電気工事士の一人親方がもらえる日当は?メリットや収入アップのポイントも解説

電気工事士の一人親方がもらえる日当は?メリットや収入アップのポイントも解説

電気工事士は、住宅や店舗の電気設備を安全かつ適切に工事やメンテナンスできる国家資格を持った作業者の総称です。
対応可能な設備の範囲により、第一種、第二種に分類できる電気工事士は常にニーズがあるために、現場では作業員の不足も問題視されています。
電気工事士の働き方は2種類あります。
1つは会社員として企業に勤めること、2つ目は一人親方として働く方法です。
今回は後者の一人親方として働くメリットや、気になる日当について解説していきます。

電気工事士の「一人親方」とは

一人親方とは、一体どのような人を指すのでしょうか。
ひと言で言うと、一人親方とは厚生労働省で定義された電気工事業界や建設業界で働く個人事業主を指します。

一般的に、労働者を雇わず特定の事業をする人を指しますが、年間100日以内の雇用であれば一人親方として認められています。

1つの企業から専属で業務委託しているケースも、複数の企業と契約している場合もあり、働き方は様々です。

そのためフリーランスと良く混同されますが、業種が特定されるか、一人親方の定義内に入り労災保険に加入できるか否かで区別されます。

電気工事士が一人親方になるメリット

電気工事業界は企業数が多いために、中にはブラック企業も存在します。
肉体労働であることに加えて繁忙期は激務になることも多く、働く中で体力的にも精神的にも厳しさを感じる方が多いことは事実です。

そのため、一人親方として独立すれば、今よりも良い環境で仕事ができるのではないかと考える人は少なくはありません。

実際に、電気工事士が一人親方として独立することで得られるメリットについて、以下で3つに分けて解説していきます。

メリット1:収入アップ

1つめのメリットは、会社員として従事するよりも収入の水準が上がることです。もちろん、一人親方で思うように仕事が得られていないケースもあるので一概には言えませんが、太い企業と契約を結ぶなど事業が波に乗れば現在より稼げるようになる可能性は大いにあります。

また、企業に正社員として勤めている場合、どんなに業務量が増えても殆どが月収などの一定の給与ベースで支払われるために給与は大きく変化しません。

役職が上がるなどの特別なケースを除いては、給与水準が上がることはほぼないと言えるでしょう。しかし、一人親方であれば受注すればするだけ収入になるのは、非常に大きな魅力と言えるでしょう。

メリット2:働き方を自分で決められる

2つ目に、働くスタイルを自分のスタンスで決められるということがメリットとして挙げられます。

会社員であれば、休日や給与はあらかじめ決められており、有給休暇も事前に申請するなど自由度が高いとは決して言えません。

しかし、一人親方であれば案件の値段や、休日、残業の有無など全て自分で決められるために、週休2日や定時などの企業のしがらみから解放されるのです。

趣味や家族との時間も取りやすくなるために、ワークライフバランスを重視する方にはぴったりの働き方と言えます。

メリット3:人間関係のストレスが少ない

一人親方として働く3つ目のメリットは人間関係の悩みがないことと言えるでしょう。企業勤めの人の多くが、上司や同僚との関係に少なからずストレスを感じています。

しかし、一人親方になれば、上司として認識するのは請負先や一次請け、二次請けの責任者くらいであり、一日の大半を同じ職場で過ごすわけではないので精神的にゆとりが生まれるのです。

また、上司だけではなく部下と言える存在も期間で雇わなければ存在しないため、指導や監督に苦手意識があるという方にも一人親方という働き方はマッチするしょう。

マイペースに仕事をしたいという人には大きなメリットがある働き方です。

電気工事士の一人親方がもらえる平均日当

このように一人親方は自由度が高く、業務量に応じて収入を得られることが魅力です。そこで、多くの人が気になるのは「実際にどれくらい稼げるのか」という点ではないでしょうか。

実際に電気工事士の一人親方として働くと、どれくらいの収入が得られるのでしょうか?
もちろん事業の規模によって異なりますが、以下で

  • 平均的な日当
  • 平均的な年収
  • 更に仕事内容ごとの日当

の3つに分けて、一人親方として得られる収入の詳細について一歩踏み込んで説明していきます。

平均日当

一人親方の電気工事士の給与体系は、基本的には作業単価があり、それを受注件数に応じて請求するという形をとっています。そして平均日当は、工具や車両を持ち込む場合は、一般的には18,000円から20,000円程度であると言われています。

もちろん工事士のキャリアや、地域、工事の内容によってばらつきがあるので一概には言えません。しかし、月収ベースで現在の勤め先と比較したい場合は、この日当に勤務日数をかけたもので考えると良いでしょう。

平均年収

電気工事業界の一人親方の平均年収は、工具や車両を自分で用意する場合400万円から700万円程度と言われています。ちなみに業界内の企業の平均年収は一般社員の場合300万円から500万円、責任者や役職者の場合400万円から600万円と言われています。

比較すると若干ではありますが、一人親方の方が高い傾向があることが伺えます。もちろん、一人親方で単価の高い案件を多く受け持てば、この平均よりも稼ぐことは可能です。

年収は工事士の技量や担当地域によっても変化するために、あくまで目安として覚えていただければと思います。

電気工事士の年収についてはこちらの記事でより詳しく解説しています。

電気工事士 年収電気工事士の平均年収は?年収をあげる方法も徹底解説!

仕事内容ごとの日当

仕事内容によって日当は異なります。
電気工事士の業務内容は、配線工事やビル管理、冷暖房設備の設置などがあります。参考に業務委託情報から日当を幾つか紹介しましょう。

  • 工場内のメンテナンス作業:日当9,000円~20,000円
  • 住宅内の冷暖房設備の設置:日当16,000円~22,000円
  • マンションの改築、新築工事:日当15,000円
  • 無線LANなどの電気通信工事・日当18,000円~25,000円

などが代表的なものとして挙げられます。
住宅や家電量販店の家電の設置をすれば月収で40万円から80万円の収入を得ることも夢ではなく、作業の内容次第では高収入が狙えることは間違いありません。

電気工事士の一人親方が収入をアップさせるポイント

電気工事士の一人親方の収入は日当×作業件数で決まるために、頑張れば頑張る分だけ収入になり、ベテランとしてキャリアができるのが魅力です。
しかし、当然のことながら誰でもすぐ稼げる一人親方になれるわけではありません。

腕が良ければ必ず成功するという訳でもなく、実際に独立をしたものの軌道に乗らずまた企業勤めに出戻る電気工事士がいるのも事実です。ここで、一人親方として成功するために大切な3つのポイントについて以下でまとめました。

ポイント1:資格・技術を獲得する

資格獲得は稼げる一人親方への近道の1つです。先ほど少し触れましたが、電気工事士の資格は1種と2種に分かれており、1種が難易度の高い上位の資格です。

2種では担当できるのは店舗や自宅に限られますが、1種を取得すればオフィスビルでの作業も可能になり、単価の高い作業の請負ができるようになります。

1種の試験の合格率は2種と比較すると10%ほど落ちると言われており、決して簡単な試験ではありませんが、信頼度の裏付けにもなるので取得しておくことをお勧めします。

電気工事士 資格 難易度電気工事士の資格試験の難易度は?取得するメリットなども解説

ポイント2:手際よく作業する

仕事を効率化することも、収入アップに繋がります。電気工事士の仕事は配線工事や精密機材の扱いなど緻密な作業が必要であるために、丁寧な仕事は何よりも大切です。

しかし、場数を踏むことで説明書に頼らなくても作業が可能になり、さらに手際が良くなることで仕事のクオリティを保ちながら1件当たりにかかる時間を短縮できるようになるでしょう。

さらに、繁忙期に1日数件回らなければならない場合は近隣の地域でまとめれば、移動時間を短縮でき時間を有効に使えるようになります。

ポイント3:労災保険を見直す

保険を見直すことも収入アップに繋がります。一人親方は業務中の怪我や事故に備えて一人親方特別加入労災保険に加入することが厚生労働省によって義務付けられています。

様々な保険がありそれぞれ保証内容に大きな違いはありませんが、団体組合費や加入に必要な入会金や年会費、代行手続き費の有無や子宮までにかかる時間は異なるので、見直すことで支出が抑えられるケースがあります。

いざという時の補償のために、自分にとってベストな保険に加入しましょう。

おすすめの労災保険は「一人親方労災保険組合」

一般社団法人一人親方労災保険組合 公式サイト:一般社団法人一人親方労災保険組合

一人親方向けの労災保険で一番おすすめなのは、一人親方労災保険組合の労災保険です。

  • 全国の加入組合数は90,000人と業界トップクラス
  • 月額組合費が500円と業界最安値
  • 組合員様限定の優待サービスが多数

組合員数が全国90,000人以上と、業界No.1の加入者で実績のある労災保険です。さらにレストランやカラオケ、映画館など全国で20万ヵ所以上の施設のクーポンや割引などが適用される組合員様限定の優待サービスもあります。友達紹介を利用すれば、更新時の組合費も最大無料になるため、知り合いの一人親方と加入するのも良いでしょう。

入会費1,000円(初回のみ)
組合費500円/月
支払い方法銀行振込、コンビニ支払、クレジットカード
割引紹介割引で更新時の組合費が最大無料

一人親方労災保険組合の労災保険のお申し込みはこちらから

\ 1分でお問い合わせ完了 /

ポイント4:営業代行サービスに相談して営業戦略の提案を受ける

営業代行サービスに相談して営業戦略の提案を受けるという方法もあります。営業代行には獲得のプロがいますので、外部に頼ってみるのもおすすめです。

例えば弊社サービスである建築建設特化の営業代行ツクノビセールスは、月に3000社もの企業に御社の営業としてアタックし、かつ成果が出なかったら返金保証もしています。一人親方向けのミニマムプランももちろんご用意しております。

まずは話だけでも聞いてみたい!という方には無料でどのように営業していくべきか営業戦略のご提案も致しておりますので、お気軽にご相談ください。

オンラインにて30分程度でお打ち合わせ可能ですので、明日30分だけ空いている!という方でも気軽にご相談いただけます。
無料相談はこちらから

\ 1分でお問い合わせ完了 /
まずは無料相談してみる

【まとめ】電気工事士の一人親方がもらえる日当は「平均1.8~2.0万円」!収入アップのポイントも要チェック!

一人親方として独立すれば今までのように作業をすればよいというわけではなく、営業も行い自分で仕事を取ってこなければなりません。また、倒産のリスクも当然あり、さらに金銭の管理も発生するために慣れないうちは戸惑うこともあるでしょう。

しかし、一人親方として自分のスタイルで仕事を進めることは、会社員では得られないやりがいや達成感を伴うことは間違いありません。現在の労働環境に不満がある方は、ぜひ一人親方としてステップアップすることを検討してみてください。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!