工事台帳ソフトおすすめ8選!導入するメリットや選び方を解説

工事台帳 ソフト

工事台帳ソフトとは、現場のスケジュール管理や書類作成などができる便利アプリです。

  • 工事台帳ソフトって何?
  • 導入したときのメリットは?
  • 工事台帳ソフトはどうやって選べばいいの?

こんな疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は工事台帳ソフトについて詳しく紹介していきます。また、おすすめの工事台帳ソフトやクラウド型とインストール型の違いなども解説しているので、ぜひ参考にしてください。

工事台帳ソフトとは

工事台帳ソフトとは、安全管理や工事のスケジュール管理、コストコントロールなどができる建設工事に特化したソフトウェアです。工事をするときの情報や書類の一元管理が行えるので、業務効率化におすすめです。材料の管理や工程表の作成、日報記録などができることはもちろん、気付いたときにすぐ更新できます。

工事台帳ソフトのメリット

工事台帳ソフトを導入すると様々なメリットがあります。

  • ミスを減少できる
  • データをバックアップできる

上記内容をそれぞれ見ていきましょう。

ミスを減少できる

工事台帳ソフトを使うとミスが減ります。工事台帳ソフトには入力できる項目が決まっており、あらかじめフォーマットが準備されています。決まった項目を選択するだけで入力できるので、ミスの減少が期待できます。

データをバックアップできる

工事台帳ソフトを使うと、データのバックアップができます。工事台帳を手書きで作った場合、紛失したり破れたりしたときは最初から作成し直さなければなりません。しかし、工事台帳ソフトを使うとソフト内でデータのバックアップができるため、情報の紛失や破損がありません。また、情報を更新した場合すぐにデータが反映されるので、リアルタイムで共有することも可能です。

工事台帳ソフトの選び方

工事台帳ソフトは種類が多く、どれを選べばよいのか悩んでしまいます。

  • 種類から選ぶ
  • 操作は簡単か
  • 経営事項審査に提出できるよう印刷できるか

上記内容をそれぞれ見ていきましょう。

種類から選ぶ

工事台帳ソフトにはクラウド型とインストール型があります。自社に合わせたものを導入しましょう。

クラウド型

クラウド型の工事台帳ソフトは、インターネット上でデータの管理をします。そのため、インターネットが使えるところであれば、どこからでもソフトが使えます。

  • データの紛失がない
  • 情報の共有が簡単
  • タブレットやスマートフォンからも使える
  • ほかのシステムやアプリと連携ができるものもある

インターネット環境が整っているところであれば、どこからでも工事台帳ソフトが使えるので、事務所外からも操作が可能です。しかし、クラウド型の工事台帳ソフトはデータ上での保管となるため、毎月の利用料が発生します。

インストール型

インストール型の工事台帳ソフトは、サーバーやパソコンにソフトをインストールして使うタイプです。

  • ソフトのカスタマイズが可能
  • 通信環境に左右されない
  • コストが抑えられる

パソコンにインストールした場合、インターネットに繋がなくても使用できます。しかし、ソフトをダウンロードした端末からでしか使えないため、それ以外の環境では操作ができません。

操作は簡単か

工事台帳ソフトを導入するときは、操作にも注目しましょう。Excelや手書き感覚で使えるような簡単で分かりやすい工事台帳ソフトがおすすめです。工事台帳ソフトには、項目を直接入力するものと、自動で入力してくれるものがあります。直接入力する場合は誤字や脱字などのエラーが発生しやすく、自動入力だと作業時間が短縮できます。

経営事項審査に提出できるよう印刷できるか

工事台帳ソフトを導入するときは、経営事項審査に提出できるものにしましょう。公共工事をするときは、工事台帳が印刷できるものがおすすめです。工事台帳ソフトを導入する際は、PDFかExcelで出力ができるか確認しましょう。

工事台帳ソフトおすすめ8選

建設や建築現場で使える工事台帳ソフトを紹介します。

  • Aippear(アイピア)
  • 使えるくらうど工事台帳V3
  • 蔵衛門
  • KANNA
  • uconnect
  • JDL IBEX原価管理・工事台帳
  • JSI 工事台帳 lite
  • らくらく!工事台帳Web版

上記のソフトをそれぞれ見ていきましょう。

Aippear(アイピア)

引用元:https://aippearnet.com/

特徴:Aippear(アイピア)は、工事の進捗(しんちょく)状況を一元化したり、集計データの作成ができる工事台帳ソフトです。会社が使っている項目の追加や使わない機能を非表示にしたり、ソフト内のカスタマイズも可能です。

主な機能
勤怠管理、日報、営業管理、見積作成、原価管理など
※その他の機能の詳細はこちら

アイピアの料金や詳細についてはこちらから

\ 今すぐ無料ダウンロード /
資料ダウンロード

使えるくらうど工事台帳V3

引用元:https://www.tsukaeru-koji-daicho.jp/
特徴:使えるくらうど工事台帳V3は、クラウド型の工事台帳ソフトなので、タブレットやスマートフォンから情報の入力ができます。自動集計ができるソフトで、従業員の勤務時間を入力するだけで日報が作れます。また、勤務時間データをシステム上に保管し集計してくれるので、集計ミスや記入ミスがなくなります。

蔵衛門

引用元:https://www.kuraemon.com/
特徴:蔵衛門は、写真管理に必要な機能が搭載されている工事台帳ソフトです。5年連続シェアNo,1を獲得しており、NETIS登録技術の最高評価を受賞している信頼と実績がある工事台帳ソフトです。工事台帳ソフトに迷っている会社は蔵衛門がおすすめです。

KANNA

引用元:https://lp.kanna4u.com/campaign/pm/
特徴:KANNAは、プロジェクトの顧客や管理、進行状況など重要なデータをアプリで管理できる工事台帳ソフトです。プロジェクトに参加している作業員の情報閲覧や共有ができるので、その場に居なくてもコミュニケーションがとれます。KANNAは初期費用無料で、トライアル期間なら基本機能を無料で使えます。

uconnect

引用元:https://uconnect.jp/sms/cms/
特徴:uconnectは、クラウド型の工事台帳ソフトで、インターネットが利用できる環境ならどこからでも使えます。また、工事で発生した原価と売上の合計の一覧表示機能や、現預金の支出予定、利益の把握など管理会計機能が充実しています。さらに、売上伝票から自動で請求書を作成してくれるので、経営業務の効率化が図れます。

JDL IBEX原価管理・工事台帳

引用元:https://www.jdlibex.net/pkg/cl/
特徴:JDL IBEX原価管理・工事台帳は、シンプルで簡単なデータ入力ができるインストール型の工事台帳ソフトです。JDL IBEX会計やJDL IBEX出納長との連動が出来るので、データ管理がパソコン内で解決できます。また、インターネットに接続すると顧問会計事務所と連携できるため、分からないことがあった時はすぐに相談できます。

JSI 工事台帳 lite

引用元:https://www.yayoi-kk.co.jp/products/linkage/jsi-kojidaicho-lite/
特徴:JSI工事台帳liteは弥生会計と連携ができ、エクスポートすると簡単に情報が取り込めます。弥生会計の項目を自動的にセットしてくれるので、使いたい勘定科目にチェックをつけるだけで簡単に利用可能です。また、ソフト内でデータが管理されているため、入力や確認作業が外出先でも確認できます。さらに、複数のデバイスで同時に利用することも可能です。

らくらく!工事台帳Web版

引用元:https://rakuraku-kouji.com/
特徴:らくらく!工事台帳Web版は、15種類の帳票が搭載されており、操作性もシンプルなので、パソコンが苦手な人でも工事台帳の作成ができます。また、インターネットに接続していれば、帳票出力やデータ入力ができます。複数のパソコンから同時にアクセスできるので、作業効率の上昇も期待できます。

【建設業向け】工事台帳とは?エクセルでの作成方法や注意点4点も解説!

【建設業向け】原価計算はエクセルがベスト!効率よく原価管理を行う方法を徹底解説

【まとめ】工事台帳ソフトを活用し作業効率を向上させよう!

工事台帳ソフトは、書類作成やスケジュール管理、写真の編集など様々な機能が搭載されています。工事台帳ソフトを使うと正確に管理ができ、簡単に作成や更新ができるので、作業効率がアップします。導入するときは、会社に合わせたソフトを使いましょう。

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!