構造スリットとは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ


「構造スリット」とは、建築物や構造物の設計・建設において使用される技術で、建築物の構造体に細長い開口部(スリット)を設けることにより、地震のエネルギーを分散・吸収し、地震による損傷を軽減することを目的としたものです。

以下は、この技術の主要なポイントと特徴を簡単に説明しています:

エネルギーの分散:スリットが建築物全体に分散されて配置されることにより、地震のエネルギーが均等に建物全体に分散され、局所的な損傷を防ぐ助けとなります。

振動の吸収:スリットは地震の振動を吸収する役割を果たし、建築物が大きく揺れるのを軽減します。

設計の柔軟性:構造スリットは、建物のデザインや形状に合わせて配置やサイズを変えることができるため、建築デザインの柔軟性を損なうことなく採用することができます。

安全性の向上:地震発生時の建物の安全性を向上させるためのものであり、特に地震が頻発する地域においては、このような技術の採用は非常に有効です。

「構造スリット」技術は、地震のリスクが高い地域において、建物の安全性を向上させるための効果的な方法の一つとして注目されています。