道路管理者とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

道路管理者とは?
道路管理者とは、その名の通り、特定の道路区間の管理・維持・保全の責任を持つ機関や組織、あるいは個人を指します。道路の設計、施工、保守、改良など、その道路に関連するさまざまな業務を監督・実施する役割があります。

主な役割と業務内容:

維持・保全: 道路の劣化や損傷を定期的にチェックし、必要に応じて修繕や再舗装を行います。
安全確保: 道路の安全性を確保するための措置を講じること。これには、交通標識の設置や更新、交通信号の管理、道路の清掃や除雪などが含まれます。
改良・改修: 交通量の増加や都市開発などに伴い、道路の拡張や改良を計画・実施すること。
事故対応: 交通事故や自然災害による道路の損傷に迅速に対応し、復旧作業を行います。
道路管理者の例:

国や都道府県: 主要な高速道路や国道などの幹線道路を管理します。
市町村: 市町村道や地域の道路を管理します。
特定の公的機関や民間企業: 有料道路や高速道路など、特定の道路区間を運営・管理する場合があります。
簡単に言えば、道路管理者はその道路の「オーナー」のような存在で、道路を安全かつ快適に利用できる状態に保つためのさまざまな業務を行う責任を持っています。