natm工法とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

NATM工法とは?
NATMは「New Austrian Tunneling Method」の略称であり、新オーストリアトンネル工法とも呼ばれる。1960年代にオーストリアで開発された、トンネル建設のための掘削手法の一つです。

NATM工法の特徴:

適応性: NATM工法は、地質や地盤の条件に応じて柔軟に設計・施工を変更することが可能です。そのため、さまざまな地質や地盤条件下でのトンネル建設に適用されています。
順次的な掘削: トンネルの断面全体を一度に掘削するのではなく、部分的に掘削を進めながら、その都度補強・支保工を施すことで、地下の安定を保ちます。
エコノミー: 既存の地質や地盤を最大限に活用することで、材料コストや施工コストを削減することができます。
NATM工法の手順:

まず、トンネルの上部(天井部分)を小さく掘削します。
掘削した部分に速やかにショットクリート(吹付コンクリート)で補強を行い、アーチ効果を活用して地盤を安定させます。
次に、トンネルの側壁や底部を掘削し、同様にショットクリートで補強します。
上記の手順を繰り返しながらトンネルを進めていきます。
NATM工法は、技術的な進歩や多様な地盤条件に対する適応能力から、世界中で多くのトンネルプロジェクトに採用されています。日本でも多くの地下鉄路線や道路トンネルの建設に使用されています。