防水工事を東京都で依頼するときのおすすめ業者5選や選び方を解説

防水 工事 東京

「防水工事のおすすめの業者が知りたい」「どう選べばいいんだろう」とお悩みではないでしょうか?
今回は東京都で防水工事を依頼するときのおすすめ業者や、優良な業者を選ぶためのコツをご紹介します。業者選びを間違えると、時間とお金の無駄使いにつながりかねません。ぜひ参考にしてください。

防水工事を東京都で依頼するときのおすすめ業者5選

防水工事を東京都で依頼するときのおすすめ業者は下記のとおりです。

  • リバウス株式会社
  • 日本防水工業
  • 株式会社アースリー
  • 株式会社サトコー
  • 株式会社修工舎

各業者の特徴やサービスなどを解説しますのでぜひ参考にしてください。

リバウス株式会社

リバウス株式会社

引用元:https://rebouse.com/

リバウス株式会社は、東京・神奈川・埼玉・千葉に対応している外壁塗装・防水工事の専門店です。防水工事の料金は下記のとおり割安となっており、業界最安水準を謳っています。

  • 〜30㎡ 25万円〜
  • 〜70㎡ 50万円〜
  • 〜100㎡ 65万円〜

リバウス株式会社は顧客に対しての報告を大事にしているのも特徴です。携帯やパソコンのメールで1日の作業内容や、施工者しか見えない部分などの塗装状況の報告をしてくれます。工事完了後には写真をまとめて工事報告書の作成もしています。
工事前の申請・図面の作成・完了後の申請などの手続きを無償で代行してくれるのも、リバウスの強みと言えるでしょう。
防水工事は5〜10年保証となっており、手厚いサポートも魅力の業者です。

日本防水工業

日本防水工業

引用元:https://www.nihon-bousui.co.jp/

マンションなどの大規模修繕工事をはじめとする各種改修工事を請け負っている、日本防水工業もおすすめです。
日本防水工業は創業50年以上の老舗の業者です。下請け業者に依頼せずに、自分たちの手で工事を行う「完全自社責任施工」のポリシーの元、工事を行っています。50年以上の年月によって培われてきた技術や手法で、それぞれの建物に合った最適な方法で施工できるでしょう。

株式会社アースリー

株式会社アースリー

引用元:https://www.earthly-ltd.jp/
株式会社アースリーは東京都瑞穂町を拠点としており、東京、関東全域で雨漏りや防水のリフォーム工事を行っています。
自社施工のため品質や価格設定、きめ細やかなサービスに定評があり、社員教育も徹底されているようです。ウレタン塗膜防水・塩ビシート防水・FRP防水・アスファルト防水など様々な施工実績があるのも、安心して任せられる特徴と言えるでしょう。

株式会社サトコー

株式会社サトコー

引用元:https://www.satco.co.jp/
つづいては株式会社サトコーをご紹介します。東京都三鷹市を拠点とし、関東を中心に毎年500件以上の工事を手がけており、幅広い対応力と技術力の高さが自慢です。これまでの施工実績から、経験豊富な職人が多く在籍しているのも、安心して依頼ができるポイントと言えるでしょう。

株式会社修工舎

株式会社修工舎

引用元:https://www.shukosha.co.jp/
東京都中央区を拠点に防水工事・塗装工事・修繕工事など様々な工事を請け負っています。「お客様に寄り添ったご提案」の文字通り、無理な営業はせずに予算に合った必要な工事だけを提案してくれる安心感があります。戸建住宅からマンションまで幅広く対応しているのも魅力の1つです。

防水工事を東京都で依頼する業者の選び方4つ

防水工事を依頼する際は、どのように選べばいいのでしょうか?重要なのは下記の4つです。

  • 施工実績は豊富にあるか
  • 資格を持っている人が在籍しているか
  • アフターサービスは充実しているか
  • 相見積もりを取る

詳しく説明するのでぜひ業者選びの際の参考にしてください。

施工実績は豊富にあるか

業者を選ぶにあたって、施工実績は重要な判断材料です。防水工事を依頼する際には技術力が高く、数多くの経験や知識がある業者を選びたいと思うのは当然です。各企業のホームページで施工実績がないか確認し、依頼したい工事に似ているケースを探してみるのもいいでしょう。
施工実績が豊富にあれば、対応力や技術力においても安心して依頼ができます。

資格を持っている人が在籍しているか

防水工事の業者を選ぶ際は、資格を持っている人が在籍しているかを必ず確認しましょう。
防水工事の資格といえば防水施工技能士が挙げられます。防水施工技能士になるためには技能、学科試験に合格しなければならず、知識と実務経験が必須です。資格を持っている人が在籍していれば、防水工事に対するプロ意識も高い業者であると言えるでしょう。

アフターサービスは充実しているか

防水工事が完了したあとのサービスも重要です。アフターサービスの豊富さは、顧客に対して誠実に対応してくれる証でもあります。万が一施工後にトラブルがあったときにどのような対応をしてくれるのかをしっかりと確認しましょう。

相見積もりを取る

防水工事には大まかな相場はありますが、明確ではありません。業者によって価格設定は異なり、なかには施工内容と釣り合わない高額な価格を提示する悪徳業者もいます。適正価格で施工するためにも、複数の業者から見積もりを出してもらうようにしましょう。
複数の業者から見積もりを出すことは、悪徳業者から身を守るためにも有効な手段です。また、値引き交渉の話題も出しやすくなるといったメリットにもなるでしょう。

防水工事を東京都で依頼するときの費用相場

ここからは東京都で防水工事を依頼するときの費用相場をご紹介します。防水工事にも様々な種類があり、施工法によって費用相場は変わります。詳細は下記で確認してください。

工法 費用相場
ウレタン防水 2,000〜7,000円/㎡
塩ビシート防水 2,000〜8,000円/㎡
アスファルト防水 5,000〜15,000円/㎡
FRP防水 4,000〜8,000円/㎡

防水工事の費用相場は実際の工事現場の状況や業者によって異なります。上記の費用相場よりも桁外れの金額を提示されたときは、他の業者に依頼することをおすすめします。

防水工事の種類

防水工事の種類について紹介します。それぞれの工法と特徴は以下の通りです。

ウレタン防水 ウレタン樹脂を重ねて塗り、防水層を作る施工法。密着工法と、通気緩衝シートを敷いて行う通気緩衝工法がある。
塩ビシート防水 塩化ビニル樹脂製のシートを敷いて防水層を作る施工法。広い面積で行う防水工事に向いている。
アスファルト防水 ルーフィングシートを使用した施工法。常温工法・トーチ工法・熱工法があり、施工箇所に応じて使い分けられる。
FRP防水 FRP(プラスチック)を敷き、樹脂やトップコートで防水層を作る施工法。塗布してから乾燥させる時間がないため工期が短くなるのがメリット。

防水工事の必要性

住宅やマンションに関わらず、防水工事は建物にとって非常に重要な工事です。雨風や紫外線などによって建物は劣化し、防水機能も落ちていきます。サビやひび割れが起こると水が侵入しやすくなり、雨漏りにつながります。また、建物の内部が腐食したりカビが発生したりする原因となり、建物の耐久性にも問題が出てくるでしょう。様々な問題を防ぐためにも防水工事は必要不可欠なのです。

防水工事を行うタイミング

下記のようなトラブルが見えたときが、防水工事を行うタイミングです。

  • ひび割れや防水シートのはがれ
  • 雑草やコケなどの繁殖
  • 雨漏り

詳しく解説するので参考にしてください。

ひび割れや防水シートのはがれ

ひび割れや防水シートのはがれなどが見られたときは、防水工事を検討しましょう。ひび割れに関しては緊急性は高くありませんが、さらに劣化が進むと雨漏りにつながります。防水シートがはがれている場合は、雨水が入り込んでいる可能性が高いため、なるべく早い段階で防水工事を行うことをおすすめします。

雑草やコケなどの繁殖

雑草やコケが繁殖している場合も、防水工事を行う目安の1つです。雑草はそのままにしておくと根の部分から、ひび割れなどが大きくなる可能性があります。放置すると、雨漏りにつながるため早めに防水工事を行いましょう。

雨漏り

すでに雨漏りをしている場合は、防水工事をすぐに行いましょう。建物内部の腐食が進むと、雨漏り被害が拡大するだけでなく、工事費用が高額になる恐れがあります。

【まとめ】防水工事を東京都で依頼するときは信頼できる業者を選ぼう

防水工事は建物を守るために必要不可欠です。防水工事には様々な施工法があり、実際に行う施工法や業者によって費用やサービスなどが異なります。業者は多数ありますが、実績豊富で安心して任せられる業者に依頼しましょう。この記事を参考にして、信頼のおける業者を見つけてください。

防水工事を世田谷区で依頼したいおすすめ業者5選や選び方はこちらの記事で解説しています。ぜひこちらもご確認ください。
防水工事 世田谷区防水工事を世田谷区で依頼したいおすすめ業者5選や選び方を解説

※弊社の営業代行サービスであるツクノビセールスでは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!

詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!