建材業界でおすすめの広告施策6選!集客効果を高めるポイントも解説!

建材業界の会社を経営している人のなかには「広告をだしてもなかなか集客につながらない」「そもそも広告の出し方が分からない」というような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

どれだけ品質の高い建設資材を販売していても、顧客の目に留まらなければ売り上げは伸ばせません。建材業界で売上アップを目指すには、質の高い商品を提供し続けるだけでなく、適切な広告施策を実施することが重要です。

そこで今回は、建材企業におすすめの広告施策について分かりやすくご紹介します。

弊社では建設業に特化したマーケティング代行サービス「ツクノビマーケ」を提供しております。Webからの案件獲得や事業拡大、低予算での案件獲得を実現いたしますので、ぜひお気軽にこちらからご相談ください。

【オンライン】建材業界でおすすめの広告施策4選

建材企業におすすめの広告施策は大きく分けて、オンラインとオフラインの2種類があります。
ここではオンラインの広告施策を4つ紹介していきます。

リスティング広告(検索連動型広告)

まず一つ目はリスティング広告です。リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などで検索されたキーワードに応じて、その検索結果のページに表示されるテキストの広告のことを指します。そのため、検索目的がはっきりしている顕在層に対して直接アプローチすることができます。建材業界であればリフォームをする業者やハウスメーカーなどに向けてアプローチできます。
広告掲載料はクリックされた分だけ支払う仕組みになっています。予算の上限金額を設定できるので、予算の計画も立てやすいのが特徴です。建材業界だけでなく、多くの業界でよく利用されているオンラインの広告の一つです。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、webサイトの広告枠に掲載できる広告のことです、テキストだけでなく画像や動画を使った広告も掲載することができます。
リスティング広告と違う点はその商品を知らない潜在顧客層にまでアプローチすることができることです。
また広告の掲載料金は、クリック単価に応じて発生しますが、リスティング広告よりも安くなる傾向にあります。
上記で説明した顕在層にアプローチするリスティング広告と潜在層にアプローチするこのディスプレイ広告をうまく活用することで幅広い層にアプローチすることが可能になります。

SNS広告

SNS広告とは、Twitter、Instagram、Facebook、LINEといったSNSに掲載することができる広告のことを指します。
SNSのタイムラインに自然と広告が流れるので、ユーザーに受け入れやすいという特徴があります。
また、SNSの特徴である拡散力を上手く利用することができればさらに多くの人の目にとまるようになります。
広告掲載にかかる費用はクリック課金型やインプレッション保証型、エンゲージメントを獲得課金など媒体によって様々な課金形式があり、費用相場も異なります。広告予算に応じてうまく使い分けると良いでしょう。

純広告

純広告とは、Webサイトの広告掲載枠を買い取って、一定期間広告を掲載するもののことを指します。
多くの読者やPV数を誇っているメディアに出稿できます。建材を専門に扱うメディアであれば、購入意欲の高いユーザーが集まりやすいというメリットもあります。
ひとくちに純広告の中でも、ジャック広告やテキスト広告バナー広告など様々な種類があります。中でもジャック広告はウェブサイトの中で広告が大きく表示されるようになるので、認知度拡大に非常に効果的です。まとまったコストはかかりますが、課金形式も様々なので、自社にあったものを選ぶと良いでしょう。

【オフライン】建材業界でおすすめの広告施策2選

ここからはオフラインでおすすめの広告施策を紹介していきます。
具体的な広告施策は以下の2つです。

マスメディア広告

マスメディア広告とはテレビや新聞などを活用して幅広い層にアプローチする広告のことです。具体的には、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌があげられます。広告そのものの信頼性が高いので、顧客から「信頼できる会社」と思ってもらいやすいという特徴があります。
建材業界の場合、この中でもとくに雑誌の広告を活用すると良いでしょう。例えば、「月刊建築技術」や「建材フォーラム」、「日経アーキテクチュア」といった建築関係の雑誌の広告に出稿すれば、購読している建設関係の方にアプローチすることができます。

セールスプロモーション広告

セールスプロモーション広告には、ダイレクトメールやフリーペーパー、看板広告などがあります。オフライン広告のなかでは、マスメディア広告と比較して、コストを抑えられるので、中小企業でも出稿しやすいものとなっています。また、DMの郵送などはオンライン広告ではリーチしづらい顧客にも直接アプローチできるので、インターネットをあまり利用しない層をターゲットにするときに効果的です。

弊社では建設業に特化したマーケティング代行サービス「ツクノビマーケ」を提供しております。Webからの案件獲得や事業拡大、低予算での案件獲得を実現いたしますので、ぜひお気軽にこちらからご相談ください。

広告出稿で集客効果を高めるポイントとは

建材業界の企業が広告を出すときには、どうすれば効果を最大限にできるでしょうか。ここでは、広告出稿で集客効果を高めるポイントを3つ紹介します。

ターゲットを決める

まず、第一に決めるべきことは、広告を誰に向けて打つのかというターゲットを決めることです。ターゲットを決めずにやみくもに広告を出稿しても大きな効果は得られません。不特定多数に向けて広告を出したとしても、本当に興味がある層に正しい情報が伝わらないこともあるからです。

建材業界であれば、どのような会社に建材を使ってもらいたいのかを考えましょう。またターゲットをより細かく絞りたい場合には、オンラインによるWeb広告の方がおすすめです。Web広告は広告を出稿する地域や性別、年齢などを設定することができます。見込み客となるコア層に向けて積極的にアプローチしましょう。
逆に会社の認知度をあげたいのであればマスメディア広告などがおすすめです。

目標を決める

広告で成果をあげるためには目標設定も大切です。広告を打つには費用がかかりますが、目標を決めていないと広告の効果がでているのか判断ができず無駄に費用を浪費してしまうからです。Web広告であれば、広告の効果を正確に把握できます。1コンバージョンに対してどのくらいの費用でおさめるかなどを明確に決めておきましょう。

各広告媒体について理解を深める

広告には様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。オンライン広告とオフライン広告で大きく2つに分けて考える場合、ターゲットを絞り、広告運用の結果を詳しく分析したい場合にはオンライン広告がおすすめです。逆にインターネットをあまり使わない層にアプローチしたい場合にはオフライン広告がおすすめです。どのように広告を運用したいのかを考え、それに合った広告を選択しましょう。

広告以外のおすすめの集客施策4選

建材業界の企業が効率的に見込み顧客を獲得するには、自社に適した集客施策を導入する必要があります。ここでは広告以外のおすすめの集客施策を4つ紹介します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツ(情報)を提供することで集客につなげるマーケティング施策です。顧客の購入意欲を高め、長期的な関係を築くために活用されます。例えば、建材の選び方や使い方、メンテナンス方法などを発信することで、顧客に自社を信頼してもらいやすくなり、長期的な顧客関係を築くことができます。
コンテンツマーケティングでは、自社の強みや弱み、検索キーワードなどを分析することで、継続的にコンテンツの質を改善することが大切です。

ランディングページ

ランディングページとは、ネット広告やGoogle検索結果などの集客経路を通して、顧客が最初に訪れる自社のページです。訪問者が知りたい情報を理想的な順番で伝えることで、購入や問い合わせなどの行動に導く役割があります。
ランディングページを用意する際に重要なのは、自社商材に関する説明やキャンペーン情報など、顧客が求める情報を端的かつ明確に提示することです。これにより、複数のページにまたがって情報を提供する必要がなくなり、訪問者の途中離脱を防ぎやすくなります。また、魅力的なデザインや導線を意識し、ユーザーの購買行動を後押しすることも大切です。

ホームページのリニューアル

近年はどの企業も自社サイトを制作しており、「ホームページを用意している」だけでは差別化を図れない時代となっています。より多くのアクセスを獲得するには、ホームページをリニューアルし、PCだけでなくスマートフォンやタブレットなど、モバイル端末への対応を進めることも重要です。
また、長期間更新されていないホームページは、顧客を遠ざける可能性があります。定期的にホームページを更新し、常に最新の情報を提供できるよう心がけましょう。

弊社では、建築建設業界に特化した初期費用0円、月額9,800円でホームページが持てる「ツクノビウェブ」サービスをご提供しております。名刺代わりにホームページが欲しい方には非常にマッチしているサービスです。こちらからお気軽にご相談ください。

営業代行サービスに相談して営業戦略の提案を受ける

「営業にかける時間や人が足りない」という場合には、外部に頼るのも一つの手です。例えば、営業代行サービスは、建設業界のニーズや動向を把握しているプロが代わりに営業活動を行います。そのため、効果的に集客でき、自分は現場作業に集中できるようになります。

営業代行の場合、営業人材を正社員として採用・雇用するよりもコストを抑えられるだけでなく、効率良く自社の希望にあった案件が受注できるため、費用対効果も高い方法となります。 営業代行サービスを利用するときは、自社が抱える課題や悩みを十分に伝えて、自社に適した営業方法を提案してもらいましょう。

弊社サービスである建築建設特化の営業代行「ツクノビセールス」は、月に2000社もの企業に御社の営業としてアタックし、かつ成果が出なかったら【返金保証】もしています。無料で営業戦略のご提案も致しておりますので、こちらからお気軽にご相談ください。

\ 1分でお問い合わせ完了 /
まずは無料相談する

自社に合った広告施策を活用し顧客獲得に勢いを与えよう!

今回は、建材企業におすすめの広告施策や集客方法をお伝えしました。競争が激しい建材業界において、効率的に顧客を獲得するには、ターゲットを定め、自社にあった広告の運用をすることが大切です。
ただし、単に流行っているからという理由で施策を実施しても、思ったような効果は見込めません。自社の目的やターゲット、取り扱っている建材の特性に合わせて最適な広告施策を選択しましょう。

※ちなみに弊社では建築建設業界特化の
デジタルマーケティング支援サービスを行っています!
詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!

※弊社の営業代行サービスツクノビセールスは、
【効果が出なければ全額返金プラン】を新たにスタートさせました!
ツクノビセールス_建築建設業界特化の営業代行
詳しくは👆👆👆のバナーをクリック!!