フーチングとは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

「フーチング」とは、建築や土木の現場で使用される用語で、特に基礎工事において頻繁に耳にする言葉の一つです。英語では “footing” という言葉がこれに該当します。

フーチングは、建物や構造物の荷重を支え、これを地盤に伝えるための基礎の一部です。通常、柱や壁の下に配置され、地盤の上に広がる平たい部分を指します。このフーチングの役目は、建物の重量やその他の荷重を広範囲の地盤に分散させることで、建物の安定を支えることです。

土地の地盤の強度や建物の大きさ、形状などによって、フーチングのサイズや形状は変わることがあります。適切なフーチングを施工することで、建物や構造物が沈下したり、傾いたりするリスクを低減することができます。

簡単に言えば、フーチングは、建物の下部の基礎部分で、建物の荷重を地盤に均等に分散させるための広がった部分を指します。