掘削置換工法とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

掘削置換工法は、地下の管路施工やトンネル工事などで用いられる工法の一つです。この工法は、特に都市部など既存の構造物が密集している地域で新たな管路を敷設する際や、トンネルを掘削する際に有効とされています。

掘削置換工法の基本的な手順は以下の通りです:

掘削: 地面の一部を掘削し、掘削機を設置します。

管材の進行: 掘削機が前進すると同時に、後方から新しい管材を挿入します。

土砂の排出: 掘削機が進行することで掘削された土砂は、掘削機の内部に設置されたオーガー(ねじ状の刃)などによって後方へと排出されます。

管材の配置: 掘削された空間に、後方から新しい管材が順次挿入されていきます。これにより、掘削した部分は新しい管路で埋められることになります。

この工法の最大の利点は、開削工法(地面全体を掘り返す工法)とは異なり、地上の交通や周辺環境への影響を最小限に抑えながら施工が可能である点です。そのため、道路の上や建物の下など、開削が困難な場所での管路施工やトンネル掘削に適しています。

掘削置換工法は、効率的かつ環境への影響を考慮した現代の建設技術の一例と言えるでしょう。