カルテル とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

「カルテル」という言葉は、建設業界に限らず、多くの業界や経済の文脈で使用されることがあります。基本的に「カルテル」とは、競争を制限するために、同業者間での秘密の協定や合意を指します。この協定は、価格の設定、生産量の制限、市場の分割、入札の際の協力など、さまざまな形をとることができます。

建設業界における「カルテル」の文脈を具体的に考えると、以下のような状況が考えられます:

入札カルテル: 複数の建設会社が、公共工事の入札において、事前に入札価格や受注者を決める秘密の協定を結ぶこと。これにより、公平な競争が妨げられ、工事のコストが不当に高くなる恐れがある。

価格カルテル: 複数の建設資材の供給業者が、価格の水準や引き上げのタイミングなどを事前に協議すること。

多くの国々では、カルテル行為は競争法や独占禁止法の規定により禁止されており、違反した場合は厳しい罰則が科されることが一般的です。

簡単に言えば、建設業界における「カルテル」とは、競争を不当に制限するための秘密の協定や合意を指す言葉です。これにより、公平な競争が妨げられる恐れがあるため、多くの国で法的に禁止されています。