アスファルト合材種類とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

建設業界、特に道路や駐車場の建設・修復において、アスファルトは主要な材料として使用されます。アスファルトは、ビチューメン(石油由来の粘性物質)と骨材(砂、砂利、石など)の組み合わせから成る合材です。

「アスファルト合材の種類」というのは、このアスファルトの組成や性質によって異なるカテゴリーを指します。以下は主なアスファルト合材の種類をいくつか挙げて、その特性を簡潔に説明します。

密着層用アスファルト: これは下地と上層のアスファルトとの間に敷かれるもので、その名の通り両者の密着を高める役割を持っています。

舗装表面用アスファルト: これは道路の最上層に使用されるもので、耐久性や車の走行に適した表面を提供します。

改質アスファルト: ビチューメンに特定の添加物を加えることで性質を改良したアスファルトで、耐久性や温度変化への対応能力が高められています。

環境対応型アスファルト: 環境への影響を低減するために開発されたアスファルトで、低温での施工が可能なものや、リサイクル材を使用したものなどが含まれます。

ポロスアスファルト: 水の透水性を持つアスファルトで、雨水の排水を助けることで水たまりを防ぐ効果があります。

これらは、アスファルト合材の主な種類の一部に過ぎませんが、それぞれの特性や用途に合わせて選択・使用されます。建設プロジェクトにおいては、道路の目的や使用条件、気候、予算などの要因を考慮して最適なアスファルト合材を選ぶことが重要です。