cマーク とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

「Cマーク」とは、日本の建設業界で使用される語であり、建設業法に基づく「建設業の経営の適正化に関する法律」の一部として設けられた制度を指します。このCマーク制度は、建設業者の技術力や経営安定性を外部から評価・認証するもので、建設業者自らが自らの品質や信頼性をアピールするためのものとなっています。

以下は、「Cマーク」の主なポイントをいくつか挙げて説明します:

信頼性の証: Cマークを取得することは、その建設業者が一定の技術力や経営安定性を持つことを証明するものとなります。これにより、取引先や消費者はその業者を信頼することができるとされます。

取得基準: Cマークを取得するためには、一定の基準を満たす必要があります。これには技術的な能力や経営の健全性、過去の業績などが考慮されます。

継続的な評価: 一度Cマークを取得しても、その後も定期的な評価や審査が行われます。これにより、業者が常に一定の品質を維持しているかを確認することができます。

業界の健全化: Cマーク制度は、建設業界全体の健全な発展を促すためのものとも言えます。この制度により、優れた業者が評価される一方で、不適切な業務を行っている業者は市場から排除されることが期待されます。

Cマークは、建設業者にとっては品質や信頼性の証明となり、消費者や取引先にとっては信頼できる業者を選ぶ際の一つの指標となるものです。