特命契約とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

「特命契約」とは、特定の目的や条件、期間などを持つ、特別に締結される契約を指します。建設業界において、一般的な標準契約とは異なり、特定のプロジェクトや状況に特化して締結される契約といえます。

特命契約の主な特徴は以下の通りです:

目的指向: 一般的なプロジェクトやサービスの範囲外で、特定の目的やニーズを満たすために締結されます。

柔軟性: 特定の要件や条件に合わせて内容がカスタマイズされ、標準契約よりも柔軟に対応可能です。

期間限定: 一般的には、特定の期間やプロジェクト完了までの期間での契約となります。

例えば、特定の技術や機器を用いた工事、あるいは特定の環境下での建設作業など、通常の契約範囲を超える特別な要求や条件がある場合に、特命契約が採用されることがあります。

簡単に言えば、「特命契約」は、通常の標準契約とは異なる特別な目的や条件を持つ、カスタマイズされた契約を指します。