グルービング とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

グルービングとは?
「グルービング」は、建設業界において道路や舗装の表面に溝や筋を刻む作業や、その技術を指します。具体的には、アスファルトやコンクリートの表面に一定間隔で細かい溝を作成することを言います。

目的としては以下のようなものがあります:

防滑効果: 雨天時などにおける滑り止めとしての効果。水が溝に流れることで、表面の水滞留を減少させ、タイヤの接地性を向上させる。
排水効果: 道路上の水を迅速に排水することで、水たまりの発生を減少させる。
騒音低減: 一部のグルービングは、タイヤと路面の接触音を減少させる効果も期待されている。
路面の寿命延長: グルービングによる排水効果などから、路面へのダメージや劣化を遅らせることが期待される。
実施方法:
特殊な機械を使用して、アスファルトやコンクリートの表面に一定の深さと幅の溝を切り込むことで行われます。使用される機械は、切削盤やダイヤモンドブレードを使用するものなど、さまざまです。

「グルービング」は特に高速道路や主要な交通路、カーブや坂道など事故リスクが高いエリアでの施工が多いです。安全性の向上を目指した道路整備の一環として、多くの国や地域で実施されています。