特記仕様書とは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

「特記仕様書」について説明いたします。

特記仕様書とは?
特記仕様書は、建設工事における工事の詳細な内容や品質、性能、材料などの基準を具体的に定めた文書のことを指します。一般的な仕様や基準が定められた「一般仕様書」に対して、特定のプロジェクトや工事で独自に求められる条件や要件を明記するための仕様書です。

特記仕様書の役割:

具体性: 特記仕様書は、特定のプロジェクトや工事に特有の要件や条件を具体的に記述します。これにより、施工者や関係者は具体的な指示に基づいて作業を進めることができます。
明確化: 一般仕様書では網羅しきれない、プロジェクト特有の状況や要件を明確にすることで、誤解やトラブルのリスクを軽減します。
品質の確保: 工事の品質や性能を一定の水準以上に保つための基準や方法を明記することで、完成後の品質の確保を図ることができます。
例:
例えば、特定の地域での地震のリスクや土地の特性を考慮して、基礎の深さや強度を通常よりも高める必要がある場合、その詳細な要件や方法を特記仕様書に記載します。

特記仕様書は、建設業界におけるプロジェクト管理や品質管理の重要なツールの一つとして利用されており、正確で詳細な内容が求められる文書です。