ブローン アスファルトとは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

「ブローン アスファルト」(Blown Asphalt)は、特定の処理を受けたアスファルトの一種であり、通常のアスファルトよりも粘性が高く、柔軟性を持っています。この処理とは、原油から精製されたアスファルトに空気を吹き込むことで、物理的・化学的特性を変化させるものです。

ブローン アスファルトの主な特徴と利点は以下のとおりです:

高い粘性: 空気を吹き込むことでアスファルトの粘性が高まり、これによりより強固な舗装や層を形成することができます。
高い耐候性: この高粘性のため、ブローン アスファルトは変化する気象条件や交通の負荷に対して高い耐性を持っています。
多様な用途: 高い粘性と柔軟性を持つため、防水材や接着材としても使用されることがあります。
ブローン アスファルトは、特に環境変動が激しい地域や、高い交通負荷が予想される道路、または長期的な耐久性が求められるプロジェクトでの使用に適しています。

要するに、建設業界における「ブローン アスファルト」は、通常のアスファルトに空気を吹き込むことで得られる、高粘性かつ高い柔軟性を持ったアスファルトの一種を指します。