玉掛けとは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

建設業界において「玉掛け」という言葉は、特定の技能や知識を持つ作業を指します。具体的には、クレーンやウィンチなどの機械を使用して、重量物を吊り上げる、移動する、あるいは下ろす作業全般を指します。玉掛け作業は、安全に行うための専門的な技術や知識が求められるため、特定の資格や研修を持つ作業者がこれを担当することが一般的です。

「玉掛け」の要点は以下のとおりです:

専門の技術: 玉掛け作業は、物を安全に吊り上げるための適切な方法や、バランスの取り方、荷物の固定方法など、多くの専門的な技術を必要とします。

安全性: 重量物の取り扱いには多くのリスクが伴います。そのため、玉掛け作業は安全を最優先に行われ、事故を防ぐための様々な予防策が取られます。

資格・研修: 日本においては、玉掛け作業を行うためには「玉掛け作業者」の資格が必要です。この資格を取得するためには、専門の研修を受け、試験に合格する必要があります。

玉掛けは、建設現場だけでなく、工場や港、倉庫など、さまざまな場所で行われる作業です。正確で安全な作業を行うためには、適切な研修や経験が不可欠となります。

要するに、建設業界における「玉掛け」とは、重量物を吊り上げる、移動する、あるいは下ろす作業を指し、この作業を安全に行うための専門的な技術や知識が求められることを意味します。