light-emitting diodeとは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

「light-emitting diode」は、その名前の通り、光を放出するダイオードのことを指します。一般的には「LED」として知られています。

LEDの特徴としては以下の点が挙げられます:

高い効率: LEDは従来の白熱電球や蛍光灯に比べて非常に効率的に光を放出します。これは、少ない電力で十分な明るさを得られるという意味であり、エネルギーコストの削減や環境負荷の軽減に寄与します。

長寿命: LEDは寿命が非常に長いため、頻繁に交換する必要がありません。

小型・軽量: LEDは小型で軽量なので、さまざまなデザインや用途に合わせて利用することができます。

建設業界において、LEDは照明として非常に人気があります。特に、省エネルギーを重視する建物の設計や、特定の照明効果を求める場面などで、LEDの使用が増えてきています。また、外部の照明やセキュリティのための照明、さらには道路や橋の照明としても採用されています。

要するに、建設業界における「light-emitting diode」、すなわちLEDは、高効率かつ長寿命の照明として広く用いられているものであり、エネルギーコストの削減やデザインの自由度の向上など、多くの利点を持っています。