ハンチとは?用語の意味を分かりやすく解説|建築建設メディアのツクノビ

ハンチ:

「ハンチ」とは、建設現場や土木工事において使われる言葉の一つで、土や砂などの材料を盛り上げる際の傾斜や、斜面のことを指します。具体的には、土を盛り上げて造成する際や、道路や河川の護岸、堤防などの斜面をつくる際に、どのような角度で傾斜をつけるかを示すときに使用されます。

斜面の安定や、雨水の排水、見た目のデザインなど、さまざまな要因を考慮してハンチの角度は決定されます。特に、斜面が急であると、雨水による浸食や土の崩れなどのリスクが高まるため、安全なハンチの角度を保つことが重要となります。

また、「ハンチを取る」という表現は、斜面を形成する作業や、盛土を行う作業のことを指す場合もあります。

ハンチは、建設現場の安全性や、構造物の耐久性、環境への影響など、多岐にわたる要因と密接に関係しており、適切な設計と施工が求められます。